Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

パラレルシャフト対コンスタントウェイトシャフト|Golf Shaft Reviews

ソース

Parallel and Constant Weight Golf Shafts by Russ Ryden

拙訳

アイアンシャフトには2種類がある。トリムドかパラレルシャフトかだ。ユニット化されたパラレルティップシャフトは,True Temper が70年代初頭に導入した。それは私がゴルフギアに関わり始める遥か前のことなので,ここでその歴史について語りはしない。この記事では,最初にその2種類のシャフトについて簡単な説明をした上で,EI計測を通じて分かったことを述べる。もしクラフトマンでパラレルシャフトに関して私のプレゼンを目にしたことがないのであれば,この記事はパラレルシャフトについて独自の理解を手に入れられるだろう。*1

トリムドアイアンシャフトセット|Factory Trimmed Iron Shaft Sets

工場から出荷されてる段階で,番手ごとの長さに切られており,3番用・4番用などのラベリングがされている。1番手ごとに0.5インチずつトリムされ長さが変わっている。つまり,4番アイアン用シャフトは3番アイアン用より0.5インチ短く,5番アイアン用は4番用より0.5インチ短いといった具合だ。下の写真はそのようなセットで,4番からウェッジ用までのものだ。*2

f:id:golf103:20200327174316p:plain

このようなセットでは,ティップから最初のステップまでの長さは0.5インチずつ変化しているのが分かるだろう。ロングアイアン用のシャフトになるほどティップ部分が長くなり,より軟らかなフィーリングになる。これは,セット内で硬さの調和をとるためだ。ロングアイアンのヘッドはショートアイアンのものより軽い。短いティップは重いヘッドに合い,ティップの硬さを増やすことで,より重くなるヘッドに対応している。*3

f:id:golf103:20200327174333p:plain

多くのトリムドシャフトセットは,コンスタントウェイトテーパーと呼ばれる。ティップは直径0.355インチで,テーパーしているアイアンホーゼルに合うべくテーパーしている。このテーパーによって,ティップをトリムすることが不可能になるが,テーパーティップシャフトに小さなトリムの調整を施すことはできる。コンスタントウェイトというのは,セット内のシャフトは長さが違うのにも関わらず,重量がだいたい同じであることからそう呼ばれる。これは,シャフトのバランス,つまりスイングウェイトだろうとMOIマッチングだろうと,それをセット内でとるときに,大きな問題になる。*4

すべてのトリムドアイアンシャフトがテーパードなわけではなく,パラレルなものもある。日本シャフトはすべての NS Pro シリーズで,0.355テーパーか0.370パラレルかを選べるようになっている。*5

すべてのトリムドアイアンセットがコンスタントウェイトなわけでもない。True Temper の XP と Dynamic Gold Progressive セットは,短くなるにつれて軽くなっている。*6

パラレルアイアンシャフト|Parallel Iron Shafts

f:id:golf103:20200327174354p:plain

パラレルアイアンシャフトは,工場から出荷されるときに長さが全番手で同じである。これは KBS Tour C Taper Lite Parallel シャフトだ。テーパーという言葉は完全に正確ではなく,多くのパラレルシャフトのようにティップは0.370だ。これらのシャフトはシャフトごとにティップを0.5インチほどカットするように設計されており,それからバットをカットして長さを合わせる。*7

f:id:golf103:20200327174416p:plain

これによって,上にあるようなセットができる。「Fit2Score」で計測し出力したものだ。もともとのシャフト重量は106グラム。最初のカットでこれが3番アイアンで95グラムになり,それから順次ティップを0.5インチカットすることで1.3グラムずつ重量が減るから,ウェッジシャフトで86.4グラムになる。*8

MOIマッチングやスイングウェイトマッチングをしようとすると,ヘッドに重量を追加して,望む動的ウェイトを実現することになる。この例でのパラエルシャフトでの動的ウェイトは,3番アイアンからウェッジで25%落ちる。コンスタントウェイトシャフトではこの半分ぐらいの落ちだろう。*9

f:id:golf103:20200327174433g:plain

典型的なパラレルシャフトの設計を見てみよう。それらはティップからカットして,望む長さにするように作られている。そうすることで,シャフトの中間部がティップ側に移ることで,硬さが増えていく。ティップはシャフトでいちばん軟らかい部分だ。それを切り落とすことで,シャフトが硬くなる。シャフトが硬さを失う中央部が,ティップに移るのだ。*10

しかしよく見ると,他に何が見えてくるだろう。シャフトの曲げ剛性が変化しているのだ。いわゆるフライテッドなシャフトセットを作っているのだ。つまり,シャフトが長くなると弾道が高くなり,短いシャフトで弾道が低くなる。これが,「フライテッド」や「プログレッシブローンチ」と呼ばれるシャフトセットの本質だ。*11

f:id:golf103:20200327174456p:plain

この KBS Tour Constant Weight Taper シャフトと,上記のパラレルシャフトとのプロファイルを比べてみよう。コンスタントウェイトセットは,どの番手でも一様に,バットに向かって硬さが増えている。中間部からティップにかけての硬さの変化は,セットを通じて一様だ。*12

この観点からすれば,パラレルシャフトからアイアンセットを組むことは,コンスタントウェイトセットとは根本的に違ったものだ。動的ウェイトの変化は完全にネガティブということではなく,それはフライテッドなアイアンセットを組みたいという要求とバランスを取る必要がある。これは,ある話を思い起こさせる。とあるPGAツアーシャフト会社のレップが何年も前に私に語ってくれたものだ。グレッグ・ノーマンが Royal Precision Rifle から他のブランドのコンスタントウェイトシャフトに変えた。レップは彼のキャディに,Rifleに戻すように勧めさせた。ノーマンはそうして流れをつかみ,その週に勝ってその年の残りも好成績を続けた。当時はそんなことってあるものかと訝しんだものだ。今,パラレルシャフトを詳細に見て,「アハ体験」が訪れた。典型的なパラレルシャフトはフライテッドなのだ! それは野生の本能だ。*13

f:id:golf103:20200327174517g:plain

この記事の最初の方で述べた通り,「すべてのトリムドアイアンセットがコンスタントウェイトなわけでもない。True Temper の XP と Dynamic Gold Progressive セットは,短くなるにつれて軽くなっている」。Dynamic Gold Progressive は,私にはパラレルセットのプロファイルに見える。セット内の重量のロスを見てみよう。The True Temper XP115 は中間地点にいて,それほど重量のロスはないが,間違いなくフライテッドローンチの傾向は示している。*14

将来のアイアンシャフトのレビューは,過去そうだったように6番アイアンのプロファイルだけを示しはしない。セット全体のものを含めるつもりだ。*15

シャフトの基礎知識 by Golf Shaft Reviews

*1:There are two types of iron shafts, factory trimmed sets and parallel shafts. The unitized parallel tip shaft was introduced by True Temper is the early 70’s. That was long before my involvement with golf gear so I will not make any attempt to discuss the history. This article will start with a brief explanation of the two shaft types and then discuss what I see using EI measurements. If you are a golfer and not a club builder I will lay out some background knowledge to give you a fundamental understanding of iron shafts. If you are a club builder and have not seen one of my presentations about parallel shafts, this article presents a unique understanding of the properties of parallel shaft sets.

*2:Sets of shafts are available cut to length from the shaft manufacturer. The shafts in the set are labeled with the iron they are designed for, 3, 4, 5, etc. The set is trimmed in 1/2 increments. The 4i shafts is 1/2 inch shorter than the 3i shaft, the 5i is 1/2 shorter than the 4i and so on. This photo is of such a set, 4i – wedge.

*3:In a set like this, the distance between the tip and the first step is where you will see the 1/2 inch increment. The longer iron shafts have longer tips, making them ‘softer’ than the shorter iron shafts with stiffer tips. This is to synchronize stiffness in the set. Long iron heads are lighter than short iron heads. The shorter tips match with the heavier heads, increasing tip stiffness as the weight of the heads get heavier.

*4:Most factory trimmed sets are called Constant Weight Tapers. The tips are .355″ diameter and are tapered to fit into tapered iron hosels. This taper makes trimming the tips prohibitive, although it is possible to make small tip trim adjustments on taper tip shafts. Constant weight refers to each shaft in the set being approximately the same weight even though they are different lengths. This is a big issue in creating overall shaft balance in either swing weight or MOI matched sets of irons.

*5:Not all factory trimmed iron shaft sets are tapered, some are parallel. Nippon offers the entire NS Pro series in either .355 taper tips or .370 parallel tips.

*6:Not all factory trimmed iron sets are constant weight. The True Temper XP and Dynamic Gold Progressive sets get lighter as they get shorter.

*7:Parallel Iron shafts come from the factory at a single length. This is a set of KBS Tour C Taper Lite Parallel Shafts. The word Taper is not exactly correct, like all parallel shafts the tips are .370. These shafts are designed to be tip cut 1/2 inch per shaft, then butt cut to length.

*8:This creates a set as shown to the right, illustrated from the Fit2Score set documentation software. The raw shaft weighed 106 grams. The first cut brings it to 95 grams in a 3 iron and each successive cut of 1/2 inch from the tip reduces the weight about 1.3 grams with the wedge shaft weighing 86.4 grams.

*9:Creating MOI or Swing Weight matched sets requires additional weighting in the head to get the desired dynamic weight. The dynamic weight of the parallel shafts in this example drop 25% from the 3 iron to the wedge. In a set of constant weight shafts this loss would be half of that.

*10:Lets take a look at the design of a typical parallel shaft. They are designed to be cut from the tip to create different lengths. In doing so, the stiffness is increased by moving the mid section of the shaft closer to the tip. The tip is the softest part of the shaft. As it is cut away, the shaft becomes stiffer. The mid section, where the shaft loses stiffness slides closer to the tip.

*11:But look closely, what else are we seeing. The bend profile of the shaft is changing. We are creating a flighted shaft set. The longer shafts will have a propensity to launch higher while the shorter shafts will launch lower. That is the essence of what is called a flighted or a progressive launch set of shafts.

*12:Compare the profiles of this set of KBS Tour Constant Weight Taper shafts to the set of the parallel shafts above. The constant weight set ascends in stiffness uniformly through out the set. The mid to tip change in stiffness is uniform through out the set.

*13:Viewed from this perspective, sets build from parallel shafts are fundamentally different from constant weigh sets. The change in dynamic weight is not entirely a negative, it must be balanced against the desire to create a flighted set of irons. This brings to mind a story told to me by a PGA Tour shaft company rep many years ago. I was told Greg Norman changed from Royal Precision Rifles, parallels, to another brand of constant weight shafts. He went without a win for a long time. The rep had his caddy recommend that he try going back to the Rifles. He did and went on a streak, winning that week and finishing high for the remainder of the year. That story never made much sense to me at the time. Now, having looked closely at parallel shafts as I rewrite the Fit2Score EI profiling software, the AhHa moment arrived. The typical parallel set is flighted! It is the nature of the beast.

*14:Early in the article I said, “Not all factory trimmed iron sets are constant weight. The True Temper XP and Dynamic Gold Progressive sets get lighter as they get shorter.” The Dynamic Gold Progressive looks to me like the profile of a parallel set. Look at the loss of weight in the set. The True Temper XP115 occupies some middle ground, not as much loss of weight, but certainly to some degree showing flighted launch.

*15:Future reviews of iron shafts will not only show the profiles of the 6 iron as I have in the past. The set make ups will be included.