Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

ナイキゴルフの名器10選|Golf Monthly

f:id:golf103:20200729050836j:plain

イギリスのゴルフ雑誌「Golf Monthly」が選ぶ「10 Best Nike Golf Clubs」だそうです。ラインナップはこんなもんかと思いつつ,それぞれの文章が凡庸というか,アメリカの媒体だったらもっと盛って書くだろうになぁ,という感じは否めません。

ウェッジがひとつぐらい入っていてもいい気がするんだが…,ないな。

ソース

The 10 Best Nike Golf Clubs Ever Made - Golf Monthly by Joel Tadman, 9 August 2016

拙訳

ナイキがゴルフ用具のビジネスから撤退するという衝撃的なニュースを目にして,私たちはナイキゴルフが始まった1998年からこれまで作られたプロダクトの中から,お気に入りのものをピックアップした。 *1

タイガー・ウッズが1996年に5年間4千万ドルという記録的な契約をしたとき,ナイキはゴルフ業界においては新参者だった。その契約は,1980年代からゴルフシューズとアパレルを製造してきたナイキの,ギアビジネスに対する宣戦布告だった。 *2

ナイキのクラブは,初期の頃にはいくつかのジャブを受けた。有名なのは,タイガーが「しょぼいギア」を使っていると主張したフィル・ミケルソンからのものだった。しかしウッズは,2000年に Tour Accuracy TW ボールに変えてからメジャーを4連勝し,ナイキのドライバーに変更したあと,同じ年にマスターズとUSオープンで優勝した30年ぶりのプレーヤーになった。ナイキアイアンに切り替えた週にはアイルランドでの世界ゴルフ選手権で優勝した。ナイキのギアがタイガーの活躍を妨げているようには見えなかった。 *3

ナイキが最後にリリースした Vapor Fly シリーズは,競合に引けを取らない確かなパフォーマンスを見せていた。ギアビジネスにいた14年間のあいだ,ナイキブランドはたしかに名器を生み出した。ここに,その中からトップ10を紹介する。 *4

Nike VR TW Pro blades – 2008

f:id:golf103:20200729153854j:plain

タイガー・ウッズがこのアイアンの開発を手伝って,彼が5年間にわたって使ったブレードアイアンの後継モデルとなった。重心がウッズのスペックに配置され,コントロールとショットシェイピング性が増した。形状は少し手を加えられ,オリジナルのブレードアイアンよりトウが厚くなった。それは多くのゴルファーに歓迎された。 *5

Nike Vapor Fly driver – 2016

一線を画するボールドブルーのクラウンと,ライムイエローの Compression Channel。Nike Vapor Fly ドライバーは,3つのテクノロジーでもって,打ち出し角と飛距離と寛容性を高め,スピン量を減らした。軽量化されたクラウンによって低重心化ができ,さらに慣性モーメントが高められて,高打ち出し・低スピン・さらなる寛容性が実現できた。 *6

f:id:golf103:20200729153926j:plain

それ以外の新機能は,HyperFlightフェース。周辺部分の厚さを落とすことで,オフセンターヒット時のスピードのロスを最小化する。前のモデルのドライバーで見られた Compression Channel は再設計され,トランポリン効果によってミスヒットのパフォーマンスが高められた。 *7

Nike Precision Tour Accuracy TW ball – 2001

f:id:golf103:20200729153952j:plain

このボールは2000年にかなりの騒動を引き起こした。タイガー・ウッズが試合で使った Tour Accuracy TW ボールが,彼がナイキの広告で宣伝して一般向けに販売されたボールと違うことが分かったときには。タイガーのバージョンのコアとカバーはそれぞれわずか5%硬く,彼のスイングスピードに合わせて低弾道・低スピンボールとなるようになっている。マス市場向けの Tour Accuracy ボールは,糸巻きdえはないウレタンカバーのボールで,Dynafuseの射出成形技術を採用したものだった。 *8

Nike VR Forged Pro Combo irons – 2013

f:id:golf103:20200729154022j:plain

ブレードに見た目が似て,同じような打感と飛距離コントロール性があるけれど,寛容性が遥かに高い。間違いなく,ナイキの中では中級アマチュア向けのベストなコンボセットであり,3番から6番まではポケットキャビティを採用,ナイキが「ショットメイキング・ジェル」と呼ぶポリマーを埋め込むとともに,7番からPWまではスプリットキャビティで,ショットの正確性にフォーカスした。高頻度のX3X溝は,スピン量を最適化するよう設計されている。 *9

Nike VR_S Covert driver – 2013

f:id:golf103:20200729154258p:plain

業界で初めて,ドライバーのソールの後部中央が削り取られ,重量をヘッド周辺部に配置することで寛容性を高めるとともに,重心をクラブフェース寄りにすることでスピン量を減らした。ゴルファーが求めるような打感は得られないが,後継モデルではこの点が改良され,上記の Vapor Fly ドライバーに繋がる。2つのバージョンが出され,上の写真はTourバージョンのもの。 *10

Nike Method putter original – 2010

f:id:golf103:20200729154335j:plain

このパターあナイキのツアースタッフがすぐに採用した。というのも,採用された新しいポリメタルグルーブテクノロジーが,トップスピンと正確性を増すと言われたから。ヒールとトウに埋め込まれたトータル30グラムのタングステンウェイトは,慣性モーメントを高めてよりヘッドを安定させる。長い間マキロイのバッグに入っている最新の Method Origin パターにも,このグルーブが採用されている. *11

Nike T40 fairway wood – 2005

f:id:golf103:20200729154403j:plain

当時最先端のフェアウェイウッド。40グラムのタングステンがクラブヘッドの内側に埋め込まれ,重心を下げるとともに打ち出し角を高めた。40グラムというのは,他のメーカーが当時使っていたものより遥かに重かったのだ。 *12

Nike Ignite driver – 2004

f:id:golf103:20200729154719j:plain

初期のタイガー・ウッズが使っていたもので,NexTiチタンフェースを採用し,それはナイキいわく,それまで作られた中で最も初速が出て強度のあるチタンだった。NexTiフェース素材はヘッド工程に影響を及ぼし,それによってCORが拡大し,バネ効果が得られた。このドライバーのオリジナルバージョンは,現在の規制では非公認の高反発で,それほど初速が出たのだ。 *13

Nike RZN balls – 2011

f:id:golf103:20200729154438j:plain

ナイキのエンジニアが2011年に発見したのが,ゴム以外の素材でそれ以上のパフォーマンスが得られるコアを作れるかもしれないということ。その素材はRZNと呼ばれ,他のナイキのプロダクトカテゴリー(ドライバーなど)にも採用されるようになった。2016年には4種類のRZNボールが発売され,RZN Tour Platinum と Tour Black はスイングスピードが速いゴルファー向け,Speed White と Speed Red は遅いゴルファー向けとなっている。2016年の Nike RZN ボールのコアにはまた Speedlock というパターンが採用され,これでレイヤーが滑るのを防ぎ,インパクト時のボールの潰れをよりパワフルにすることで,ミスヒット時の飛距離を伸ばしている。 *14

Nike Vapor Fly Pro irons – 2016

f:id:golf103:20200729154517j:plain

Vapor Fly アイアンよりコンパクトなこの Vapor Fly Pro アイアンは,ブラックPVD仕上げで,中上級をターゲットにしている。モダンマッスルデザインを採用し,重心をフェースの真ん中に持ってきて,安定性とインパクト時の打感を向上させている。この形状とサイズが意味するのは,伝統的な初級者向けアイアンより操作性が高いということ。RZN素材を用いて低深重心化をはかって弾道を高めるとともに,着弾角を大きくしてボールを止まりやすくしている。 *15

*1:Following the dramatic news that Nike is to step away from club and ball making business, we pick out our favourite pieces of Nike golf equipment since the company first started making them back in 1998.

*2:Nike was a relative newcomer to golf when it signed Tiger Woods in 1996 for a record $40m, five-year endorsement deal and his ‘Hello world’ line became world famous. It signalled the brand’s intent to move into hard goods, having already made golf shoes and apparel since the 1980s.

*3:Nike’s clubs received some stick in their early years, famously from Phil Mickelson who claimed Tiger was using ‘inferior equipment’. But Woods won four straight majors after changing to the Tour Accuracy TW ball in 2000, became the first player in 30 years to win the Masters and U.S. Open in the same year after changing to a Nike driver; and won a World Golf Championship in Ireland the week he switched to Nike irons. It wouldn’t appear his Nike equipment was holding him back.

*4:The last ever Nike club launch, the Vapor Fly range, was a solid performer as good as anything else out there. During its 14-year tenure in the golf industry, the Nike brand created some excellent golf equipment. Here are 10 of the best Nike products ever made.

*5:Tiger Woods helped create this set that replaced the Nike blades he had used for over five years. The centre of gravity was positioned to Woods’ specs to provide added control and to aid shot shaping. The set has a slightly modified shape and thicker toe than the original Nike blade, which was well received by golfers.

*6:Distinguished by its bold blue crown with Volt color in the Compression Channel, the Nike Vapor Fly driver has three key technologies that are said to increase launch, distance and forgiveness while reducing spin. A lighter crown resulted in a lower center of gravity and higher MOI for higher launch, less spin and more forgiveness.

*7:Another new feature is the HyperFlight face, which has been thinned out around the perimeter to minimize ball speed loss on off-centre hits. The Compression Channel seen on previous drivers has been re-engineered, creating a springboard effect to amplify performance on miss-hits.

*8:This ball caused quite a stir in 2000 when it was revealed the Tour Accuracy TW ball Tiger Woods used in competition was different to the version he promoted in Nike advertisements that was on sale to the public. His version had a core and cover that was each 5 per cent firmer for a slightly lower ball flight with slightly less spin for his faster swing speed. The mass market Tour Accuracy ball was a non-wound, urethane covered ball that featured Dynafuse injection moulded technology.

*9:They looked like blades and offered similar feel and distance control, but with much more forgiveness built in. Arguably Nike’s best amateur better player combo set, the 3, 4, 5 and 6-irons featured a pocket cavity filled with a polymer Nike called ‘shot-making gel’ while the shorter clubs, from 7-iron through to pitching wedge, have split cavities, with the focus on shot precision. High-frequency X3X grooves were designed to provide optimal spin.

*10:In an industry first, the back-middle section of this driver’s sole was removed in an effort to increase perimeter weighting for forgiveness and position the CG more forwards to reduce spin. It didn’t quite provide the feel golfers demanded but subsequent versions improved on this, right up to the Nike Vapor Fly driver launched earlier this year. It came in two versions, including the Tour version pictured above.

*11:This putter was quickly adopted by Nike’s tour staff. That’s because it featured new polymetal groove technology said to provide a faster forward roll and improved accuracy. Tungsten weights in the heel and toe (totalling 30 grams) increased MOI for a more stable head. The grooves also feature on the latest Nike Method Origin putter, which has been in Rory McIlroy’s bag for a while.

*12:This was a cutting-edge fairway wood at the time because it featured a 40g tungsten plug inside the clubhead to lower the centre of gravity (CG) and increase the launch angle, which was much more tungsten than other manufacturers were using at the time.

*13:As used by Tiger Woods in his early days, this driver featured a NexTi Titanium Face which Nike claimed was the hottest and strongest titanium ever created. The NexTi face material allows for a head construction that results in an extremely wide COR or spring like effect. The original version of this driver would now be non-conforming to the rules of golf, it was that hot.

*14:Nike engineers first discovered in 2011 that they could make a ball core material that performed better than rubber. It was called RZN and went on to feature across many other different Nike product categories, including drivers. There are now four different RZN balls in 2016, the RZN Tour Platinum and RZN Tour Black for fast swingers and the RZN Speed White and RZN Speed Red for slower swing speeds. The core on the 2016 Nike RZN golf balls also has a Speedlock pattern that stop the balls’ layers slipping so they can compress more powerfully at impact, for more distance on mishit shots where you strike the ball with a glancing blow.

*15:More compact than the Nike Vapor Fly irons, the progressive Vapor Fly Pro irons have a black PVD finish aimed at both game improvers and better players. The set features a modern muscle design that positions the centre of gravity (CG) in the middle of the face for added stability and a better feel at impact. It’s shape and size means it offers more workability than a traditional game improvement iron. The use of RZN material creates lower and deeper weighting that encourages a higher launch, and in turn, a steeper descent angle to help shots stop quicker. This iron also features in our 10 of the best compact mid handicap irons of 2016.