Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

振動数マッチングを越えたアイアンセットのマッチング|Golf Shaft Reviews

要するに,番手ごとの振動数をグラフ上にプロットして,それが直線になったからってマッチングしてるとは言えないよね,って話で,その対案を著者が示しています。

ソース

Matching Iron Sets | Golf Shaft Reviews 2019 by Russ Ryden

拙訳

私がカスタムでアイアンセットを組むときに,振動数マッチングをしてくれるかどうかと訊かれることがある。結論はノーで,行なわれている振動数マッチングは,過去の遺物だからだ。振動数マッチングとは,シャフトのバット付近の一点における値を計測して行なわれ,この点がとある直線に沿ったときにセットがマッチしたと言われる。しかし,ある一点を確認したからといって,シャフトの他の部分,特にティップ部分が一貫しているとは言えない。「Fit2Score」のEI技術,これは我々のEI計測器のオーナーであれば使用可能だが,シャフトを2インチ刻みでチェックでき,自分のアイアンセットで使っているシャフトがティップからバットにかけて一貫しているかを確認できる。トルクのチェックに始まり,重量,バランス,そして円形の完全性まで確認できる。*1

それ以外の古いコンセプトに,シャフトアライメントがある。自論としてずっと思っているのだが,もしとあるシャフトがアライメントして初めて使い物になるのであれば,そのシャフトは使うべきではない。もしシャフトが完全に円形であれば,アライメントは時間とカネの無駄だ。しかし,シャフトの丸さ,あるいは円形の完全性は,しっかりと確認する必要がある。*2

下のイラストレーションは,「Fit2Score」のアップグレードとシャフト認定ソフトウェアのテスト時のものだ。この個人版を私はもう何年も使っている。ユーザーフレンドリーな入力にするよう改良中だ。アイアンセットシャフト認定レポートでは,シャフトセットのさまざまな側面が報告される。円形の完全性,フレックス,重量,バランス,そしてトルクなど。これは過去数年,私が片手シングルプレーヤーにセットを組む際には必ず,標準的な作業として行なっているものだ。高品質なシャフトセットの中に,15セットに1セットの割合で異常値が見つかる。それは普通は,シャフトのどこかの弱点なのだが,ときに,その異常値は他の惑星から来たかのように見える。*3

f:id:golf103:20200329052304g:plain

このレポート群は,KBS Tour V シャフトを見渡したものだ。100グラムRフレックスから始まり,ツアーモデルの125グラムと130グラムのXフレックスというふたつのバージョンで終わっている。最後の2ページは,KBS Tour X と KBS C-Taper X とを示している。これはKBSのアイアンシャフトについて,独自で興味深いレポートだろう。*4

これらの各セットは,すべての側面において完全な一様性を示している。EIプロファイルは,ウェッジシャフトからロングアイアンシャフトまで,硬さが一貫して上昇する。プロファイル曲線の形状は,セット内のどのシャフトでも変わらない。これらのシャフトセットでアイアンを組めば,一貫性のあるパフォーマンスが期待できるだろう。*5

この計測システムにもし初めて触れるというのであれば,これがティップにかけて全体にわたることに気づかれるだろう。最初の計測は6インチのところで行なわれる。計測されるビームは,ティップから1インチから11インチのところだ。私たちは実際,インパクト中に反応するシャフト内の部分を計測している。カンチレバーを用いている他の計測器の方がより正確だと耳にするかもしれない。実際,EI公式を見ればこれを信じたくなるだろう。しかし,経験上私たちが学んだのは,11kgのウェイトというのは,軽量ソフトシャフトに対して間違いを起こすことなくかけられる負荷のすべてだということだ。その負荷はカンチレバーではもっと少なくする必要があり,それゆえ,単純にEI公式を見ることによる優位性と思われるものを無効にしている。*6

クラブメーカーたちにとって,「しなり」は長いあいだ,シャフトを理解する方法のひとつである。シャフトがバットかティップかで固定され,他端におもりが吊るされる。そのときのシャフトの曲がり具合が,シャフトの硬さを測るものとして長いあいだ使われてきた。上で示している認定ページの中に,このしなりチャートも含まれている。シャフトの各部分での曲がりが,かけられた負荷と,負荷からの長さとともに計算される。これら各セクションの曲げが合算されて,シャフト全体の曲げ特性に関する全体的な視点を与える。以下に示すのは,ティップに異なる重さがかけられたふたつのシャフトだ。ゴルフスイング中にシャフトにかかる負荷は,だいたいこのようなものになる。EIプロファイルが,ゴルフシャフトの動的なふるまいを決定することになる。*7

f:id:golf103:20200329052330g:plain

シャフトの基礎知識 by Golf Shaft Reviews

*1:I am asked if I offer frequency matching custom built irons sets. The short answer is no, frequency matching as practiced, is a legacy concept. Frequency matching is done by checking a single point near the butt of the shaft and declaring the set matched if this point falls along some linear progression. However, checking a single point does not assure that the rest of the shaft, especially the tip area is consistent. The Fit2Score EI technique, available from owners of our EI instrument, checks the shaft in 2″ increments, validating that the set of shafts used in your iron set are consistent from tip to butt. We go on to check torque, weight, balance and radial integrity.

*2:Another legacy concept is shaft alignment. My position has long been that if a shaft requires alignment to make it playable, it should not be used. If it is essentially round to start with, alignment is a waste of time an money. But, roundness, the radial integrity of the shaft must be checked to assure that the shafts in your set consistent.

*3:The following illustrations are from testing the upgrade of the Fit2Score iron set building and shaft certification software. I have been using a personal version of this system for several years. it is being refined for user friendly input. New reports are being created. The iron set shaft certification report covers many aspects of a shaft set including radial integrity, flex, weight, balance and torque. This has been my standard building practice on all sets for low single digit players for the last few years. Among high quality shaft sets about 1 in 15 sets has an outlier. It is usually a soft spot somewhere along the shaft. However in some cases, the outlier looks like it came from another planet.

*4:This group of reports walks through the KBS Tour V shafts, starting with the 100g R flex and finishing with the two tour only versions, the 125 and 130 gram X flex. The last two pages show the KBS Tour X and the KBS CTaper X. It is a unique and interesting overview of the KBS family of iron shafts.

*5:Each of these sets exhibit perfect uniformity in all aspects. The EI profiles consistently increase in stiffness from the wedge shafts to the long iron shafts. The shape of the profile curves do not change for any shaft in the set. You can expect consistent performance throughout iron sets built with these shaft sets.

*6:If this is your first exposure to this measurement system you will note that it goes all the way to the tip. The first measurement is taken at 6″. The beam measured is from 1″ to 11″ from the tip. We are in fact, measuring the section of the shaft that is interactive during impact. You might hear that other devices using cantilever beams are more accurate. In fact, the EI formulas will lead you to believe this. However, we have learned through experience that 11kg is all the load we can put on a 10″ beam of light soft shafts without causing a failure. That load would have to be less in a cantilever system, thereby negating what appears to be an advantage by simply looking at the EI formulas.

*7:Deflection has long been used as a way for club makers to understand shafts. The shaft is clamped at the butt or tip and a weight is hung from the other end. The amount of bend of the shaft has long been used as a measure of shaft stiffness. The certification pages shown above contain a deflection chart. That is derived by mathematically applying a load to the shaft. The bend of each section of the shaft is calculated with the load applied and the distance that section is from the load. Those individual section bends are then added to each other to create a composite view of the bend of the shaft. Shown below is an illustration of two shafts with different loads applied at the tip in much the way a shaft might be loaded during a golf swing. EI profiles can define dynamic behavior of the golf shaft.