Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

ゴルフシャフトを計測する|Golf Shaft Reviews

ソース

Fit2Score EI Instrument by Russ Ryden

拙訳

数年前に,私はシャフト設計の仕事をしている設計家から「EI」という言葉を知った。もっとも使われていた計器は1万ドル以上もしたので,多くの人にとって手の届くものではなかった。すべてのシャフト会社がこれらの計器を持っていたわけでもなかった。だいたい2年かけてようやく,手の届くEI計測器の最初のデザインを考案した。私が頼ったのは重力で,油圧ポンプと制御のコストを排除した。GolfShaftReviews に掲載されているシャフトのプロファイルは,「Fit2Score」という計器で計測された数値を載せている。*1

長年それを使ったのちに,その計器を再設計して改良した。新しくなったEI計測器「Fit2Score」のバージョン7は,もうすぐ2回めの製造に入る。下のアニメーションは,それがシャフトを回転させているのを示している。「Fit2Score」を持っているシャフト会社は5つある。*2

f:id:golf103:20200327062229g:plain

ここで見せたバージョン7の計器では,ゲージが再配置されることで,計測の正確性と再現性を高めた。ピンの配置は製造時のウェイトに組み込まれ,リフトの設計も簡素化された。ユニークな自動シャフトセンタリングのサポート機能は,シャフトのセンタリングをしたまま初期設計の半径を維持している。シャフトは自然にサドルの底部に「落ちる」。これによって計測がより早くなり,正確性も格段に増す。シャフトを計器に置く際,これまではスキルが必要だったが,もうそれも必要ない。*3

フープ強度を計測する付属品も加えた。これが,プレスのもとでシャフトをセンタリングするプラットフォームとなり,11kgのウェイトと.0001のゲージでフープの変形を計測する。新しいドライバーデーターベースには,シャフトに沿ったフープ強度の計測結果用のフィールドもある。フープ変形はEI計測においてシャフトのセンターライン曲げ特性を正確に記述するのに用いられる。これによって,シャフト理解のベールがもう1枚脱がされる。*4

この計器は現在2500ドルで入手可能。Excelベースのスプレッドシートが含まれており,シャフトプロファイルの収集と分析に用いることができる。オーナーは過去のナレッジベースをサブスクライブする権利も与えられる。*5

シャフトの基礎知識 by Golf Shaft Reviews

*1:Several years ago I learned the term EI from engineers in the business of designing shafts. The instrument most used was in the $10K+ range, therefore not affordable to most. Not even all shaft companies had these instruments. It took about 2 years to come up with the original affordable EI measuring design. I relied on gravity, removing the cost of hydraulic pumps and controls. The shaft profiles on GolfShaftReviews shows measurements taken with the Fit2Score instrument.

*2:After many years of use, I redesign and improved the instrument. The improved version 7 of the Fit2Score EI shaft measuring instrument will soon go into a second manufacturing run. This animation show it cycling on a shaft. The Fit2Score instrument is owned by 5 shaft companies.

*3:In the version 7 instrument shown here, the gauge was re-positioned to improve accuracy and repeat-ability of measurements. Positioning pins were incorporated into a manufactured weight and the lift design was simplified. A unique self centering shaft support maintains the radius of the earlier design while centering the shaft. The shaft naturally ‘falls’ to the bottom of a saddle. This makes measuring faster and much more accurate. Skillful placement of the shaft in the instrument is no longer necessary.

*4:A hoop strength measuring fixture has been added. It provides a platform to center the shaft under the press and uses the 11kg weight and .0001 gauge to measure hoop deformation. The new driver database structure includes fields for hoop strength readings along the length of the shaft. Hoop deformation is used to in the EI calculation to accurately describe shaft centerline bend profiles. This pulls aside another veil of shaft understanding.

*5:The instrument is now available for $2500. Excel based spreadsheets are included for gathering and analyzing profiles of shafts. Owner have the option of subscribing the the historical knowledge base that is at the core of the reviews on this site. Contact russ@fit2score.com if you are interested in this essential instrument for golf club fitters and makers.