Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

隔てる谷|マキロイのインタビュー|Nike News

f:id:golf103:20201230080343j:plain

2016年7月の記事。ステンソンが勝った Royal Troon での全英を前にリリースされたもの。

ちょうど1年前ぐらいですかね,アイルランドの「Independent」でマキロイのロングインタビューがありましたが,

ロリー・マキロイのロングインタビュー|Vol.1|Independent.ie - Linkslover

内容的にはそれの上澄みをサマライズした感じのインタビュー。

僕自身も田舎の出身だから,マキロイのいう「自分の出自の記憶がいつまでもつきまとう」ってのはよく分かって(かといって僕には「テレビの前でゴルフする自分」ってのはいないけど),そういうのもあって,なんかマキロイにはシンパシーを感じるんですよね。

ちなみに野暮な解説ですが,記事の原題は「Beyond the Valley」。ある種のダブルミーニングになっていて,記事の最後に出てくる幼少期のゴルフの記憶(谷越えのティーショット)と,「ふたつのロリーがいる,ふたつの人生を生きている」っていうのを象徴してると思うんですよね。こういう気の利いたフレーズを訳すのが,いちばん難しいし,面白い……。(といいつつ,「隔てる谷」は出来が悪いと思うけど)

ソース

Beyond the Valley - Nike News 27 July 2016

拙訳

今シーズン最後のメジャーを目前にして,ロリー・マキロイが,彼の実家と祖国が自らのプレーに及ぼす影響について語ってくれた。 *1

僕にはちょっとしたマイホーム主義みたいなのがあるかもしれない。つまり,自分の出自をとても誇りに思っている。何かに属している感じっていうのかな。北アイルランドは,そういう意味ではちょっとした村みたいなものなんだ。200万人近い人口を抱える国であることは明らだけど,同時に,どこに行ってもそこで知り合いに出くわすような気がするし,僕自身も身の程知らずになれないというか,普段の自分のままでいられる。人々は僕のことをとても誇りに思っているけど,同時に僕のふるさとを忘れさせてくれない。「頑張れば成功する」というメンタリティーがあるので,誰かが成功したときはみんな純粋に喜んでくれるんだ。だけど,「いっぱい働いて,いっぱい遊ぶ」というメンタリティーもあるね。 *2

ときどき自分は,ふたつの人生を生きているように感じることがある。カメラの前でゴルフをして,世界中の何百万人もの目にするローリーのような生活をしているけれど,でも僕がきっといちばん居心地がいいローリーは,家に戻って友人や家族に囲まれているときのローリーの方。育てられ方のおかげで,僕はとても地に足のついたままでいられている。 *3

f:id:golf103:20201230080415j:plain

僕が小さかったとき,父はとあるスポーツクラブで働いていて,土曜日になるとそこに父と一緒に行っていた。クラブの端に,小さな穴が開いているバートップがあって,直径6インチぐらいの穴かな,僕はウェッジを持っていって,20ヤードくらい離れたところからチップしてその穴にボールを入れようとしてたんだ。土曜日はだいたいそんな感じでね,それがとても楽しかったんだ。それと同時に,バーの詰め方やビールの入れ方なんかも覚えてね。人生のある地点までくると,昔の出来事のある側面とか,自分にとって大切なものについて,とても懐かしく感じるようになるね。 *4

f:id:golf103:20201230080439j:plain

地元に戻って練習していると,そういう子供のころの記憶がよみがえってくるんだ。凍えるほど寒い中,雨が吹き付けている中でさ。もうそのいう環境でプレーする必要はないけど,子供のころはそうするしかなかった。これが僕が育った場所だし,そういう要素に対処しなければならなかったんだ。 *5

思い出すんだ。4歳とか5歳ぐらいのとき,自分のホームクラブのホーリーウッドゴルフクラブにいたときにさ,そこの13番ホールは「Valley」って呼ばれてるんだけど,っていうのはティーショットは谷越えになるからね。父はいつも谷の近い側から僕にティーオフさせていたんだけど,ある日,谷からいちばん離れたところにあるレディースティーからティーオフさせてくれたんだ。 *6

それで初めて谷越えできてさ。70ヤードか80ヤードくらいだったかもしれないけど,フェアウェイに届いて,ものすごく自分が誇らしく思えたんだ。それが,ゴルフをしていた本当に最初のころの思い出のひとつだね。そういう思い出はみんな父に結びついていて,夏の長い夜にバックナインでグリーン周りでチッピングしてたりとかね。そういう記憶が,ゴルフへの愛を再燃させてくれるんだ。ある程度のレベルに達すると,ゲーム以上のものになってしまうこともあって,そういうのが癪に障るんだけど,地元に戻ってきてそういうときのことを思い出すとさ,なんで自分がゴルフをやってるのかってことを,気づくんだよね。 *7

f:id:golf103:20201230080459j:plain

*1:Leading into the season's final major championship, Rory McIlroy reveals how home and country inspire his play.

*2:I'm a bit of a home bird; I'm very proud of where I'm from — there's a sense of belonging. Northern Ireland is a little bit like a village in that way. It's obviously a country with nearly two million people, but at the same time it feels like anywhere I go I'll run into someone I've met along the way, and no one lets me get above my station. People are very proud of me, but they'll never let me forget where I’m from. There’s a “if you work hard, you'll succeed" mentality so people are genuinely happy for you when you succeed. But there is also a bit of a "work hard, play hard" mentality.

*3:Sometimes I feel like I live two different lives. I live this life that you see in front of cameras, playing golf and being the Rory that millions of people see across the world, but the Rory that I'm probably most comfortable being is Rory amongst his friends, amongst his family, back home. How I've been raised has kept me very grounded.

*4:When I was growing up, my dad worked at a sports club and on Saturdays I would go there with him. At the end of the club, there was a bar top with a little hole in it, a little hole about six-inches wide. I’d bring my wedge and I’d try to chip balls into that hole from maybe 20 yards away. I had a lot of Saturdays like that, which were good fun — and at the same time, I learned how to pack a bar and pull a pint. You get to this state where you're very nostalgic about certain aspects of your life and what's important to you.

*5:Anytime I practice back home, these memories start coming back from my childhood of hitting balls on that practice ground when it was freezing outside, rain coming sideways. We don't have to play in those conditions anymore, but when I was a kid I had no choice. This is where I grew up and those were the elements that I had to deal with.

*6:I remember, when I was about four or five years of age, being at my home golf club, Holywood Golf Club, where the 13th hole is called "the Valley" because you have to drive over a valley to get to the fairway. My dad would always make me tee off from the near side of the valley, because at that point I couldn't clear it, but one day he let me tee off the ladies' tees, which were just at the edge of the far side of the valley.

*7:And I cleared it for the first time. It might have been maybe 70 or 80 yards, but I cleared the valley and I was obviously very proud of myself. That's one of my earliest memories of playing golf — all of my early memories of playing are with my dad, long summer nights chipping around the greens on the back nine. These memories rekindle a love for the game. Sometimes when you get to a certain level and it becomes more than the game, it wears on you, but coming back home and remembering all those moments makes me realize why I play.