Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

ダスティン・ジョンソンが完璧なプレーヤーになるまで|Golf Digest

f:id:golf103:20200827160308p:plain

僕ももう少しウェッジについて真剣に考えよう……そのうち……。

ソース

Dustin Johnson: Becoming A Complete Player | Instruction | Golf Digest by Dustin Johnson with Keely Levins, 24 August 2020

概要

みんな僕のドライバーについてよく話す。飛ばすのは楽しいし,ドライバーのおかげでコース上でいいポジションにいられるのは確かだし,2020年の The Northern Trust でもそうだった。トータル30アンダー,11打差で勝ったときにね。でもゴルフは,ティーショットでどれだけ飛ばせるかだけじゃない。スコアリングと勝利は,グリーンに近づくほどに多く起こる。3シーズンぐらい前に,僕はウェッジゲームの練習をもっとたくさん真面目にやらないといけないことに気づいたんだ。ショートゲームのおかげで,僕は完璧なプレーヤーになれた。気づいているかもしれないけど,僕はショートゲームに本当に注力しているんだ。 *1

僕の世界ランキングは過去5年間,つねにトップ10位以内とかそれぐらいにいたけど,でも世界ナンバーワンに戻るには,スコアリングクラブに対して真剣に取り組まなきゃいけないだろうことも知ってた。正直言って,数年前は,ウェッジプレーの練習なんて全然してなかったんだ。つまり,ウェッジショットは打つけど,確たる練習プランはなかったんだ。 *2

大きな改善が必要だったのは,距離のコントロール。系統だったウェッジの練習を心に抱くことはなかったんだ。75から150ヤードのあいだで,どんなスイングをすればどれぐらいボールが飛ぶか,まったく分からなかったんだ。文字通り,勘で打ってたんだ。それでもそこそこのプレーをしてたけど,でもまったくもって感覚だけでやってたんだ。 *3

それがガラッと変わったのはTrackManを買ってからで,それからキャリーの数字を記録しはじめたんだ。各番手でどれぐらい打つのかが分かってからは,飛距離のコントロールを改善するための体系を作り上げることができたんだ。やったのは,各ウェッジで4つのショットを身につけること。ハーフショットとスリークォーターとフルショット。4番目は特別な場合に使うショットで,これをマックスと呼んでいる。マックスってのは,ご想像の通り,できるだけハードに振ること。例えばマックスショットを使うのは,追い風でピンのすぐ手前にバンカーがあったりする場合。サンドウェッジでマン振りすれば,ものすごい高い球でホール近くに球を止められるからね。 *4

f:id:golf103:20200827160325p:plain

この体系があるってことは,あらゆる距離にウェッジで対応できるっていうこと。例えばロブウェッジでハーフスイングをすれば,85ヤード飛ぶ。スリークォーターなら95ヤード。フルショットなら105ヤードだ。そこからピッチングウェッジまで,番手がひとつ上がるごとにそれぞれ10ヤードずつ増えていく。 *5

f:id:golf103:20200827160342p:plain

パー5でレイアップするときとか短いパー4をプレーするとき,そのどれかの距離が残るようにプレーするんだ。それでだいたい上手くいくね。2015年,100-125ヤードからのショットの精度はツアーで108位だった。2017年までにそのカテゴリーで9位に入れて,世界ランキングも初めて1位になった。その体系を持つことでウェッジショットに自信を持つことができたし,自分のスイングについても勉強になったよ。 *6

飛距離のコントロールで問題があるとき,それはシステムの問題じゃないことを知ってる。じゃなくて,スイングで何かがおかしいんだ。僕のよくあるミスは,ボールが低く出すぎて飛びすぎること。そういうのが起こるのは,インパクトでハンドファーストが強すぎるときだっていうのを知ってる。だからそういうことが起こりはじめたときは,手の位置が前に出すぎないようにして,クラブヘッドをリリースする。あとは,スティープになりすぎて,思ったような弾道が打てないときもある。そういうときは入射角を緩やかにするようにするんだ。 *7

面白いのはさ,ウェッジショットに取り組んだおかげで,ロングゲームにもいい影響があったっていうこと。自分のメカニクスがもっと分かるようになって,調子が悪い時でも何が起こってるのかに気づけるようになったんだ。それから,ショートゲームに自信が持てるから,もっと自由にプレーできるようになったね。 *8

読者にアドバイス? 練習場に行って,ウェッジの飛距離を調整することかな。ラウンド中に120ヤード以内からどれだけショットを打っているか,考えてみればいい。ピンハイに打ち続ければ,危険なプレーヤーになれるさ。 *9

*1:People talk about my driver a lot. It's fun to hit it far, and my driver does put me in a lot of good positions on the course, as it did at the 2020 Northern Trust, where I won by 11 shots after shooting 30-under over four rounds. But golf isn't just about how far you can hit it off the tee. Scoring and winning tournaments happens a lot closer to the green. About three seasons ago, I realized I needed to take my wedge-game practice a lot more seriously. My short game has made me a complete player. As you might've noticed, I've really focused on that part of my game.

*2:My world ranking has consistently been in the top 10 or so for the past five years, but I knew returning to No. 1 in the world would require serious commitment to my scoring clubs. Honestly, before a few years ago, I never practiced my wedge play. I mean, I'd hit wedge shots, but I never had a set practice plan.

*3:The thing I needed to improve a lot was distance control. I'd never structured my practices with wedges in mind. I never really knew how far the ball would go with different swings in that 75-to-150-yard range. Literally, I would just guess. I was still fairly decent, but playing completely by feel.

*4:That all changed when I bought a TrackMan and started charting my carry numbers. Once I knew how far I was hitting these clubs, I was able to come up with a system to improve my distance control. What I did was break it down to four shots for each of my wedges. I've got a half shot, a three-quarter shot and a stock full shot. The fourth I use only in special cases—I call it a max. For the max, you probably guessed, I just swing as hard as I can. For example, I'll use it for a tucked pin, downwind. I know that if I smoke a sand wedge, I can hit it really high and drop it close to the hole.

*5:Having this system means that I now have a club and swing for virtually any wedge distance. For example, my lob wedge goes 85 yards if I use my half swing, 95 for my three-quarter swing, and stock is 105. Those numbers keep going up by 10 yards all the way up through my pitching wedge.

*6:When I'm laying up on a par 5 or playing a short par 4, I hit shots that will leave me one of those yardages. It pays off almost every time. In 2015, I was ranked 108th in proximity to the hole from 100 to 125 yards. By 2017, I moved up to ninth in the category and became the No. 1 player in the world ranking (for the first time). My system has really helped my confidence with these shots, and it's helped me learn more about my swing.

*7:If I'm having trouble controlling distances, I know it's not the system's fault; there's something off in my swing. My usual miss is the ball coming out too low and going too far. I've learned that shot happens when I get my hands and the handle leaning too much toward the target at impact. So if I start seeing the ball come out hot, I know I have to keep my hands back and let the clubhead release. Other times, I get too steep with my swing. and I can't get the ball to do what I want, so I work on shallowing my angle of attack.

*8:Funny thing is, all this work on my wedges has helped my long game, too. I understand more about my mechanics and have become more aware of what's happening when things are a little off. It's also helped me play more freely, because I know my short game will deliver.

*9:My advice? Go to the range and work on dialing in your wedge yardages. Think of how many shots each round you have inside of 120 yards. Get most of them pin-high, and you're going to be dangerous.