Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

ゴルフシャフトの円形に関する特性(スパインなど)|Golf Shaft Reviews

ソース

Radial Properties of Golf Shafts | Golf Shaft Reviews 2019

拙訳

これは私が2011年に6つのシャフトに対して行なった,円形特性に関する研究である。これは,その年のシャフトのアライメントについて発表した動画を補うものになる。その発表以来,私はゴルフシャフトについて実に多くのことを学び,シャフトアライメントについての私の考え方は,大幅に変わった。*1

ゴルフシャフトの円形性を探索するために以前用いていた計測テクニックを話した。弓形とFlowと円形性を計測する適切な方法について説明する。ゴルフシャフトの製造は徐々に向上してきた。現在の製造技術では,ゴルフシャフトのスパインというのはプレミアムシャフトではもはや存在しない。アライメントすることの唯一の利点は,そのサービスを提供している会社の利益だ。*2

この動画を見てほしい。ゴルフシャフトを探り学ぶ私の歴史の一部がここにある。*3

youtu.be

以下のチャートは,三点支持ツールの効果を示している。そのツールはしばしばスパインツールと呼ばれ,ティップのウェイトにレーザーツールがあって,ドライバーシャフトを回転させたときの硬さの高い点と低い点を示す。ティップのレーザー器具は,Flat Line Oscillation (FLO) あるいは Vertical Oscillation Plane (VOP) と呼ばれるが,シャフトの硬いプレーンと軟らかいプレーンとを見つけるために有効なツールだ。これはクラブメーカーがシャフトのFLOをCPM計器で行い,ふたつのFLOプレーンのそれぞれのCPMを記録することで成し遂げられる。硬いプレーンと軟らかいプレーンは簡単に特定される。もしその違いが2CPMを越えていたら,そのシャフトの質は取るに足らない。4CPMを越えていたらそのシャフトはゴミで,そもそも工場で廃棄されるべきものだ。不良品を廃棄するのは,メーカーにとってはコストだ。本来ならばスクラップされるべき製品を売ることにしている会社も,いくつかある。*4

ベアリングベースのスパインツールはシャフトのBowを見せ,シャフトの硬いプレーンと軟らかいプレーンを特定する上ではほとんど価値がない。*5

この研究は,友人 Dave Tutelman の著作に触発された。このテーマに関する彼の記事は,以下から読める。*6

All About Spines

以下で示すデータは,ゴルフシャフトの特性を興味深く描くものだ。計測された硬さのスケールは青い曲線で示され,シャフトの硬さが角度でどう変わるかを見るために誇張されて描かれている。古いブログからのイラストを保ったのは,固定されたシャフトの振動と硬さの分布との関係を示すためだ。注意してほしいのは,フラットなラインの振動があるとき,そこから約90度回転したところにふたつめのフラットな振動のラインがあるということだ。*7

計測したのは以下の通り*8

硬さ|STIFFNESS

シャフトの硬さは10度ごとに計測される。シャフトはバットで固定され,ティップは1度しなり,負荷セルがゼロにセットされる。次にシャフトを5度しならせる。この方法では,シャフト自身が弓状に曲がっていることからくる影響を取り除いた状態で,シャフトの材料の硬さを計測できる。計測結果は以下に青線で示している。そして結果は計測の「ノイズ」を取り除くために平滑化されている。*9

鉛直(方向の)振動|VERTICAL OSCILLATION

重りのついたレーザー器がシャフトのティップに取り付けられる。シャフトを3度しならせて,手を離す。レーザーの跡が5秒間のエクスポージャーで記録される。安定した振動のプレーンが見つかるまでシャフトを回す。この跡の写真はシャフトの右側に示される。それからシャフトを90度回転させて,2番めに安定したプレーンを見つける。赤い実線は,シャフトの硬い面に最も近い,安定した振動プレーンを示している。赤い点線は,シャフトの軟らかい面にある安定した振動プレーンを示している。*10

弓形|BOW

三点支持曲げ計測器で,シャフトの弓形を見つける。このツールは一組のチューブで,それぞれにベアリングが埋め込まれている。シャフトがベアリングの内側に挿入され,3番目のベアリングがシャフトをしならせるために使われる。この負荷からくる力を最小化するために,シャフトは自然とその曲がった方向に回転する。その弓形を黄色い線で示す。*11

ティップのしなり|TIP DEFLECTION

シャフトが固定器具に挿入され,その器具が回転する。板紙のふたつのピースが90度曲げられ,ティップの両側にセットされる。シャフトを回転する。ティップが動き回るにつれて,板紙はシャフトから押しのけられる。左右へのしなりが最大になったポイントが,黒い線で示される。*12

f:id:golf103:20200330065128p:plain

f:id:golf103:20200330065135p:plain

f:id:golf103:20200330065142p:plain

f:id:golf103:20200330065149p:plain

f:id:golf103:20200330065157p:plain

f:id:golf103:20200330065205p:plain

シャフトの基礎知識 by Golf Shaft Reviews

*1:This is a study of the radial properties of 6 shafts I did in 2011. It is a supplement to a video published that year about golf shaft alignment. I have learned a great deal about golf shafts since that publications and my view of shaft alignment has radically changed.

*2:I discussed the measurement techniques I use to explore radial consistency of golf shafts. I explain bow, flow and the proper way to measure radial consistency of a golf shaft. Golf shaft manufacturing has improved over time. With current manufacturing practices golf shaft spine no longer exists in premium shafts. The only benefit to alignment is the profit made by those selling the service.

*3:View this video as part of my history as I explored and learned about golf shafts.

*4:The charts below show the effectiveness of the Three Point bearing tool, often referred to as a spine tool and a tip weight laser tool in locating the radial stiffness high and low points of a driver shaft. The tip laser device, often refereed to as Flat Line Oscillation FLO or Vertical Oscillation Plane VOP is an effective tool for finding the stiff and weak planes of the shaft. This can be accomplished by the club maker by FLOing the shaft in a CPM device and noting the CPM of the shaft at each of the two FLO planes. The stiff and weak planes are easily identified. If the difference is beyond 2 CPM, the quality of that shaft is marginal. Beyond 4 CPM the shaft is garbage and should have been culled at the factory. Discarding bad shafts is a cost to a manufacturer. Some companies choose to sell products that should have been scrapped.

*5:The bearing based Spine tools show the bow of shafts and have little value in identifying the stiff and weak planes of a shaft.

*6:This study was inspired by the writing of my friend, Dave Tutelman. This link is his article on the subject,

*7:The data show below is an interesting illustration of golf shaft properties. The scale of measured stiffness, the blue curve, had to be radically enhanced to see the change in stiffness around the shaft. I preserved the illustrations from an old blog because it illustrates the relationship between clamped shaft oscillation and radial stiffness. Take note, where the is a flat line oscillation, there is also a second flat line oscillation about 90 degrees away.

*8:The measurements are as follows.

*9:The stiffness of the shaft as measured every 10 degrees. The shaft was clamped at the butt end, the tip was deflected 1″, the load cell was set to zero. The shaft was then deflected 5″. This method measures the stiffness of the material without any affect from any bowing or curvature in the shaft. The readings are shown as the blue line. The readings were smoothed to eliminate measurement ‘noise’.

*10:A weighted laser tip was attached to the shaft. The shaft was deflected 3″ and released. The laser trace was recorded in a 5 second timed exposure. The shaft was rotated until a stable plane of oscillation was found. The photo of the trace is shown to the right of the shaft. The shaft was then turned 90 degrees and the second stable plane was located. The solid red line shows the stable plane of the shaft closest to the stiff side of the shaft. The dashed red line, the stable plane that was on the softer side of the shaft.

*11:Using a three point bending tool the bow of the shaft was located. This tool is a pair of bearings in a tube. The shaft is inserted into the ID of the bearings and a third bearing is used to deflect the shaft. The shaft turns to the bowed side to minimize the stress of the loading force. The Bow is shown as a Yellow line.

*12:The shaft was inserted into a machining chuck which can be rotated. Two pieces of card stock were bent 90 degrees and set against each side of the tip. The shaft was rotated. The cardstock was pushed away from the shaft as the tip moved during the rotation. The points of maximum deflection to the right and left were noted and indicated by the black line.