Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

フリートウッドのようにピンに向かう4つのアイアンショット|Golf Digest

ソース

How to go flag-hunting like Tommy Fleetwood | Instruction | Golf Digest by Tommy Fleetwood, 13 August 2019

拙訳

ほとんどのゴルファーには,アマチュアでもプロでも,得意なショットがある。自分が打ちなれているフライトと弾道。いちばん頼りになるショットだ。例えば僕は,ベイビードローが好きだ。ターゲットの右に出て,ターゲットに戻ってくる球が。そのショットがなければ,僕は空っぽだ。とはいえ,1種類のアイアンショットだけでほとんどのラウンドを切り抜けることはできない。特に,風の強い日は。いろいろなコースコンディションやホールロケーションに対応するためには,ショットのバラエティが必要なんだ。 *1

Golf Digest に頼まれて,アマチュアゴルファーに4つのショットを勧めることになった。絶対身につけておくべきショットをね。ずるいけど,僕のベイビードローもそのうちのひとつに挙げておいたよ。なぜ? 勢いよく打たれていないドローはほとんど見ないからね。ホールを狙って打つ必要があるときは,悪い結果になることもある。他の3つのショットは,コントロールのきいたスリークオーター,ホールまで転がる低スピンショット,そして最後に高弾道ショット。最後のはいちばん使う機会が少ないと思うけど,硬いグリーンに止めたり林の中から出すときなんかにはすごく使えるんだ。その4つを打つためのポイントを教えていくよ。自信をもって打てるようになったら,1種類のショットしか打てないとき以上にピンを狙っていける。さあ,始めよう。 *2

1. ベイビードロー:ボールを右に,手を下げて

f:id:golf103:20200827065500p:plain

ターゲットラインのインサイドからボールに向かってスイングするのは,僕にとっては自然なことだけど,ドローさせるのは簡単じゃないことも知ってる。その理由のひとつは,ゴルファーの多くはフェードヒッターの目でコースを見ているからだ。ドローショットの弾道をイメージできなかったら,それを打つのは難しくなる。弾道をイメージすることで,無意識のうちにセットアップとスイングを調整するものなんだ。それを変えるのって簡単でしょ? *3

そうだね,それほど簡単じゃないよね。もうちょっとヒントを出すよ。まず,ボールを右足寄りにすること。両足の中間よりは右足寄りだ。それから,バックスイングのトップになったら,クラブがボールに向かって動く前に両手を落とす感覚をえること(写真左)。ボールポジションと合わせてこの手の動きが,クラブをターゲットラインのインサイドに動かして,アウトサイドに向かう軌道でボールを打つことができるようになる。インパクトのときのその軌道に対してクラブがすこし閉じていたら,狙っていた弾道になるよ。フォロースルーで僕の右腕が左腕より高い位置にあるのを見てほしい(写真右)。これを意識することで,ボールを打つときにクラブフェースを閉じることができるよ。 *4

2. スリークオーターショット:スイングを短く,でもスムーズに

f:id:golf103:20200827065529j:plain

僕は普通,アイアンではフルショットの90%の力で打っているけど,でもそれより力を落として,つまり飛距離を少し犠牲にしてもボールのコントロールを高めたいときはいっぱいある。150ヤード以内だと,そういうショットがほしくなるんじゃないかな。 *5

これはスリークオータースイングって呼ばれることが多いけど,でも僕は「手が肩のショット」だと思ってる。バックスイングは,手がだいたい右肩の高さと同じになるぐらいまでしかあげない(左)。それからスムーズにダウンスイングをするんだ。ポイントは,急がないこと。素早いバックスイングってのはできないし,ボールに急いで向かうべきでもない。このショットを打つためには,リズムがとても大事。なぜから,フルスイングをするときとはタイミングが少し変わるからね。 *6

それ以外のポイント? クラブがボールを打ってターフを抜けるまで,胸を下げつづけなきゃいけないっていうこと(右)。これがとても大事なのは,この短いスイングから最大限の飛距離を出すために,ボールを潰す必要があるから。僕はどのショットを打つときでもクラブを短めに握るけど,でもみんなはスリークオーターのスイングをするときには間違いなくしなきゃいけない。そうすればコントロール性が高まるんだ。いつもより1番手大きいのを選んで,ふたつのことに集中すること。ひとつは,手を肩の高さまで上げること。それから,できるだけスムーズに振り下ろすこと。 *7

3. ムーンボール:ボールを前に,シャローなスイングで

f:id:golf103:20200827065559j:plain

アマチュアゴルファーにとって,アイアンショットで弾道を高くしようとすることには,ちょっと罠がある。っていうのも,よくある傾向として,手首を使ったスイングでボールを上げようとするから。だけどこのショットは,そうやって打つものじゃない。最初にするのは,アドレス時にボールを少しだけ左足寄りに置くこと。両足の真ん中と左足との中間に置くべきだ。でもそれ以上左足寄りにすると,薄い当たりになるリスクがある。 *8

次に,芝の上からボールを掃くような感覚でスイングをすること。鋭く打ち下ろすんじゃなくてね。ボールに向かってシャローに振れれば,クラブのロフト通りにボールに当たって,ショットの弾道を高くすることができる。勘違いしないでほしいのは,スリークオーターショットのときと同じように,胸を地面に向けたまま,ボールを潰すこと。ボールが飛んでいったあとに,いつもより少しだけ長くクラブヘッドが芝の上を這うような感覚かな。 *9

トリックはもうふたつある。ボールにアドレスしたら,ターゲットをできるだけ高く見上げること(左)。そうすると体は無意識的にそれに合わせたセットアップになる(背骨のティルトが大きくなる)。そしてスイングするときには,フィニッシュを高くすること(右)。この状態になるために,体は直感的にスイングを変えて,よりシャローな軌道を生むんだ。 *10

4. ローチェッカー:手首の動きを抑えて,ヒットにコミットする

f:id:golf103:20200827065620j:plain

どんなツアープロでもレパートリーに必要になるのは,ホール近くまで転がる低い弾道のアイアンショット。これをするにはものすごいスキルが必要になるんじゃないかと思うだろうけど,でも見かけほど難しくはないんだ。 *11

最初に,これは短いアプローチでのみ有効だということを理解する必要がある。それと,自分とホールとのあいだにフェアウェイとかグリーンとかがなきゃいけない。スピンで止まるまえに,少しだけ大きくボールが跳ねるからね。それからまた,いつもより長い番手を持つ必要がある。どれぐらいか? ちょっと実験が必要だろうけど,80ヤードからPWとか9番アイアンを使う感じじゃないかな。 *12

するべきスイングはとてもシンプルだ。ボールはスタンスのだいたい真ん中に置いて,手首の動きをできるだけ殺して大きなバックスイングをする(左)。それから打っていくんだけど,体の回転を使ってショットするんだ(右)。手の動きは抑えたままでね。 *13

必要になるのは,コミットメント。打ち過ぎちゃうんじゃないかって怖がって途中でスイングを止めると,低くて速い球が出ちゃう。ボールに向かってスムーズに加速すれば,弾丸のように飛んでいってフラッグを捉える球が出るよ。 *14

*1:Most golfers, amateur and pro, have a stock shot—a ball flight and trajectory they’re used to producing. It’s the one they rely on most. For example, I like a baby draw, seeing the ball start right of the target and curve back toward it. Without that shot, I’m nothing. That being said, you can’t get through most rounds hitting only one type of iron shot—especially when it’s windy. You need a variety to deal with various course conditions and hole locations.

*2:Golf Digest asked me what four I’d recommend as the most valuable for everyday golfers; the must-have shots. Selfishly, I picked my baby draw as one of them. Why? I haven’t seen too many draws that weren’t hit flush. When you need to get it to the hole, you could do worse. The other three I like are a three-quarter swing for control, a low spinner that checks up by the hole, and finally a high-trajectory shot. That’s the one you’ll probably use the least, but it’s great for holding firm greens and getting out of tree trouble. I will teach you the keys to hitting all four. If you can get confident with them, you’ll be able to get to more pins than you can with only one go-to shot. Let’s get started.

*3:Swinging into the ball from inside the target line comes naturally for me, but I know drawing it isn’t always easy. One reason is that many of you look at the course through a fader’s eyes. If you can’t visualize a draw shot shape, it’s going to be hard to hit one. Seeing the shape tends to make you unconsciously change your setup and swing to get the curve you want. That’s an easy swing change, right?

*4:OK, I know it’s not that easy. So here’s more help: First, play the ball back in your stance—no farther forward than centered between your feet. Then, as you reach the top of the backswing, feel like your hands drop before the club moves toward the ball (left). Combined with the ball position, this drop allows you to slot the club inside the target line and hit the ball on a path that’s moving outward. If the club is slightly closed in relation to that path at impact, the ball’s going to curve just the way you want it. See how my right arm is higher than my left in the follow-through (right)? That’s a good swing thought to get the clubface to close as you strike the ball.

*5:Normally I swing irons with about 90 percent of my maximum effort, but there are many times when I back off even further, sacrificing a little distance for better control of the ball. You’re going to want a shot like this when you’re inside 150 yards.

*6:Most people call this a three-quarter swing, but I think of it as my “hands-to-shoulder shot.” I take the club back until my hands are about the same height as my right shoulder (left). Then I swing down smoothly. The key is to be unhurried. You can’t whip the club back, and you certainly shouldn’t rush it down into the ball. Rhythm is so important to execute this shot because your timing is a little different than it is when you make a full swing.

*7:Another key? You’ve got to keep your chest down as the club strikes the ball and continues into the turf (right). That’s so important because you need to compress the ball to get all the yardage you can out of this shorter swing. I grip down on the handle on every shot, but you should certainly do it for a three-quarter swing. It will give you better control. Just use one club longer than normal and focus on two things: Take the club back until your hands are shoulder high, then swing down as smoothly as you can.

*8:Trying to raise the trajectory of an iron shot can be tricky for everyday players, because the natural tendency is to try to help the ball up with a wristy swing. But that’s not the way to hit this shot. The first thing is to address the ball a little farther forward. Play it halfway between the center of your stance and your front foot—but not any farther, or you risk thinning it.

*9:Next, you have to make a swing that feels more like you’re sweeping the ball off the turf; not hitting sharply down on it. A shallower angle into the ball lets you preserve much of the clubface’s loft to raise the shot’s trajectory. Don’t get me wrong, you still want to compress the ball with that same chest-down sensation of the three-quarter shot; just feel like your clubhead chases along the turf a little longer after the ball is gone.

*10:Here are two more tricks. Address the ball and then look down target as high as you can (left). Your body will subconsciously adjust to get in a better setup for a higher shot (more spine tilt). And when you swing, finish high (right). To get in this pose, your body will intuitively change your swing to create that shallower pass.

*11:A staple of any tour-pro’s repertoire is a low-flying iron shot that checks up near the hole. You might think it requires too much skill for you to pull off, but it’s not as hard as it might look.

*12:First, know that this is a good shot only for shorter approaches. Also, there has to be some fairway or green between you and the hole, because the ball will take a few big bounces before the spin stops it. You also need to use a club longer than normal to bring the shot down. Which club? It takes some experimentation, but I know guys who will use a pitching wedge or 9-iron from 80 yards out and get it to check.

*13:The swing you need to make is fairly simple. Play the ball roughly center in your stance, and make a wider backswing with very little wrist action (left). Then swing down and through using your body pivot to hit the shot (right). Again, keep your hands quiet.

*14:The one thing you need to do is commit. If you stop your swing short in fear of hitting it too far, the ball will come off low and hot. Smoothly accelerate through the ball, and watch it fly like a bullet and hunt down the flag.