Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

ゴルフシャフトフープ強度|Golf Shaft Reviews

なんかすげー尻すぼみな結論なんですが,まぁいいや。

ソース

Golf Shaft Ovaling by Russ Ryden

拙訳

f:id:golf103:20200327152556p:plain

フープ強度は他のスペックと異なり,ゴルフシャフトのマーケティングにおいてエンドレスに議論され,そして異なるシャフト同士を比べるための実際の強度については,何も知らされていない。フープ強度を計測する方法をいくつか試した私は,上に載せた方法にたどりついた。これは教科書的な方法であり,硬い表面の上にチューブを置き,その上にウェイトをかけて,どれぐらい変形するかを見るものだ。私は小さなブロックを作り,それはEI計測に用いていたガイドより少しだけ高いが,そして今はフープ強度を定量化するためのツールがある。これがもし聞き慣れない言葉だったら,AeroTechのウェブサイトをご覧になるがいいだろう。この用語に馴染みのある読者は,このイメージの中のシャフトはこれまで計測した中で最高級のフープ強度があることにご注意いただきたい。Triaxと呼ばれる素材がシャフトに包み込まれ,フープ強度を高め,スイング中にシャフトが楕円に潰れるのを防いでいる。*1

フープ強度を計測する私の最初の試みは,楕円化を探すことだった。変形器でシャフトを挟み,異なる点で直径を測って,5インチ曲げたあとに再び同じ箇所で計測するというものだった。違いはとても小さかったので,読み取ろうとした数字には,実際の変形よりはノイズの方が大きかった。0.001インチの違いも見いだせなかった。これで,この記事の残りは時間の無駄になるかもしれないが,このコンセプトに興味のある方は読み続けてほしい。上の計器で,シャフトは11kgのウェイトで圧縮されて,直径の変化は明らかであろう。グラフのスケールは0.002インチ刻みとなっている。*2

カーボンファイバーアイアンシャフト|Carbon Fiber Iron Shafts

f:id:golf103:20200327152626p:plain

この記事の主眼がアイアンシャフトに置かれている。私のドライバーフィッティングシステムでシャフトをまだ計測していない。人気のあるグラファイトで6番アイアンのシャフトをいくつか,フープ強度計器にかけて見てみよう。重いアイアンシャフトでグラファイトウォールの厚さは,フープ強度を高める。AeroTechは,シャフトを軽量化してもそのフープ強度を高く保っている。それは彼らが独自に用いているフィラメントワインディング工程とシャフトに巻きつけられたステンレススティールワイアーの成果だ。*3

これらチャートから見て取れるのは,重いグラファイトシャフトは基本的に高いフープ強度を誇るということだ。そして軽量グラファイトであっても,AeroTechの70グラムとFujikura MCIの60グラムは,いずれもシャフトウォールにメタリックファイバーを採用していて,フープ強度は高い。*4

これらチャートを見る際に気をつけてほしいのだが,低い数値は,圧をかけられたときの変形が小さいことを意味するので,つまりフープ強度は高いことを示している。*5

スチールアイアンシャフト|Steel Iron Shafts

f:id:golf103:20200327152720g:plain

さて,今度は有名なスチールアイアンシャフトをいくつか,そのフープ強度を見てみよう。即座に目につくのは,バット部分でのフープ強度が低いことだ。これは特定のブランドに限ったことではなく,全般的な真実となっている。*6

本当に面白いと思ったのは,フープ強度のプロファイルがEIプロファイルとしばしば似た形をしていたことだ。スチールシャフトの硬さはウォールの厚さで決まり,そしてシャフトの直径で決まる。*7

その素材,スチール合金は,シャフト全体で一貫している。対してカーボンファイバーは素材を混ぜることで,シャフト全体の特性をいじることができる。*8

Modus3 Tour 120 と Modus3 Tour 130 とを見てみよう。どちらも非常に異なったEIプロファイルをしている。しかし,フープ強度プロファイルは似ている。日本シャフトはその製造ラインに,とある興味深いテクノロジーを持っている。*9

軽量スチール|Light Weight Steel

f:id:golf103:20200327152748p:plain

最後のグラフは,超軽量スチールと高品質の軽量カーボンファイバーシャフトとを比較したものだ。すべての軽量グラファイトシャフトはここで見るようなハイエンドシャフトのようなフープ強度を持っているとは思わないでほしい。そうではないのだ。*10

これを自分のゲームにどう活かせばいいか。フープ強度がシャフトの安定性と弾道の安定性にいかに貢献するか,そのことについてこの時点で確かなことは言えない。あるいは,それがキックベロシティー*11を生むかどうかも。そして,自身のローディングパターンにとってどんなフープ強度が適切かどうかについても,方向性を与えることはできない。私のナレッジベースにこれが追加されて一週間もたってないうちに,あなたはこのチャートを目にしているのだ。しかし,いまここで,私たちは新たな発見の旅を始めるための計測プラットフォームを手に入れたのだ。*12

シャフトの基礎知識 by Golf Shaft Reviews

*1:Hoop strength is discussed endlessly in the marketing of golf shafts but unlike other specifications, we are given no information about actual strength of one shaft vs another. After trying a few methods to measure hoop strength I arrived at the method shown to the right. It is a text book method, place a tube on a firm surface, drop a weight on it and see how much is deforms. I built a small block, slightly higher than the guides used for EI measuring and now have a tool for quantifying hoop strength. If this is a new term for you, follow this link to the AeroTech web site for a discussion. For those readers familiar with the term, you should note that the shaft in this image has some of the highest hoop strength I have yet to measure. It is a pull out that I played many, many years ago before I developed the current passion for understanding the golf shaft. A material called triax was wrapped into the shaft to add hoop strength and eliminate ovaling during the golf swing.

*2:My first attempts to measure hoop strength were to look for ovaling. I clamped a shaft on a deflection device, measured the diameter at different points, bent it 5″ and measured again at those points. The differences were so small I decided there was more noise in the numbers I was reading than the variance I was trying to measure. I could not find .001 inch of difference. That might just make the rest of this article a waste of time, but if you are interested in the concept read on. With the device pictured above, the shaft is compressed with 11 kg and a change in diameter is apparent. The scale on the graphics is .002 inch increments.

*3:The focus of this article is iron shafts. I have not yet measured the shafts in my driver fitting system. Lets start by looking at hoop strength measurements of some popular graphite 6 iron shafts that I fit with. Graphite wall thickness in heavy iron shafts creates high hoop strength. AeroTech maintains high hoop strength even as the shafts become lighter as a result of the filament winding process they uniquely use and the stainless steel wire wrapped around the shafts.

*4:What you see looking at these charts is that heavy graphite shafts universally have high hoop strength. And even light weight graphite, the 70 gram AeroTech and the 60 gram Fujikura MCI, which also employs a metallic fiber in the shaft walls have high hoop strength.

*5:As you look at these charts, take note that a low number, meaning very small deflection under load, indicates high hoop strength.

*6:Now lets compare the hoop strength of some popular steel iron shafts. We immediately see less hoop strength in the butt sections of steel shafts. This is not limited to a particular brand, it is universally true.

*7:What I found really interesting was that the hoop strength profiles were often the same shape as the EI profiles. The stiffness of a steel shaft is determined by the wall thickness and the diameter of the shaft.

*8:The material, a steel alloy, is consistent through out the shaft. In contrast, carbon fiber composite shafts material properties can change through out the shaft.

*9:Look at both the Modus3 Tour 120 and the Modus3 Tour 130. Both have very different EI profiles. Yet, the hoop strength profiles are similar. Nippon steel has some interesting technology in their production lines.

*10:One final image, a comparison of Ultra Light Steel to high quality light weight carbon fiber iron shafts. Do not come away with the impression that all light weight graphite shafts are going to have hoop strength like the high end shafts you see here. They do not.

*11:Gears(ギアーズ)的用語集|各指標の定義 - Linkslover

*12:What does it all mean to your game. I cannot say with certainty at this point how hoop strength manifests itself in shaft stability and dispersion control. Or if it can create kick velocity. Nor can I give you direction on what amount of hoop strength is appropriate for your loading patterns. You are looking at these charts within a week of creation of this addition to my knowledge base. But, at least now we have a measurement platform to begin the discovery process.