Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

なぜダスティン・ジョンソンはフェードを打つようになったか|GOLF.com

f:id:golf103:20200826160427j:plain

ダスティン・ジョンソンがどうしてフェードヒッターになったのか,を訊いた記者の記事なんですが,DJのコメントのところだけ訳します。

レベルが違いすぎるけど,僕もドライバーでフェードを打つって割り切ってからだいぶ気分よくラウンドできるようになったので,これは面白いです。

ソース

Dustin Johnson explains why he hits a fade — and how it helps his game by Dylan Dethier, 25 August 2020

概要

「キャリアの大半はドローを打ってたんだけど,2015年の終わり,16年を迎えるにあたって,ブッチ・ハーモンとSherwood(南カリフォルニア)にいて,フェードに取り組んでたんだ。ずっとそれに取り組んでて,フェードは必要なときだけ打つって感じで,特に気にしていなかった」。 *1

「そのとき新しいドライバーを試してて,それが何だったか正確に思い出せないけど,Sherwoodでプレーしてると超ストレートに打たなきゃいけないんだけど,それで本当に苦労したんだ。そのときの自分の打つ感じが本当に気に入らなくてね。なんでコースに出て,『今日は全部カットで打つぞ』とか言って,それでスコアが61かなんかだったんだ。次の日にコースに出て,『今日も全部フェードで打つぞ』って言って,62だった。そのあとでこう言ったと思うんだよね,『これから全部フェードで打つぞ』って。超シンプルだよ」。 *2

*1:“So I played a draw for a lot of my career out here, and then I just remember at the end of ’15, I think, going into ’16, I was at Sherwood [in southern California] and me and Butch [Harmon] had been working on hitting a fade, like, all the time we were working on it, and I would hit it occasionally when I needed to and didn’t mind it.”

*2:“I was working with a new driver, I can’t remember exactly which one it was, but playing Sherwood you’ve got to drive it really straight, and I was really struggling. I just wasn’t happy with the way I was hitting the ball. So I went out, I said, today I’m going to cut every shot, and I think I shot 61 or something. The next day I went out and said, ‘I’m going to fade every shot today, as well,’ and I think I shot 62. After that I think I said, ‘Okay, I’m going to fade it from now on.’ Pretty simple.”