Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

俺のオーガスタ改装案|Vol. 3|8番ホール|Golf Digest

Golf Digest の記事です。ゴルフコース設計家10人に,マスターズ開催地 Augusta National の改装案を出してもらったらしい。8セクションある膨大な記事を,1セクションずつ訳していきます。

ソース

Masters 2019: We Redesigned Augusta National* - Golf Digest by Ron Whitten, 3 April 2019

The ever-changing 8th

f:id:golf103:20190406065008j:plain

オーガスタの8番,アップヒルなパー5は,変化を遂げ続けるホールのひとつだ。パンチボールグリーンは1950年台半ばにブルドーザーで切り崩され,1979年にもともとの場所にマッケンジーがもともと設計したグリーンのレプリカが作られるまで,一度のみならず二度も場所替えをされた。

当初,8番ホールはフェアウェイのど真ん中に可愛らしいバンカーがひとつ置かれていた。プレーヤーはティーショットでそのバンカーの左か右か,あるいはそれをキャリーがするか,の選択に迫られていた。1957年に George Cobb がそのバンカーをフェアウェイ右端に動かす。それから年を経るごとに新しいバックティーが付け加えられつづけ,かつて500ヤードだったホールは570ヤードにまで伸長した。新しいバックティーが加えられるたびに,それは以前のティーの右後ろに配置された。ティーショットであくまでフェードを要求しつづけたのだ。

設計家の Bruce Charlton の案は,この8番のティーを動かすものだが,ホールの長さを伸ばしはしない。「ここはバーディーホールでありつづける必要がある,飛ばし屋にはイーグルの可能性も」。Bruce Charlton は61歳,2015年のUSオープンを開催した Chambers Bay の共同設計者である。

Charlton 案は,単にチャンピオンシップティーを右に20ヤードほど動かす。フェアウェイバンカーを「キャリーバンカー」にするのだ。(この新しいティーからのティーショットのエリアを確保するために,一列の松の木を取り除かなければならないだろう。既存のパスも美観のために場所を変えられるだろう)

現在のティーからは,フェアウェイバンカーを超えるのに295ヤードのキャリーを要するが,このバンカーがプレーにかかってくるプレーヤーはほとんどいない。その左に広いフェアウェイがあるからだ。Charlton の案では,このバンカーが(かつてそうであったように)プレーにかかってくるようになる。

彼はまたティーを前に動かすという。「ティーを右前方に動かすことは,メンバーたちにもベネフィットがある。ボールをスライスしがちなアベレージゴルファーに対しては,左にターゲットとなるフェアウェイを広く用意できるのだ」

記事一覧