Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア。興味本位で TPI Level 1 Certified

3週間ぶりのラウンド!|佐原カントリークラブ

前に書いたとおり,練習のしすぎで右脇腹を激しく痛め(たぶん肋骨のあいだの筋肉の肉離れだと思う),しばらく安静にしていたのですが,今日3週間ぶりのラウンドとなりました。場所は,アコーディア系列の佐原カントリークラブ

f:id:golf103:20180107051937j:plain
13H,半島グリーン

コースの印象としては,

  • まず高速を降りてから近いのがいい。(都心から1時間半)
  • 昼過ぎから,近くの牛舎の芳しい臭いがしてきた。
  • 高低差ないですね。全体的にフラットで,ストレート。
  • 白ティと赤ティの距離の差がけっこうあった。女性に優しいコースかも。
  • ショートパー4ホールのグリーンは,他のパー4ホールに比べて傾斜やアンジュレーションが比較的きつく,難易度が増しているように思った。グリーンの大きさはどのホールもおしなべて大きかった。
  • フェアウェイバンカーはないわけではないが,印象に残っていない。という意味ではハザード性・戦略性の薄いフェアウェイバンカーである。
  • 9番と18番のクロスの池越えホールは,やっぱりトリッキーで難しい。ティーショットで池を越えたとしても,左手に池が続く9番は基本的につま先上がり,右手に池が続く18番は基本的につま先下がりのライになりやすいので,最後までウォーターハザードが気になる。そしてこの9番と18番だけスルー・ザ・グリーンにアンジュレーションがあり,違和感を抱く。
  • 7番,ティーショットが谷越えのPar4ホールはトリッキー。ティーインググラウンドから前が木で視界が狭められている上に,フェアウェイの右には大きな窪地,さらにはフェアウェイに回りこむように右からグリーン手前まで池,グリーン手前のガードバンカーはアゴが高い。振り返ってみると,ティーショットはFWで方向性を重視し,2打目はミドルアイアンでグリーン奥目を狙うという攻めもアリだったのではないかと思う。

f:id:golf103:20180107051951j:plain
18H,池越えのティーショット。右は9Hのフェアウェイ

f:id:golf103:20180107052011j:plain
微風で晴れ。絶好のゴルフ日和でした

f:id:golf103:20180107052029j:plain
グリーンはスティンプメーター9ft

個人的なラウンドの記録として,

  • ドライバーは,テーラーメイドから3泊4日でレンタルしたSLDR 430 TP(ロフト11度)をメインで使用(最初のホールだけ Inpres X 4.6D)。球は思ったより上がる。打球の滞空時間がいつもより長いように感じられた。横への曲がりもいつもより少なく感じられた。純正シャフトもいい感じ。ただ,あいかわらず打ち方が悪く,球がつかまらない。
  • テーラーメイドVスチールの5wを初めてフェアウェイから打つ。USモデルで,シャフトは純正のR。簡単に球があがるし,飛距離もそこそこ出てくれる。わざわざリシャフトする必要もないという感触を得た。
  • アイアンは概ね順調。バンプからのリストターンで,ドローボールが打てている。たまにひっかけて低いフックになるけど。パー3ホールで3つのパーがとれたのが収穫。
  • ショートアイアンからウェッジのフルショットでは,大きなミスはなかった。
  • とはいえ今日はショートゲームが最悪。特にPWでのピッチ&ランでは,球が右に出るミスを連発。
  • パット数は40。その前のアプローチショットの距離感の問題でもあるんだけど,引っ掛け気味に打ってショートパットを左に外すケースがいくつかあった。ちゃんとマークしてボールのラインを合わせないとダメですな(最近面倒でやらないことが多い)。

今日のクラブセッティングは,

  • ドライバー|TaylorMade SLDR 430 TP (11°)|シャフト 純正 S
  • ドライバー|YAMAHA Inpres X 4.6D (10.5°)|シャフト Tour AD PT 6 S(2ホールだけ使用)
  • FW|TaylorMade Vスチール USモデル (18°)|シャフト 純正 R
  • アイアン|Mizuno MP-64 (3−PW)|シャフト True Temper Dynamic Gold CPT S200
  • ウェッジ|Titleist Vokey SM4 (52°, 56°)|シャフト True Temper Dynamic Gold S200
  • パター|Ping ANSER 5|33"

でした。