Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

より良い転がりを求めて|Method Origin パター|Nike News

f:id:golf103:20201227035744j:plain

懐古趣味的にナイキの古いニュースを訳してみようと思いますが,これは Method Origin パターのニュースリリース。2016年の3月末ということで,ナイキがゴルフ用具事業から撤退する約4ヶ月前ですね。

ソース

In Pursuit Of a Better Roll - Nike News, 21 March 2016

拙訳

10年以上にわたる研究と,タイガー・ウッズやローリー・マキロイをはじめとする世界の偉大なゴルファーたちからの意見をもとに,ナイキのエンジニアたちは,グリーン上での集中を最大化する新しいパターのデザインに着手した。 *1

ナイキゴルフのマスターモデルメーカーであるデイビッド・フランクリンが言うように,「パターをデザインするとき,私たちの目標は,パターがアスリートの体の一部にあるようにすること。手に持っているパターのことを考えることなく,ただホールにボールを入れることだけを考えて,グリーンに足を踏み入れてもらいたいのだ」と説明している。 *2

その使命感から,The Oven のエンジニアたちは,RZNを内蔵するなどしてパフォーマンスを高める革新的な技術を盛り込んだ,クラシックな外観のブレードパターを作成した。RZNは,ナイキのゴルフボール「RZN」にも使用されている,反応性の高い素材群だ。この新しいパターでは,3つのピースからなる独自構造を採用した。つまり,フェース,バック,そしてその間に圧縮されたRZN層。これらのパーツは,ナイキのプレミアムパターである Method Origin を形成し,マキロイとシャール・シュワーツェルの手にすでに4つの勝利をもたらしている。シュワーツェルは今シーズンのヨーロピアンツアーで,1ラウンドあたりの平均パット数(28.9)が,2015年(30.2)より1.3打少ない。コンプライアントRZN層はオフセンターヒット時に作動し,接触時間内にゴルフボールにエネルギーを返還する。 *3

f:id:golf103:20201227035806j:plain
Rory McIlroy's custom-made putter

「その反応は,フェース全体で段階的に変化する。フェースの中心でヒットすると減衰効果が得られる」と,フランクリンは言う。「センターから外れるほどRZNは圧縮され,より多くのエネルギーがボールに戻される。この反応は当社のコンプレッション・チャンネルに似ており,フェース全体の一貫性を向上させる」。 *4

ウッズとマキロイは2015年のツアー選手権からこのパターを試合で用い,そこで得られたフィードバックをもとに,フランクリンと彼のチームは,パターをより効率的にロールさせることに取り組んだ。そこで彼らは完全にポリメタルグルーブテクノロジーを再設計し,ヒールからトウに至る直線的でフルレングスの溝を採用した。この方向は,より一貫性があって効率的で,より速い順回転を生む設計されている。 *5

「2015年1月にドバイで初めてテストしたとき,ロングパットがもう少しだけ転がりつづけていることに気付いた。それはとにかく転がりつづけ転がりつづけ,素晴らしかったね」と,マキロイは振り返る。「その後,2015年4月にセージバレーで再度テストして,気に入った。それから訊きつづけたんだ,『いつになったらこれをバッグに入れられるの?』って。それで2015年9月にバッグに入れて,それからはずっとバッグに入れているよ」。 *6

f:id:golf103:20201227035843j:plain
Linear precision polymetal grooves provide a consistent feel and a precise roll across a wider face area.

新しく設計されたフェースには,以前のMethodパターのポリメタルグルーブの2倍の溝がある。より多くの溝によって,ゴルフボールとの摩擦係数が増してボールにエネルギーを伝えやすくなり,より早く順回転を与えて,よりスムーズでソフトな打感が得られる。 *7

「新しい溝をとても気に入ってるよ」とマキロイは語る。「回転は完璧だったし,自分の前のパターよりコンタクトが遥かにソフトに感じられたね。より早くボールを回転させるんだ」。 *8

B1-01とB2-01のふたつのモデルが入手可能。Method Origin パターは,マキロイ(B2-01),シュワーツェル(B1-01),ラッセル・ヘンリー(B2-01),スコット・ピンクニー(B1-01),ライアン・ラッフルズ(B1-01),ニック・ワトニー(B2-01),ルーカス・ビヤーゴー(B1-01),そしてロス・フィッシャー(B2-01)がバッグに入れている。 *9

f:id:golf103:20201227035924j:plain
The Method Origin Putter will be available in two models: the B1-01 and B2-01.

ナイキの Method Origin パター($349.99)は,4月22日に発売開始。 *10

*1:Over a decade of research and insight from some of the world’s greatest golfers, including Tiger Woods and Rory McIlroy, prompted Nike engineers to embark on a new putter design that minimizes distractions.

*2:As David Franklin, Nike Golf Master Modelmaker explains, “When we design a putter, our entire goal is to make the putter an extension of the athlete. We want them to step onto the green without even considering the putter in their hands, but rather just be thinking about getting the ball in the hole.”

*3:That mission led engineers at The Oven to craft a classic-looking blade putter filled with performance-boosting innovations, including integrated RZN. RZN is a family of responsive materials also used in the Nike RZN golf balls. In the case of the new putter, they employed a unique construction comprising three pieces: the face, a secondary mass on the back and a RZN layer compressed in-between. Together, these pieces form the premium Nike Method Origin putter that has already recorded four global wins in the hands of McIlroy and Charl Schwartzel, who is currently averaging 1.3 fewer putts per round this season (28.9) compared to 2015 (30.2) on the European Tour. The compliant RZN layer is activated on off-center hits, returning energy to the golf ball within the contact time.

*4:“The response is incremental across the face. A hit on the center of the face elicits a dampening effect,” Franklin says. “The more off-center the hit, the more the RZN compresses and the more energy is returned to the ball. The response is similar to our Compression Channel and improves consistency across the face.”

*5:Insights from Woods and McIlroy, who put the putter into play at the 2015 Tour Championship, then pushed Franklin and team to make the putter roll more efficiently. So they completely reengineered the polymetal groove technology to offer full-length grooves that are linear from heel to toe. This orientation is designed to provide a more consistent, efficient and faster forward roll.

*6:“When I first tested it in Dubai in January 2015, I realized the long putts kept rolling just a little bit more. It just kept rolling and rolling, which was awesome,” McIlroy recalled. “Then I tested again at Sage Valley in April 2015 and loved it. From that point I kept asking, 'When can I get this in the bag?' I added it in September 2015 and it has been in the bag ever since.”

*7:The newly designed face features twice the number of polymetal grooves of previous Method putters. More grooves means increased coefficient of friction and traction on the golf ball, creating earlier forward roll and a smoother, softer feel at impact.

*8:“I love the new grooves,” McIlroy said. “The roll was perfect and I felt like the contact was so much softer than my previous putter; it got the ball rolling so much quicker.”

*9:Available in two models, the B1-01 and B2-01, the Method Origin putter is in the bag of McIlroy (B2-01), Schwartzel (B1-01), Russell Henley (B2-01), Scott Pinckney (B1-01), Ryan Ruffels (B1-01), Nick Watney (B2-01), Lucas Bjerregard (B1-01) and Ross Fisher (B2-01).

*10:The Nike Method Origin putter ($349.99) will be available beginning April 22 at nike.com and select retailers.