Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

シャフトアライメント|Golf Shaft Reviews

いわゆる「スパイン」とか「SSTピュアリング」*1とかは,今は基本的に意味がないよって話です。

ソース

Shaft Alignment | Golf Shaft Reviews 2019 by Tom Wishon

拙訳

これは別のフォーラムで行なわれた議論からのコピーだ。それはSSTアライメントの歴史について研究しているときに,Tomと交わした私的な会話と同じだ。*2

「Dick Weiss *3 が私のとこに来たのが1996年,彼がシャフトの非対称性の効果について最初のリサーチをしたあとのことだった。Dick が求めたのは,彼のために私たちがしたテスト結果を秘匿にしておいてくれということだった。私たちはその要求を受け入れた」*4

「しかし私が言えるのは,当時,シャフトメーカーが自分たちのシャフトが曲げる方向によって曲げ特性がまったく同じにならないと気づいていたのにも関わらず,多くのシャフトがどれほど非対称的かに彼らは気づいていなく,特定のスイングタイプのショットパフォーマンスにこれがどのような影響をあたえるかにも気づいていなかった」*5

「そう,だから,当時のシャフトは非対称的の度合いに大きなバラつきがあった。そして Dick のために行なった私たちのテストでは,これら非対称なシャフトに最も安定した曲げのプレーンをほぼ間違いなく見つけ出し,そのプレーンをターゲットラインに合わせることで,インパクトと弾道とをほぼ間違いなく改善することができることが分かった。さらに私たちは,ドローやフェードを打つことがほぼ事実上不可能になるような方向に,シャフトを挿すこともできた」*6

「これはUSGAも気づいていた点だった。DickがUSGAを訪れて,そのプロセスに対する規制についてアピールしたときに。USGAは実際,シャフトの向きに関するルールに書き入れた。つまりそれは,当初の設計意図通りにプレーされるためにのみ許されるもので,ボールの弾道に影響を当てる目的で行なうことはしてはならないと」*7

「Dickの SST PURE プロセスが広く知られるようになると,シャフトメーカーたちはより詳細のこの点を検証しはじめた。こんにち,一流のシャフトメーカーのほとんどが,製造の通常の過程のひとつとして,検証を行なっている。このテストから,シャフトのロゴが上向きあるいは下向きに挿されたときに,曲げの安定したプレーンがターゲットに向くようになるように,ロゴやモデル名がつけられている」*8

「だから今日,一流のシャフトメーカーが作るシャフトには,それほどの非対称性が見られない。Dickが発見して独自のプロセスを考案したときのような非対称性はないのだ。しかしすべてのシャフトメーカーが『飛ぶシャフト』をあちこちで出しているものだから,純粋にランダムにシャフトに非対称性が見つかることはあるし,そういうときにゴルファーはシャフトをチェックして方向を変えて,インパクトや弾道の一貫性に変化があるかどうかを見ている」*9

シャフトの基礎知識 by Golf Shaft Reviews

*1:スパイン調整についてちょこっと書いておこう|ピュアリングのこととかも - Linkslover

*2:This was copied from a discussion on another forum. It is the same as a private conversation I have had with Tom while researching the history of SST alignment.

*3:訳者注:SST PURE のファウンダー

*4:“I was the guy that Dick Weiss came to back in 1996 after he had been doing his initial research into the effects of shaft asymmetry, when he wanted someone to verify what he was seeing in his initial work. Dick insisted that the result of testing we did for him was to be kept confidential. We honored that request.

*5:But I can tell you that back then, while shaft makers were aware that their shafts did not have the same exact bending properties in all directions about the circumference of their shafts, they did not have any awareness of how asymmetrical many of their shafts were, and what this could do to shot performance for certain swing types.

*6:So yes, shafts back then exhibited a very wide range of asymmetry. And in our testing for Dick, we most certainly saw that finding the most stable plane of bending in these asymmetrical shafts and then orienting that plane at the target line most certainly improved the consistency of the impact and ball flight. We even were able to orient certain shafts in a way in which it virtually made it impossible to hit a draw or fade.

*7:This was a point that the USGA also discovered when Dick came to them to appeal for a conformity ruling for his process. The USGA did actually write into their rule concerining shaft orientation that it was only to be done to allow shafts to play as they were intended to be designed to play, and not to be done for the purpose of purposely influencing the flight of the ball.

*8:Once Dick’s SST PURE process became more and more known, the shaft makers began to look more closely into this. Today, most of the better shaft makers do institute a test or tests on all of their shafts as a normal step in production. From this they position the shafts’ logo/name such that what they find under their test as a stable plane of bending is then oriented at the target when the shaft is installed logo up or logo down.

*9:So today you won’t see as wide of a variation in asymmetry in shafts made by quality shaft makers as there was back when Dick discovered this and invented his process. But because every shaft maker has a “flyer shaft” here and there, there are times purely at random when a golfer might have a shaft checked and re oriented and see a difference in impact consistency on the face and a change in ball flight.”