GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア。とうそぶいていたものの,レッスンうけてスイングが良くなったらスコアへの欲が復活しました。

SLDRミニドライバーは4月発売? ミケルソンの新兵器など,ドライビングFWのトレンド

最近興味津々すぎる「ドライビングFW」だけど,USのGolfDigestのサイトにいろいろニュースが載っていた:

New driver on tour: The 3-wood // Golf Digest
http://www.golfdigest.com/golf-equipment/blogs/hotlist365/2014/03/new-driver-on-tour-the-3-wood.html

「逃げるが勝ち」ともいえる,ティーショットでのFWの使用は,ツアーでは増加傾向にあり,その増加傾向にある市場に応えるべく,新製品が続々と登場しつつある。PING,テーラーメイド,そしてキャロウェイの3社は,ティーインググラウンドでのショットを一義的な使用目的とした,新製品あるいはニューモデルのFWを発表している。

「それは以前よりも多くツアーで目にするトレンドです」と,キャロウェイのプロダクトパフォーマンス部門のシニアマネージャー,Evan Gibbs は言う。「それは長さの問題であったり,ショットの安定性の問題であったり,あるいは打ちたいショットのイメージの問題だったりする。あるプレーヤーは,ドライバーよりFWの方が,ショットをコントロールしやすいと言い,ホールの形状からの影響もあるという」。

確かに,フィル・ミケルソンは,ドライバー抜きでゴルフコースを攻略するというアイデアを気付き,昨年の全英オープン優勝の立役者となったオーバーサイズの3W(キャロウェイの X Hot 3-Deep)は,人々の注目を集めた。しかしこれは,ミケルソン以前にも多くのプレーヤーによって実践されたことだった。もっとも有名なのは,もちろん,かの有名な「スティンガー」ティーショット。ウッズは2006年の全英オープンで優勝したときに,ドライバーはたった1回しか打たなかった。タイガーは昨年のプレーヤーズ選手権で優勝した際も,最終ホールで5wでのティーショットをフェアウェイの真ん中に打った。

ツアープレーヤーのあいだで,昔に比べてFWがティーショットで使われるようになったかどうかについてのデータがあるわけではないが,統計的に面白いデータがあって,それは2013年のドライビングディスタンスの平均は,2004年以降で最も小さい(短い)数字になっているということだ。さらに,2013年のPGAツアーにおいて,300ヤード超のショットのパーセンテージ(20.6%)は,この10年でもっとも少ないものとなった。しかしこの数値は今年のいまのところ,上昇している。

ミケルソンは現在,バージョンアップした X2 Hot 2-Deep を使っている。これは,キャロウェイが出したティーショット用FWのひとつで,他には 3-Deep や 5-Deep がある。すべてのモデルで Carpenter 455 steel カップフェースデザインが採用され,通常の X2 Hot Pro FW に比べてクラブフェースが厚くなっている。203cc の 2-Deep はほとんどティーショット目的だが,他のロフトはもう少し芝の上からも使えるように設計されている。フラットなロール半径はフェースの下の方でインパクトしやすいように設計され,スピン量を増やす。しかし,これはやはり,おおむねティーショット用に設計されている。

f:id:golf103:20180109011647j:plain

「この利点のひとつは,アドレス時に信頼感を与えてくれるというビジュアル面にある」と,Gibbs は言う。「多くのプレーヤーは,ティーショット時に超シャローなフェースを目にすると,寛容性があるようには見えないと思う。それと,多くのシャローフェースな3wでは,フェースの上の方で打つと,ボールの初速が少し下がり,ディープフェースのFWに比べて打ち出しの諸条件は一気に変化しうる。ディープフェースだと,ボールの初速を落とさないようなインパクトのエリアが少し広がる」。

テーラーメイドのSLDRドライバーは,現在のPGAツアーで使用率ナンバーワンであろうが,新しいSLDRミニドライバーは,すでにいくつかの大会で使用され,USGAのドライバー適合リストに加えられている。体積が約250ccでロフトが12度のミニドライバーは,来月にも市場に出ると見込まれている。WGCキャデラック選手権で初披露された。

f:id:golf103:20180109011701j:plain

PINGのラプチュアー3ウッドは,素材にチタンが加えられた唯一のモデルだ。体積は約220ccのラプチュアーは,現在最も大きい G25 の3W より,約3分の1大きい。13度のロフトのみ用意されており,明らかに「ドライバーの代役」という位置づけだ。値段は450ドル。

f:id:golf103:20180109011708j:plain

ミケルソンは,現在のフェアウェイウッドに注がれているテクノロジーは,彼をより良いプレーヤーにしていると言う。より寛容性が増してヘッドが大型化しているが,低重心,かつあるケースでは浅重心により,打ち出し角を高めながらスピン量は減らしている。「3番ウッドが,ドライバーのようなパフォーマンスをしてくれる」と,ミケルソンは言う。「ティーショットで飛距離が出せるだけでなく,ストレートに打ちやすくなっている」。ミケルソンやその他多くのツアープレーヤーにとって,ストレートに打つことは重要事項になってきている。大きな大会では,より重要になっているようだと,ミケルソンは言う。

「3番ウッドのテクノロジーによって,私の2013年シーズンは驚異的なものになった」と,ミケルソン。「メジャーでは特にそうだね。ドライバーが特に必要というわけではないので。285ヤードより先は,例えば,多くのフェアウェイは幅が絞られて,曲がり始める。それより先には打つ必要がないから,ドライバーを手にしなくなる。だから,去年の夏とメジャーではドライバー抜きで戦えたし,非常に効果的にプレーできた。それも,3Wでのティーショットが上手くいったからだ」。

3番ウッドは新しいドライバーなのか? かもしれない。しかし,実際には,より薄いフェースで,軽く,飛距離が出るようになった,かつてのドライバーの焼き直しといったところかもしれない。1991年,最初のオーバーサイズドライバー,キャロウェイのビッグバーサを思い出してほしい。体積は190ccで,長さは43インチだったのだ。つまり,現在の新種FWより小さくて短かったのだよ。