Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

シャフトのティッピングの効果|Golf Shaft Reviews

日本だと「チップカット(ティップカット)」と呼ばれると思いますが,ここでは原文(tipping)に即して「ティッピング」と呼びます。

ソース

Tipping the Golf Shaft | Golf Shaft Reviews 2019

拙訳

ドライバーシャフトのティッピングはよく行なわれている。ここでは,ティッピングの効果について概略を示す。この記事内のチャート,「60S」「60X」「60S(1インチティッピング)」という3種類のシャフトを示している。最初のチャートは曲げ特性を示している。ティップカットされたシャフトのプロファイルが少しティップ側に移動(シフト)しているのが分かるだろう。特性は変わることなく,ただわずかに移動しているだけだ。このモデルでは1インチのティッピングは,このシャフトのSとXとの違いの小さなパーセンテージの違いですらない。*1

f:id:golf103:20200327085357p:plain

f:id:golf103:20200327085411p:plain

このことは,数字を見れば明らかだ。ティッピングされたバットの硬さは0.1ポンド増え,トルクは0.3度変化した。*2

f:id:golf103:20200327085447p:plain

このモデルにおけるトルクの変化は上図に示されている通りで,上級者であれば気づくものだろう。このシャフトは私が計測した中では特に,1インチのティッピングによるトルクの変化が大きかった。これは0.3度の変化だったが,よくあるのは0.1度ほどの変化だ。再度述べるが,フレックスをSからXに変えるのに比べれば,ティッピングの影響は非常に小さい。*3

f:id:golf103:20200327085530p:plain

このシャフトの曲げ特性のおかげで,シャフトのティッピングについてより深い理解を得ることができる。ティッピングしたものとしていないものとのプロファイル特性の違いは,フレックスをひとつ変えることに比べれば非常に小さいことを見た。このシャフトの設計者は,より硬いシャフト(X)で中間部の特性を大きく変えることにした。*4

f:id:golf103:20200327085611p:plain

ここまで示してきた例では,シャフトの硬さがバットからティップにかけて減っていくようなものを見てきた。しかしこれはすべてのシャフトに当てはまるわけではない。ティップにかけて硬さが増えるようなシャフトも,多くある。計測は6インチのところから始まっているが,そこでは1インチから11インチまでのところのフレックスを計測している。チャート上では6インチとなっているが,実際にはフレックスはシャフトの先端部にまで伸びている。このシャフトの設計では,11インチのところから先端まで硬さが増している。なのでティッピングはその硬い部分を切り落とすことになるので,ティッピング前より先端が軟らかくなっている。とあるゴルフインストラクターはこのイラストを見て,こうコメントした。ティッピングによって軟らかい箇所が先端に近づくことで,弾道が高くなりスピン量が増えるだろうと。素晴らしい観察眼である。*5

ドライバーシャフトのティッピングは,非常に非常に小さな変化をボールの飛びに及ぼす。しかし,変化を加える前に,先端部の特徴を知らなければならない。さもなくば,ティッピングすることで,望んでいたのとは真逆の結果になるかもしれない。*6

シャフトの基礎知識 by Golf Shaft Reviews

*1:It is a common practice to tip driver shafts. This is a quick overview of the effect of tipping. The charts in this article show three shafts, a 60 S, a 60 X and a 60 S tipped 1 “. The first chart shows be bend profiles. Notice how the tipped shaft slightly shifts the profile toward the tip. It is unchanged, just slightly shifted. In this model, the 1” tipping is not even a small percentage of the difference between the S and X flex versions of this shaft.

*2:We can see this clearly looking a the numbers. The butt stiffness of the shaft increased one tenth of a pound, the torque, three tenths of a degree.

*3:The effect on torque for this model shows some change that a good player might notice. This particular shaft had one of the higher torque changes from 1″ tipping I have measured. It was 3 tenths of a degree, one tenth is more typical. Again, the comparison with the X flex version shows the effect of tipping to be very small compared to the next stiffer flex.

*4:The bend signature of this shaft design gives further insight into the effect of tipping a shaft. We see a very small shift in the profile signature of the tipped vs untipped shaft in comparison to the next higher flex. The designer of this shaft chose to make a significant change in the mid section of the stiffer shaft.

*5:In the examples shown to this point, we looked at a shaft with stiffness descending from butt to tip in the tip area. That is not the case in all shafts. The tips of many designs actually get stiffer toward the tip. Our first measurement is made at 6″. But, we are measuring the flex of the 1″ to 11″ range of the shaft at that point. While the scale on the chart shows 6″, the flex is actually out to the tip of the shaft. In this golf shaft design you can see the shaft stiffness turn upward from 11″ toward the tip. The tipped shaft cuts away this stiffness and results in a softer tip than the original design. One golf instructor looked at this illustration and commented that on this shaft tipping would move the soft section closer to the tip creating higher launch and spin. An excellent observation.

*6:Tipping driver shafts will produce a very, very small change in ball flighting. However, you must know the tip characteristic of a shaft before you alter it. You could well be creating exactly the opposite effect you had hoped for with tipping.