Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

マキロイの波乱万丈なマスターズ:またしても起こった「たられば」|GOLF.com

f:id:golf103:20201119045229j:plain

またシプナックの記事です。

ソース

https://golf.com/news/rory-mcilroy-roller-coaster-masters/ by Alan Shipnuck, 14 November 2020

拙訳

また違う。今じゃない。ここじゃない。いろんなことがあったのに。 *1

ロリー・マキロイ傷心特急がまたしてもオーガスタを駆け抜け,希望・恐怖・諦め・苛立ち・畏敬の念・興奮という,いつもの感情の渦を巻き起こしている。これまでにも何度もこのような道を通過してきたので,テンプレートは明確だ。 *2

初日のラウンドでは,マキロイは圧倒されて集中力がないように見え,75で終わったラウンドは,16番でのティーショットの後に放った「ひどいな」の一言でまとめ上げられた。この低調なスタートは,マスターズでのマキロイの他の多くの悲惨なオープニングラウンドを呼び起こした(昨年の初日73,2010年の74,他の3年の72とか)。実際に勝利へのプレッシャーが消えたかのように見えたとき,マキロイは突然自分が誰であるかを思い出し,第2ラウンドではコリー・コナーズに次ぐ66という素晴らしいスコアを記録した。それは喪に服するような偉業であり,私たちに何が起こりえたかを思い起こさせてくれるものだった。 *3

ラウンドの間にマキロイはスイングの欠陥を見つけ出したが,それは本当に感情的なものだった。「ラウンドの間に9番アイアンを5回打って3番ウッドを1回打って,スッキリしようとした。時々僕は,ずーっと引きずっちゃてこだわっちゃうんだ。もう少しそれを解き放って,もう少し自分のショットとスイングに集中しようとしただけだよ」。 *4

その姿勢は土曜日になっても変わらず,マキロイは8番を皮切りに5ホールで4つのバーディーを出していたが,ボールストライクよりもパターの方が波に乗っていた。マキロイが13番のティーに立った時には8アンダーで,2位とはわずか1打差,トップのダスティン・ジョンソンはまだ手の届く距離にいた。ひっそりトップ10入りする名人のマキロイ(2014-18年には5回連続でトップ10に入っている)は、突如センターステージでスポットライトを浴び,その先に魅力的なパー5がふたつ待ち受けていた。 *5

しかし,伸るか反るかの13番、最初の2ラウンドを1オーバーでプレーしていたが,マキロイはだらしないドライブを打ち,ラフからレイアップせざるをえなくなってしまった。ウェッジショットで6フィートにつけてバーディーチャンス,さらに勢いに乗る決定的なチャンスをえたものの,下りのパットはホールを越え,返しのパットも外した。Twitter上のゴルフ界では,一気にデフレが起こった。 *6

15番パー5,なんとか盛り返したいところだったが,ティーショットはつかまりすぎてフェアウェイ左,そして2打目を池に入れた(数時間後,ジョンソンはこのショットを完璧に成功させた)。マキロイの67を上回ったのはただひとり,DJだけだったが,これもまた「何が起こりえたか」の典型になった。 *7

その後,ローリーは懸命にポジティブなことに集中しようとした。「うん,最後の2日間で11アンダーだったことが,それを物語っているような気がするんだ」と語る。「いいゴルフはできていたし,最初の18ホールはそういうプレーができていなかった。このコースはそれが起こりうる。このコースでは少し慎重になって,少しためらいがちになることがあります。自身があって自由になれたときに最高のゴルフをするってずっと言ってきたし,最後の36ホールではずっと自由になったよ」。 *8

31歳のマキロイ,ジョンソンを本気で狙うにはあまりにも後ろにいることを認めています。グランドスラムへの最後のピースを埋めるのは,この天才的だが欠陥もあるチャンピオンのために,もう1年待たなければならなくなった。「これを学びにきっかけにしなきゃいけないね」と,マキロイは土曜日に悲痛な表情で話していました。「でも(初日を)振り返って,自分の打ったショットや思考のプロセスを後悔して,そこから学んで,次はもっと良いプレーができるようにしようと思うよ」。 *9

*1:Not again. Not now. Not here. Not after all we’ve been through.

*2:The Rory McIlroy Heartbreak Express is rolling through Augusta yet again, bringing the usual swirl of warring emotions: hope, fear, resignation, irritation, awe, titillation. We’ve been down these tracks plenty of times before, to the point that the template is well-defined.

*3:For the first round McIlroy looked overwhelmed and unfocused, putting together a 75 that was summed up by his self-talk after a drowned tee shot at 16: “That is so bad.” The limp start evoked so many other dispiriting opening rounds for McIlroy at the Masters (see, the opening 73 last year, a 74 in 2010, 72s in three other years). With the pressure of actually winning seemingly erased, McIlroy suddenly remembered who he is, shooting a stellar 66 in the second round, a score bettered by only one player (Corey Connors). It was a mournful achievement, reminding us what could have been.

*4:Between rounds McIlroy diagnosed a swing flaw that is really an emotional one: “I went and hit five 9‑irons and a 3‑wood in between rounds and just tried to get myself to release it. Sometimes I just get so draggy and hold on, sort of hold on to it. Just a matter of trying to release it a little bit more and being a little bit more committed to my shots and my swing.”

*5:The commitment held into Saturday, though McIlroy’s burst of birdies in the middle of the round — four in five holes, beginning on number 8 — owed more to a hot putter than his ballstriking. When McIlroy stepped to the 13th tee he was eight under, only one shot out of second place and still within shouting distance of leader Dustin Johnson. The master of the backdoor top-10s (he had five in row 2014-18), McIlroy was suddenly front and center in the developing drama, with two tantalizing par-5s awaiting.

*6:But on the do-or-die 13th, which he played in one over across the first two rounds, McIlory hit a leaky drive and was forced to lay up out of the juicy rough. A good wedge shot left him six feet for birdie and a crucial chance to extend the momentum. But McIlroy charged the putt past the hole and then gassed the comeback, too. You could feel the deflation across all of Golf Twitter.

*7:At 15, straining to make up ground, he played a risky slinging hook around the trees and splashed his second shot. (Hours later, Johnson would pull off that shot to perfection.) McIlroy’s 67 was bettered by only one player on the day — big, bad DJ — but it was another case of what might’ve been.

*8:Afterward, Rory tried hard to focus on the positives. “Yeah, 11 under for the last two days, I think that sort of speaks for itself,” he said. “The good golf was in there, I just didn’t allow myself to play that way on the first 18 holes. This course can do that. This course can make you a little bit careful and a little bit tentative at times. I’ve always said I play my best golf when I’m trusting and freer, and I’ve been a lot freer over the last 36 holes.”

*9:McIlroy, 31, conceded that he is too far back to make a serious run at Johnson. The missing piece of the Grand Slam will have to wait another year for this massively talented but flawed champion. “I try to view everything as a learning experience,” he said Saturday, wistfully, “but yeah, I’ll look back at [the first round] and rue some of the shots that I hit and some of the thought processes I had and just try to learn from it and be better the next time.”