Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

マシュー・ウルフのスイングの解説と分析|Golf Digest

f:id:golf103:20200805150122j:plain

この写真がカッコいいから訳そうと思っただけなんですけど,原文にあった「lifted, looped, squatted, jumped and powered」っていうのがこれ以上ないほど端的に表現しててすげーいいなぁと思いました。

最後のパートで著名なインストラクターたちがウルフのスイングを分析してるのが面白くて,肯定もあればやんわりと否定してるのもあり,あるいは自分の宣伝をちゃっかりしてるのもありなんだけど,いちばん面白いのがハンク・ヘイニーで,「アベレージゴルファーのスイングは逆ループになっちゃってるから,ウルフのマネしたら結果的にちょうどいいスイングになるんじゃね?」的なやつでした。

ソース

An in-depth analysis of Matthew Wolff's unorthodox swing | Instruction | Golf Digest by Guy Yocom, 22 October 2019

拙訳

PRE-SWING

f:id:golf103:20200805150224j:plain

THE STRANGEST IGNITION IN GOLF

16歳のときウルフは,タッチフットボールの試合で左鎖骨を地面にぶつけて骨折した。治ったあとでも,そこを無意識にかばうために,ヒッティングエリアで積極的に肩を回すことをしなくなった。いいプレーヤーの多くはインパクト時に少しだけ方のポジションが開くものなのだが。その結果,ショルダーラインがスクエアになり,スイングパスが過度にイン・トゥ・アウトになり,クラブフェースがわずかに開くようになった。それはブロック,つまりプッシュストレートを意味した。ウォルフは,伝統的なアドレスポジションに戻る前に,インパクト時のポジション(ショルダーラインが開いて,ヒップがクリアされ,右膝がターゲットに対して斜めになっている)のリハーサルを始めました。このリハーサルの動きの中で,すべてを自由に回転させて肩の開いた見た目を得ようと,自分に言い聞かせる。イグニッションムーブ,スイングトリガー,または昔ながらのサシェイなど,いかようにも呼べるが,しかしこの風変わりなアクションにより,スイングパスとインパクト時にクラブフェースをスクエアにする能力が向上している。ウェッジのハーフウェッジショットでもこの動きを実行している。 *1

BACKSWING

f:id:golf103:20200805150250j:plain

A LIFT, THEN ENORMOUS TURN

テイクアウェイでウルフはクラブヘッドをターゲットラインの十分外側に置き,そして前腕を回転させないためクラブフェースは閉じたままになる。ハーフウェイバックまではリストコックがなく,腕だけのスイングであり,胴体の動きもほとんどない。楽しいことが始まるのはそのあとだ。ウォルフは腕を突然リフトさせ,右上腕は脇から大きく離れ,左腕はほぼ垂直に立っていく。同時に,可能な限りヒップを回し,左足はヒールアップさせ,右足はまっすぐに伸ばす。彼の肩も大きく回転するため,クラブは完全に「アクロス・ザ・ライン」の状態になり,シャフトはターゲットの右側をがっつり向くようになる。このリフト&ターンのアクションは,クラブを軽く感じさせます。彼の姿勢と背骨の角度はアドレスから変わっていない。ウルフのバックスイングにおけるもうひとつの「伝統を揺るがす」要素は,大きなヒップターンにある。ガンカスは,ヒップは大きく回転させるべき考えている。これは,骨盤の動きを制限して上半身と下半身との捻転差を作るべきという考えに反している。この無制限のターンーーウルフが完璧なバランスを保っていることに注意してほしいーーは,ダウンスイングへ向かう流れるような切り返しの下準備になる。 *2

FROM THE TOP

f:id:golf103:20200805150315j:plain

RE-ROUTING WITH A LOOP

トップから起こるのは,型破りで,みんなが驚きの声を上げる,ウルフの特徴的な動きだ。ダウンスイングの早い段階でクラブはループを描き,「アクロス・ザ・ライン」のポジションから,ハーフウェイダウンではより古典的なオンプレーンの状態に移る。そのループは変に見えるかもしれないが,合理的なものだ。ガンカスいわく,野球(10代前半までウルフのいちばん好きなスポーツだった)のプレーヤーはバットを垂直に立てたところからスイングを始めるが,そのあとでシャローなプレーンに移り,ボールを打つときには水平に動いている。野球選手と同じように,ウォルフは左にウェイトシフトし,可能な限り積極的に下半身をほどくことで前進動作を開始する。彼の右上腕は彼の脇に戻るが,腰と肩はほとんど回っていない。彼のボディーローテーションは地面から順に連動して起こり,手とクラブは意識することなく正しいプレーンとパスに移動する。そこで生み出される驚異的なスピードにもかかわらず,彼の腕には力みがない。手は軽く握っているだけだ。 *3

THE IMPACT ZONE

f:id:golf103:20200805150342j:plain

POWERING THROUGH THE BALL WITH HIS LEGS

このダウンスイングが進につれて,ウルフはサム・スニードのようなスクワットを入れる。足で地面に圧をかけ,両膝が曲がり,その間隔が開く。ガンカスはこの意図的な動きを「ディギング」と呼び,ウルフはヒップを激しくターンさせないままそれを正しく行なっていると言っている。「彼がスクワットして体を下げる動きが大好きだ」とガンカスは言う。 「私はそれを,『ゴルフボールを喰う』と呼んでいる。そうすることで,信じられないほどのパワーを生む準備をしているんだ」。ウルフがスクワットするときにヒップが回らない様はとてもアグレッシブであり,足をねじって地面に擦りつける。 「マットはレンジの破壊者だ」とガンカスは言う。「彼はスパイクで芝を引き裂いた。練習している場所をいつでも特定できるよ」。それからインパクトに近づくと,ウルフは母趾球から突き上がるが,体は回転したままだ。この動きの組み合わせは,その驚くべき腕と手のスピードと相まって,荒々しい力を生み出す。ガンカスとは異なってスイングの細かいことを分析的に見ないウルフは,インパクトにかけてただひとつの考えを持っている。「思うのは,クリアすること」と彼は言う。」それは考えというよりは感覚。制限されてない,自由な感覚を得たい。ボールがなくなったあとでさえもスイングしつづけるように。それは,自分を邪魔するものがないような,自由の感覚なんだ」。 *4

専門家の意見

f:id:golf103:20200805150403j:plain

ブッチ・ハーモン(Butch Harmon)

「素晴らしいスイングとは何かに対する人々の認識を変える可能性がある。ゴルフでは,見た目ではなく結果だ。ツアーレベルで 大事なのは,そのスイングがプレッシャーのかかる場面で機能するかどうか。マシューはそれができることを証明した。ジョージ・ガンカスはマシューと一緒に素晴らしい仕事をしていて,彼の仕事にやっていることを変えていないと思う。それは私の教えにおいても常に重要なことだった。プレーヤーが何をしているかを理解し,彼らがそれを改善するのを助ける。殿堂入りしているプレーヤーでも,スイングの見た目はさまざまだ。パーマー,トレビノ,ニクラウスでさえも。つまりは,これがマシュー・ウルフのスイングであり,とてもうまくいってるということだ」。 *5

デイビッド・レッドベター(David Leadbetter)

「バックスイングからダウンスイングにかけてのこのスティープ・トゥ・シャローの動きを,私は長い間提唱してきた。それが私の〈Aスイング〉の基礎になっている。多くの名プレーヤーは,バックスイングでスティープな動きをしている。マットのスイングについて考えると,それはカルビン・ピートがやったことの,よりダイナミックなバージョンのようなものだ。そしてカルビンのボールストライキングと正確性は,段違いに良かった。それはスイングでの無駄な動きを排除し,クラブパスがシャローにボールに入っていくことを確かにしていた。彼が強く回転する限り,うまく打てるだろう。きっと彼のスイングを模倣したくなるだろう。そしてそれを責めることはできない。非常に効果的なんだ」。 *6

マイク・ベンダー(Mike Bender)

「マシュー・ウルフが今のスイングでうちの玄関先に現れたとしても,それを変えようとはしないよ。彼はそれを繰り返す方法を知っているし,ボールに向かって素晴らしいシャローイングをしている。そうは言っても,それでゴルフが変わるとは思わない。それは例えば25年前に,ジム・フューリックのスイングがゴルフを変えかと言うようなものだ。 クラブをものすごくアウトサイドに上げる奴らは,ダウンスイングで根本的にクラブをシャローにしなければいけない。ミラー・バーバー,リー・トレビノ,カルビン・ピート,モー・ノーマン,彼らはみんな素晴らしいボールストライカーだった。でも,それは私が教えるであろうことではない。なぜか? プレーンから離れれば離れるほど,クラブを恩プレーンにするために何かを犠牲にしなければいけないから。そしてタイミングが問題になる可能性がある。マシューウルフが何年もやってきたことをコピーしようとする誰かにとって。クラブをオンプレーンに保つ方が,はるかに簡単だ」。 *7

ハンク・ヘイニー(Hank Haney)

「マット・ウルフがどれほどのトレンドセッターかは分からない。以前にも彼のようにスイングしたプレーヤーはいた。それま以前も行なわれていたし,彼が最後でもないだろう。ゴルフにはまったく新しいものなんてない。なぜなら,人間の体の動かし方には,限られた組み合わせしかないからね。彼が何かというと,自分自身の道を貫き他の人がやっていることに惑わされない,新しいロールモデル。良し悪しに関していえば,ティーショットで330ヤードっていうのを好きじゃない人なんている? 彼の球は永遠に飛んでいく。他にそこに誰がいる? 思うに,多くのアベレージプレーヤーは,彼のようなスイングを真似てみるべきだと思う。普通は逆方向にループしてるからね。アベレージプレーヤーはインサイドに引きすぎるしバックスイングがシャローすぎて,ダウンスイングではラインを横切ってクラブがスティープに降りてくる。典型的なスライスの動きだよね。だからウルフみたいに振ってみたら,結果としてもっと教科書的なスイングになるだろうし,結果もかなり良くなると思うよ」。 *8

ジム・マクリーン(Jim McLean)

「間違いなくトレンドが始まっていると思う。従来のスイング理論を破壊しにかかってるね。マットはカリスマのある男だ。話も面白いし,性格も素晴らしいし,とんでもなく飛ばす。全体的に味わい深いよね。だけど,こういうスイングをしたのは,ウルフが最初じゃない。たまにしか見ないから,新しく感じるよね。でもミラー・バーバーがやっていたことにものすごく近いし,彼は1960年代と70年代にかなり勝った。バーバーはこれまで存在した中でベストなボールストライカーの一人だった。マット・ウルフほどにはパワフルではなかったけれど。カルビン・ピートのこともよく知っているけれど,彼も同じようにアウトサイドにクラブを引いていた。マットはもっとさらにスピードを生んでいるけれど。ババ・ワトソンとかフレッド・カプルスみたいに,右肘を超高くしてるよね。それが力を生み出すもとになっている。みんな遠くに高く飛ばそうとしているけれど,これはその方向性を突き詰めた結果だ」。 *9

マイク・アダムス(Mike Adams)

「ウルフがやっていることは,インストラクターたちが受け入れつつあることだが,でも皆がそれをすべきということではない。ジョージ・ガンカスはインターネットセンセーションで,インストラクターたちはその成功のあとに続こうとしている。だけど誰もがそのようなことをできる素質があるわけじゃない。インストラクションに唯一の解なんてない。すべての生徒を計測し,その計測から,自分の目の前にいる人に対して最もマッチするスイングを設計する。ある特定のスイングのフレーバーや方法に盲目的に従うことは,フラストレーションのもとになる。なぜならその道筋は一筋縄ではないから。だけど,ウルフがやっていることは,彼自身にはとてもよく合っている。彼は下半身でものすごいトルクと垂直のフォースを生み出しているね。バイオメカニストのスコット・リン博士は,彼の3Dフォースプレートに乗せて,その垂直のフォースとトルクが並外れていることを確認した。ジョージはとても直感的なインストラクターで,生徒が必要としているものについて鋭い間隔を持っている。それが明らかにウルフにはうまく働いているね」。 *10

*1:At 16, Wolff broke his left collarbone crashing to the turf in a game of touch football. After he healed, in an act of self-preservation, he resisted rotating his shoulders aggressively through the hitting area, which produces the slightly open position most good players have at impact. The result was square shoulders, a swing path that was excessively in to out and a clubface slightly open. That meant blocks, shots that fly straight but right of the target line. Wolff began rehearsing the position he wanted at impact—shoulders open, hips clearing, right knee angled toward the target—before returning to a conventional address position. During the rehearsal move, Wolff also reminds himself to rotate everything freely to obtain that shoulders-open look. Call it what you like—an ignition move or swing trigger or an old-fashioned sashay—but the quirky action has improved his swing path and ability to square the clubface at impact. He performs the move even on half-wedge shots.

*2:Starting back, Wolff takes the clubhead well outside the target line, and the clubface remains closed because he doesn’t rotate his forearms. Until the club is halfway back, it’s an arms-only swing with no wrist cock and very little motion of the torso. Then the fun begins. Wolff lifts his arms abruptly, his upper right arm flying away from his side, his left arm on a near-perfect vertical. At the same time, he turns his hips as far as he can, his left foot rising up on its toes and his right leg straightening to accommodate. His shoulders turn enormously, too, which helps transport the club well “across the line,” the shaft aligned noticeably right of the target. The lift-and-turn action makes the club feel light. His posture and spine angle remain unchanged from address. Another tradition-upsetting element of Wolff’s backswing is the huge hip turn. Gankas believes the hips should turn considerably, which runs contrary to the idea that the pelvic rotation should be at least somewhat limited to create resistance between the lower body and upper body. The unlimited turn—notice that Wolff remains in perfect balance—also sets up a more flowing transition into the downswing.

*3:What happens from the top is unorthodox and the gasp-inducing signature of Wolff’s swing. Early on during the downswing, the club traces a loop as it moves from across the line into a more classic “slotted” position halfway down. The loop might look odd, but it’s rational. Gankas says that baseball players (Wolff’s favorite sport until his early teens) start with the bat vertical and then drop it onto a shallower plane so it’s moving horizontally as they stride into the pitch. Like a baseball player, Wolff starts the forward motion by shifting his weight to his left and unwinding his lower body as aggressively as possible. His upper right arm returns to his side, carried there by the unturning of his hips and shoulders. His body rotation is sequenced from the ground up and happens so well, the hands and club move onto the correct plane and path with no conscious thought. Despite the incredible speed he’s generating, there’s no tension in his arms. His hands are just holding on.

*4:As this downswing progresses, Wolff performs a Sam Snead-like squat, his knees bending and separating as he applies downward pressure to the ground with his feet. Gankas calls this deliberate move “digging” and says that Wolff does it in concert with his hips unturning furiously. “I love the way he squats and lowers himself,” he says. “I call it ‘eating the golf ball.’ It sets him up to deliver unbelievable power.” The unturning of the hips as Wolff squats is so aggressive, he twists and grinds his feet into the ground. “Matt is a range destroyer,” Gangkas says. “He tears up the turf with his spikes. I can always identify the spot where he’s been practicing.” Then, as Wolff nears impact, he thrusts upward from the balls of his feet, his body still turning. The combination of movements, along with his remarkable arm and hand speed, produces a ton of raw power. Wolff, a feel player who unlike Gankas isn’t inclined to dissect the mechanics of his swing, has one thought through impact. “I think, clear,” he says. “It’s a feeling more than a thought. I want to feel unrestricted, to keep swinging even after the ball is gone. It’s a sensation of freedom, like nothing is in my way.”

*5:“It could change people’s perceptions of what a great swing should be. In golf, it’s not what it looks like, it’s the results. At the tour level, the question is, Will the swing work under pressure? Matthew has proven that it can. I think [teacher] George Gankas has done a terrific job working with him and not changing what he does naturally. That’s always been a big thing in my teaching: Take what players do, and help them improve on it. There are a lot of different-looking swings in the Hall of Fame—Palmer, Trevino, even Nicklaus. Bottom line is, this is Matthew Wolff’s swing, and it works great.”

*6:“I’ve been advocating this steep-to-shallow move from backswing to downswing for a long time. It was the basis for my ‘A Swing.’ A lot of great players have had a steeper look going back. If you think about Matt’s swing, it’s kind of like a more dynamic version of what Calvin Peete did. And Calvin’s ball-striking and accuracy were off-the-charts good. It cuts out so much frivolous movement in the swing and guarantees that his club approaches the ball on a shallow path, which we all strive to do. As long as he rotates hard out of the way, he’s going to hit it well. I’m sure you’re going to get people trying to copy his swing. And you can’t blame them. It’s very effective.”

*7:“If Matthew Wolff showed up on my doorstep with that swing, I wouldn’t try to change it. He knows how to repeat it and does a great job of shallowing the club into the ball. That being said, I don’t think it will change golf. That would be like saying 25 years ago, is Jim Furyk’s swing going to change golf? The guys who take the clubhead way outside, it forces them to do a radical shallowing move in the downswing. Miller Barber, Lee Trevino, Calvin Peete, Moe Norman—they were all great ball-strikers. But it’s not something I would teach. Why? The more you take players off plane, the more compensations you need to make to get the club back on plane. And timing could be a real issue for someone trying to copy what Matthew Wolff has been doing for years. It’s much easier to keep the club on plane.”

*8:“I don’t know how much of a trendsetter Matt Wolff is. There have been players who swung like him before. It’s been done before, and he won’t be the last. There’s nothing truly new in golf, because there are obviously only certain combinations of ways the body can move. What he is is the new role model for doing it your own way and not being so caught up in what other people do. As for it being good or bad, how do you not like 330 yards off the tee? He hits it forever. What else is there? I think a lot more average players should try to swing like him, because they loop the club the opposite way. They take it back way inside and shallow and then re-route the club steep and across the line. A classic slice move. If they tried to do it like him, their swings would probably look a lot more textbook, and they would hit it way better than they do.”

*9:“I absolutely think it’s starting a trend. It’s blowing up conventional swing theory. Matt’s a charismatic guy. Interesting to listen to, great personality, and he hits it forever. There’s a lot of sizzle to the whole thing. But this isn’t the first time somebody has had a swing like that. You don’t see it very oſten, so it feels new. But it’s very close to what Miller Barber did, and he won almost a dozen times in the 1960s and ’70s. Miller was one of the best ball-strikers who ever lived. He just wasn’t as powerful as Matt Wolff is. I also knew Calvin Peete very well, and he took the club back that same way, outside the hands going away. It’s just that Matt is producing so much more speed. Like Bubba Watson or Fred Couples, he gets his trail elbow super high. That produces a lot of leverage. Everybody is trying to hit it high and far, and this is just one more step in that direction.”

*10:“What Wolff does is the trend that teachers are adopting, but not everyone should do it. George Gankas is an Internet sensation, and teachers are trying to tap into that success. But not everyone is predisposed to move in that fashion. One size fits all is not the way to teach. Measure every student, and from the measurements, design the swing that best matches the person standing in front of you. Following any particular swing flavor or method automatically is going to cause you frustration, because your mileage with it will certainly vary. But what Wolff does obviously works very well for him. He generates a ton of torque and vertical force with his lower body. Dr. Scott Lynn, a biomechanist, had him on the 3-D force plates, and his verticals and torque were off the charts. George is a very instinctive teacher, and he has a sense for what the student needs. It’s obviously working for Wolff.”