Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

Titleist Pro V1 / V1x の年代・モデルごとのサイドスタンプ

f:id:golf103:20201021073301p:plain

こういう記事を待っていた……。

ほらたまーにロストボールの Pro V1 を見つけたとき,「これっていつのV1だっけ?」っていうときがあるじゃないですか。そういうときにこのまとめが役立つと思います!

最新モデル(2021)は元記事になかったので,付け足しました。あと,元記事では契約してないプレーヤーの名前(ミケルソンとかマキロイとかケプカとか)は出ていないので,それも補っています。

ソース

Pro V1 and Pro V1x Sidestamps Throughout the Years | How to Tell Which Year Your Titleist Golf Ball is From - Team Titleist by Zack R., TEAM TITLEIST STAFF, 1 April 2020

拙訳

2年に1回,PGAツアーシーズンの序盤に,新しいタイトリストゴルフボールの箱が登場する。これは,ほとんどのゴルフボールとは著しく異なる。 Titleistのゴルフボール製品管理チームのメンバーによって保護された箱の中身は,次々にツアープロへと公開されていく。そこではいくつかの簡単な質問がある。つまり,どれが一番好きで,それはなぜかということだ。 *1

その中身はなにか。同じプロトタイプの Pro V1 が半ダースほどあるのだが,それぞれ違うデザインのサイドスタンプが付けられているのだ。 *2

新しい Titleist Pro V1 はすべて,R&Dとプレーヤーの厳しいテストを経ており,Pro V1 のサイドスタンプはすべて,「全体のプロセスと平行して,少なくとも5ヶ月間開発された結果」だと,シニアゴルフボールプロダクトマネージャーのフレデリック・ワデルが語る。 *3

「私達のプレーヤーの研究とテストによれば,考えられないほど大多数のゴルファーは,ラウンド中のどこかでゴルフボールのサイドスタンプと関与している」と,ワデルは語る。「しかしそれは何ら新しいことではない。私たちが Pro 1 モデルにアライメント機能を搭載して,ツアープレーヤーや熱心なゴルファーからのフィードバックを実装しているのは,さかのぼること2002年からなんだ」。 *4

用具規則によれば,USGA/R&Aのルール適合ゴルフボールリストに掲載される新しいゴルフボールにはすべて,デザイン規則に則った,新しくて過去に同じものがないサイドスタンプをつける必要がある。新世代の Pro V1 と Pro V1x が出るたびに,Titleistのデザイナーたちは,直近のゴルファーのフィードバックに基づいて作られた新しいサイドスタンプをいくつも作る。それらの多くは,私たちのカスタムオペレーション施設内でボールにスタンプされ,さらに内部での分析にかけられる。いわば準決勝進出者は,Titleistのボールプラント3(Titleistのゴルフボール技術の中心)に送られ,伝統的な製造環境の中で,Pro V1 と Pro V1x のプロトタイプにプリントされる。 *5

さて次は,PGAツアーだ。だいたいはツアープレーヤーの声によって勝者が決まるが,さらに熱心なゴルファーが実際にコースで使い,またチームタイトリストがサーベイを行ない,それら双方のテストによって,最終決定なされる。 *6

「Titleistのゴルフボールを何か変更するとき,それはすべてゴルファーからの意見と要望に基づいていなければいけない」と,ワデルは言う。「それが基礎になって,その上に私たちのプロセスと行動のすべてがあるんだ」。 *7

さらに,2018年2月,Titleistのウェブサイトでカスタマイズすることで,新しいアライメント補助のサイドスタンプのデザインが入手可能になった。それはすぐに,ゴルファーたちが選ぶカスタムロゴオプションの中で一番人気になり,それに触発されるかたちで,最近ローンチされたTitleistの Tour Soft や Velocity や TruFeel ボールのサイドスタンプが設計された。新しい Pro V1 と Pro V1x でアライメント機能が向上されたのは,言うまでもない。 *8

さてこれで,サイドスタンプがどのように選ばれるかについての理解が深まったところで,各年代の Pro V1 と Pro V1x のサイドスタンプがどのような変化を遂げてきたかをお見せしよう。 *9

2000

f:id:golf103:20201017125357j:plain
2000 Pro V1

f:id:golf103:20201017125415j:plain
2000 Pro V1 (Wider Sidestamp)

2000 Pro V1:元祖 Pro V1 が2000年にデビューしたとき,そこには革新的な要素が3つあった。つまり,大きな弾力性の高いコア,マルチコンポーネント製造,そして鋳造ウレタンエラストマーカバーだ。 *10

振り返り:2000年10月11日,ラスベガスで行われたPGAツアー大会 Invensys Classic で,47人のゴルファーが新しい Pro V1 を使った。試合で使われることになった最初の週で,ゴルフ史上もっとも大きな,用具の変更が行なわれたのだ。優勝したビリー・アンドレードもまた,Pro V1 でプレーした。 *11

2003

f:id:golf103:20201017125515j:plain
2003 Pro V1

f:id:golf103:20201017125530j:plain
2003 Pro V1x

2003 Pro V1x:新しい Pro V1x が初めて導入された。デュアルコアと,7つの異なるサイズの計332個のディンプルを搭載したものだ。 *12

振り返り:2004年4月11日,マスターズの歴史の中でもっともエキサイティングな終わりのひとつ,フィル・ミケルソンは Pro V1 を用いて,最終7ホールで5つのバーディーを記録,最後もドラマチックな18フィートのパットを決めて,自身初のメジャータイトルを手にした。 *13

2005

f:id:golf103:20201017125602j:plain
2005 Pro V1

f:id:golf103:20201017125617j:plain
2005 Pro V1x

振り返り:Titleistブランドアンバサダーのジェフ・オギルビーは,2005年版 Pro V1 を手にして,2006年の全米オープンを制覇,初のメジャータイトルを手にした。 *14

2007

f:id:golf103:20201017125835j:plain
2007 Pro V1

f:id:golf103:20201017125847j:plain
2007 Pro V1x

2007 Pro V1 and Pro V1x:プレーヤーたちからのフィードバックに基づき,新しいA.I.M. (Alignment Integrated Marking) テクノロジーが2007年版 Pro V1/V1x に追加された。モデル名の両側にある矢印が伸びて,アライメント機能が向上したのだ。 *15

振り返り:2007年7月23日,Pro V1x を手にしたパドレイグ・ハリントンが全英オープンを制し,自身初のメジャータイトルを手にした。4ホールでのプレーオフで,1打差の勝利だった。 *16

2009

f:id:golf103:20201017130054j:plain
2009 Pro V1

f:id:golf103:20201017130107j:plain
2009 Pro V1x

振り返り:2009年4月12日,アンヘル・カブレラがマスターズで優勝。サドンデスのプレーオフで,2ホール目での勝利だった。Pro V1x で2007年にオークモントで開催された全米オープンに次ぐ,自身メジャー2勝目。また,ビル・ハース(Pro V1x)が2010年の Viking Classicc で優勝。Pro V1 ファミリーにとって1500勝目となった。 *17

2011

f:id:golf103:20201017130140j:plain
2011 Pro V1

f:id:golf103:20201017130153j:plain
2011 Pro V1x

2011 Pro V1 and Pro V1x:サイドスタンプのデザインがさらに進化。A.I.M.サイドスタンプに,Pro V1/V1x ロゴの書体と同じものを導入した。 *18

振り返り:Pro V1x を使って全米オープンを制したロリー・マキロイが,歴史を塗り替えた。自身初メジャータイトルを完全優勝で手にし,しかも8打差での勝利。コングレッショナルCCでのことだった。 *19

2013

f:id:golf103:20201017130227j:plain
2013 Pro V1

f:id:golf103:20201017130242j:plain
2013 Pro V1x

振り返り:ブランドアンバサダーのアダム・スコット(Pro V1)が,オーストラリア人として初めてのマスターズチャンピオンとなった。 *20

2014

f:id:golf103:20201017164346p:plain
2014 Pro V1 Pink

f:id:golf103:20201017164407p:plain
2014 Pro V1 Pink

2015

f:id:golf103:20201017164448j:plain
2015 Pro V1

f:id:golf103:20201017164503j:plain
2015 Pro V1x

振り返り:2015年6月21日,ジョーダン・スピースが全米オープンで優勝,1922年以降でメジャー2勝をしたプレーヤーとして最年少となると同時に,マスターズと全米を同一年に制した6番目のプレーヤーとなった。 *21

2017

f:id:golf103:20201017164540j:plain
2017 Pro V1

f:id:golf103:20201017164552j:plain
2017 Pro V1x

振り返り:2017年8月13日,ジャスティン・トーマスが第99回の PGA Championship をドラマチックなかたちで制覇。自身初のメジャータイトルであり,その年自身4勝目だった。 *22

そして2018年11月11日,Pro V1x でプレーするリー・ウェストウッドが南アフリカでの Nedbank Golf Challenge で優勝。Pro V1 ファミリーにとって3000勝目となった。 *23

2019

f:id:golf103:20201017164906p:plain
2019 Pro V1

f:id:golf103:20201017164922p:plain
2019 Pro V1x

f:id:golf103:20201017164947p:plain
2019 Pro V1 Yellow

f:id:golf103:20201017165003p:plain
2019 Pro V1x Yellow

f:id:golf103:20201017165029p:plain
2019 Pro V1 Enhanced Alignment

f:id:golf103:20201017165054p:plain
2019 Pro V1x Enhanced Alignment

f:id:golf103:20201017165120p:plain
2019 Pro V1x Left Dash

振り返り:2019年5月19日,Bethpage Black で開催された PGA Championship を制したブルックス・ケプカ。完全勝利で,2年間で自身メジャー4勝目という偉業だった。ボールはすべて Pro V1x だった。 *24

2021

f:id:golf103:20201020062207j:plain
2021 Pro V1 & Pro V1x

*1:Every two years, at an early-season PGA Tour event, a box of new Titleist golf balls emerges that is, well, markedly different than most. Safeguarded by a member of the Titleist golf ball product management team, the contents of the box are revealed to tour pro after tour pro, with a couple straightforward questions: Which one do you like best? Why?

*2:What’s inside? About a half-dozen of the same prototype Pro V1 golf balls, but each of them with a different sidestamp design.

*3:As every new Titleist Pro V1 represents years of rigorous R&D and player testing, every Pro V1 sidestamp represents “at least five months of development that’s running in parallel to the overall process,” according to Senior Golf Ball Product Manager Frederick Waddell.

*4:“Based on our player research and testing, we know that the overwhelming majority of golfers today are interacting with the sidestamp on their golf ball at some point during the round,” Waddell says. “But that’s not anything new. We’ve been incorporating alignment features into our Pro V1 models and implementing the feedback of tour players and dedicated golfers going back to 2002.”

*5:Equipment standards dictate that every new golf ball listed on the USGA/R&A Conforming Golf Ball list feature a new, unique sidestamp that complies with specific design rules. For each new generation of Pro V1 and Pro V1x golf balls, Titleist designers create a collection of new sidestamps with varying features inspired by recent golfer feedback. Many of these are printed on golf balls at our Custom Operations facility for further internal analysis and deliberation. The semi-finalists, so to speak, are sent to Titleist Ball Plant 3 – the center of Titleist golf ball technology – where they are printed on Pro V1 and Pro V1x prototypes within the authentic manufacturing environment.

*6:Next stop: The PGA Tour. While a winner typically emerges from the Tour players’ vote, the final decision is validated through further testing with dedicated golfers, both in-person at golf courses and through Team Titleist surveys.

*7:“Any change we make to a Titleist golf ball has to be informed by what golfers are telling us and what they want,” Waddell says. “That is the foundation of our process and everything we do.”

*8:In addition, in February 2018, new alignment aid sidestamp designs were made available through the My Titleist customizer on Titleist.com. They instantly became the most popular custom logo options selected by golfers, inspiring the new sidestamp designs for the recently-launched Titleist Tour Soft, Velocity and TruFeel golf balls, along with the new Pro V1 and Pro V1x Enhanced Alignment offerings.

*9:Now that you have a better understanding of how we choose our sidestamps, we thought you would enjoy seeing all the different Pro V1 and Pro V1x marks throughout the years — one of the primary distinguishing marks of each model:

*10:2000 Pro V1: When the original Titleist Pro V1 debuted in 2000, it incorporated three ground breaking advances: A large resilient core, multi-component construction, and a cast urethane elastomer cover.

*11:LOOKING BACK: On Oct. 11, 2000, 47 golfers put the new Pro V1 in play at the PGA Tour’s Invensys Classic in Las Vegas, the first week it is available for competition, marking the largest pluralistic shift of equipment at one event in golf history. The winner, Billy Andrade, also plays Pro V1.

*12:2003 Pro V1x: The new Pro V1x is introduced for the first time, featuring a dual core and a high-coverage 332 dimple design with 7 different sizes.

*13:LOOKING BACK: On April 11, 2004, in a storybook ending to one of the most exciting finishes in Masters history, the winner relies on the Pro V1 golf ball to birdie five of the last seven holes, culminating with a dramatic 18-foot putt to capture his first major championship.

*14:LOOKING BACK: Titleist Brand Ambassador Geoff Ogilvy captured his first major at the 2006 US Open with the '05 Pro V1

*15:2007 Pro V1 and Pro V1x: Based on player feedback, new A.I.M. (Alignment Integrated Marking) Technology is added to 2007 Pro V1 and Pro V1x, extending the arrows on each side of the model name for improved alignment. A new staggered wave parting line design and tour-validated alignment integrated marking sidestamp were also introduced to the ‘07 Pro V1 and Pro V1x.

*16:LOOKING BACK: On July 23, 2007, Padraig Harrington plays a Pro V1x in winning The Open Championship for his first-career major, triumphing by one shot in a four-hole playoff.

*17:LOOKING BACK: On April 12, 2009, Angel Cabrera wins The Masters on the second hole of a sudden-death playoff, marking the second major for Cabrera who also captured the 2007 U.S. Open at Oakmont playing Pro V1x. Also in 2009, Bill Haas (Pro V1x) captured the 1,500th victory for the Pro V1 family with his win at the 2010 Viking Classic.

*18:2011 Pro V1 and Pro V1x: The sidestamp design evolves again as we introduce the same Pro V1 and Pro V1x logo typeface to the A.I.M. sidestamp.

*19:LOOKING BACK: The winner of the U.S. Open plays a Pro V1x golf ball to rewrite the record books, capturing his first major championship in wire-to-wire, runaway fashion with an eight-shot victory at at Congressional CC.

*20:LOOKING BACK: In 2013, Brand ambassador Adam Scott (Pro V1) becomes the 1st Australian player to win at The Masters.

*21:LOOKING BACK: On June 21, 2015, Jordan Spieth wins the U.S. Open, becoming the youngest player since 1922 to win two career majors and only the sixth player to win the Masters and the U.S. Open in the same year.

*22:LOOKING BACK: On August 13, 2017, Justin Thomas earns the 99th PGA Championship in dramatic fashion for his first career major and his fourth victory of the year.

*23:And on November 11, 2018, playing Pro V1x, Lee Westwood rallies to win the Nedbank Golf Challenge in South Africa, earning the 3,000th victory for the Pro V1 franchise across the worldwide professional tours since its introduction.

*24:LOOKING BACK: On May 19, 2019, the winner of the PGA Championship at Bethpage Black goes wire-to-wire to win his fourth career major championship in two years, all while playing a Pro V1x.