Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

DJのスイングをエディ・ペパレルが分析する

f:id:golf103:20201119045605j:plain

ヨーロピアンツアーの名ツイッタラーであるエディ・ペパレルが,ダスティン・ジョンソンのスイングを分析してました。

(他の人のやつを拝借するけど)赤い箱を見る代わりにさ,ダスティンのあまり語られてないけど重要なスイングのパートって,クラブヘッドがボールから離れるときに,腕をまったく動かさないことにあると思うんだよね。クラブをすごく早くセットして,それがまた上手いの。 *1

右肘の折り目はさ,クラブヘッドがボールから2フィート離れているときに,ほとんどターゲットに近づいてるでしょ! これって技術的にはビックリするような動きで,基本的にはそこから捻転していって戻してくることができるの。小細工の必要なし。 *2

この動きが他にできてるのは,ウェストウッドとウィレットね。 *3

言っとくと,上手いアマチュアがこれを真似しようとするかもしれないけど,やめといたほうがいいよ。っていうのも,これをやるのってめっちゃ難しいから(ってか,たぶん無理)。 *4

*1: (I’m stealing someone’s work here), but instead of looking at the red boxes, I think Dustin’s less talked about, but really important part of his swing, is how he manages to get the clubhead away from the ball, without moving his arms away. He sets the club fast, and so well.

*2:His right elbow crease is almost closer to the target when the club head is 2 foot away from the ball! That’s an amazing move technically and basically means he can just wind it up from there and return it. No manipulation required.

*3:Other good examples of this move are Westwood and Willett.

*4:I should add, that I put this out there to destroy all future prospects of any good amateur who tries this, as it’ll be very hard (probably impossible) to achieve. Therefore I’ll ultimately be the one gaining. It’s actually quite the 2020 thing to do.