Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

ナイキゴルフの名器10選|GolfWRX

こないだは Golf Monthly の10選でしたが *1,これはGolfWRXもの。被ってるのは Tour Accuracy だけかな。

f:id:golf103:20200731053909j:plain

ソース

Top 10: The Best Nike Golf Equipment Ever Made – GolfWRX by GolfWRX Staff, 10 August 2016

拙訳

ナイキのゴルフ用品は,同社のゴルフシューズやアパレルと同じように大衆にアピールすることはなかったため,クラブ・ボール・バッグの生産を中止し,ソフトグッズに注力することを決定した。商売上は成功しなかったとしても,ナイキが優れたゴルフ用品を製造しなかったわけではない。 *2

ナイキは1998年に最初のゴルフボールであるPrecisionラインを発売した。最初のゴルフクラブが発売されたのが2002年。GolfWRXのスタッフは思い出の道を歩み,これまで生産されたすべてのナイキゴルフ用品を思い出しました。ここに,私たちが選ぶナイキ史上最高のプロダクトを紹介する。 *3

SQ Sumo2 Driver

f:id:golf103:20200731053146j:plain

SQ Sumo2は,ナイキ史上最も賛否両論を呼んだクラブのひとつだった。リリースは2006年。ドライバーの慣性モーメントに対する業界のこだわりがピークに達していたとき,SQ Sumo2は,複合クラウンと正方形のヘッド形状でもって,ドライバーヘッドの後ろの角に重量を押し込み,オフセンターヒット時の許容度を高めた。 *4

その甲高い打音が最もよく知られる SQ Sumo2。それはまるで,金属バットのようだった。後のバージョン SQ Sumo2 5900 は,慣性モーメントを5900にまで高めながら,打音と打感を向上させた。 *5

VR X3X Toe Sweep Wedge

f:id:golf103:20200731053226j:plain

どのウェッジも同じ見た目だと思ってないかい? ナイキの Toe Sweep ウェッジは違う。伝説的なナイキのクラブメーカー,マイク・テイラーの発案で,2014年に発売されたものだ。 *6

VR X3X は,ウェッジのヒールが長いラフに「つっかかる」という,古くからの問題を解決しようとした。テイラーのソリューションは,ヒール側にほとんど質量がないソールを作成することだった。これにより,フェースを開いたショットも簡単になった。ロリー・マキロイとジョナサン・ベガスは,このウェッジを使ってツアーで優勝した。 *7

Split Cavity Prototype Irons

f:id:golf103:20200731053258j:plain

このアイアンは市販こそされなかったものの,複数のナイキツアープレーヤーが使い,そして私たちにとって特別な意味合いを持っている。私たちのファウンダーは2005年,GolfWRXが創設された年ににトレボー・イメルマンのセットを手に入れ,以来この三浦が作ったプロトタイプの話をやめることがなかった。 *8

当時,この Split Cavities はすべてのキャビティバックアイアンが満たすべきスタンダードだった。クリーンなシェイプで,インパクト時はバターのようにやわらかく,ターフの抜けも最高。有名なフォージドキャビティバックアイアンがいくつかそのあとに続いたが,そこには最近の VR Forged Pro Combo も含まれている。 *9

Vapor Flex 440

f:id:golf103:20200731053348p:plain

ギア中毒者にとって,ゴルフ用品部門を閉鎖するナイキの決定の最悪の部分は,最後のドライバーである Vapor Flex 440 で示した約束にあった。 *10

メタルウッド用にCovert設計プラットフォームに切り替えて以来,ナイキは低スピンドライバーの領域での競争に苦労した。Vapor Flex 440(2016年にリリース)は違った。クラブヘッドの60%は,ナイキ独自のカーボンファイバー強化RZN素材で作られており,軽量化によってパフォーマンスが向上した。 *11

いくつかの情報源によれば,ナイキの2017年のドライバーラインはRZN製造に強く負っており,ナイキ史上比類ないほどベストなパフォーマンスのものだった。もしそれが真実なら,あまりに軽微で遅きに失している。 *12

VR_S Forged Irons

f:id:golf103:20200731053454j:plain

VR_S Forged アイアンは,日本で大成功をおさめたあとにアメリカでリリースされた。初級者から中級者をターゲットにしたものであったが,上級者にも注目され,同時に多くのPGAツアープレーヤー(タイガー・ウッズも含む)がロングアイアンの替わりとして使った。 *13

VR_S Forgedの成功の鍵は,2ピースの鍛造構造だった。これは,1025炭素鋼のフレームワークとボディに溶接された薄いクラブフェースを融合し,ボールの速度と寛容性を改善した。ボテッとしているものの,アイアンはルックスも打感もプレミアムで,純正シャフトとして日本シャフトのアフターマーケット用950GHシャフトを使用して,999ドルの価格に付加価値を付けた。2012年にリリースされた初級者アイアンの中で,ベストなもののひとつだった。 *14

VR Tour Driver

f:id:golf103:20200731053534j:plain

スロットがゴルフクラブで一般的に見られるようになる何年も前に,ナイキはクラブフェースの後ろに「Compression Channel」と呼ばれるものを備えたメタルウッドのラインをリリースした。いわくそれは,クラブフェース,特にその底部の柔軟性を増すことで,スイートスポットのサイズを拡大させた。 *15

Compression Channel は多くのモデルで用いられたが,ナイキが2010年にリリースした VR (Victory Red) Tour ドライバーは,その中のベストだといえるだろう。その証拠として3週間前,ジョナサン・ベガスが6年前のモデルとなるこれを使って,RBC Canadian Open で優勝したのだ。 *16

VR Tour の体積は420ccで,クラシカルな洋ナシ型の形状をしており,アライメントのお助けマークはない。美の極致だった。 *17

Method 006 (Rory McIlroy’s putter)

f:id:golf103:20200731053609j:plain

GolfWRXフォーラムで発生した「#releasetheputter」のムーブメントを覚えているだろうか? ナイキゴルフ内の複数の情報筋は,GolfWRXの連中がいなければ,ロリー・マキロイのレプリカMethodパターがリリースされることはなかったと語っている。やったね。 *18

小売店で販売されているほとんどの上級者向けクラブはPGAツアープレーヤーに触発されている,といういのが事実だが,地球上で最高のゴルファーのひとりのスペックに正確に合わせて設計されたゴルフクラブを手に入れることは稀だ。それが Method 006 の場合だった。これは,ナイキの有名なパター設計者であり Method テクノロジーの生みの親であるデビッド・フランクリンが,ロリー・マキロイと共同した結果だった。 *19

2015年に発売された限定版のオーナーには,ロリー・マキロイのメジャー3勝目と4勝目,つまり2014年の全英とPGAで使ったときのフラットスティックのカーボンコピーが渡された。 *20

Forged Blades

f:id:golf103:20200731053639j:plain

2003年,ナイキは最初のブレードアイアンのセットをリリースした。多くの人にとって,これは今まで生産された中で最も美しいブレードだ。単に「Forged Blade」と名付けられ,その後のナイキアイアンで使用されるロゴや色が邪魔することもなかった。 *21

Forged Blade は,デイビッド・デュバルの唯一のメジャータイトル,Royal Lytham & St Annes で開催された2001年の全英で使われた。 *22

Slingshot Irons

f:id:golf103:20200731053713j:plain

2003年にリリースされたSlingshotアイアンは,ナイキ史上最も商業的に成功したアイアンモデルであっただけでなく,おそらくこれまでで最もクールな初級者用アイアンのひとつでもある。 *23

このアイアンは,中空ボディのアイアンの空洞を横切って伸びるパチンコ風の「ブリッジ」を特徴としていた。それは周辺に重量を配分し,低深重心を実現することで,高い弾道のショットを生み出した。薄くて丈夫な「冷間圧延」された455ステンレス鋼クラブフェースも,距離を伸ばすために追加された。 *24

デザインは素晴らしく,名前の完璧,そしてパフォーマンスは印象的。これはナイキのチーフクラブデザイナー,トム・スタイツの金字塔だった。 *25

Tour Accuracy Golf Balls

f:id:golf103:20200729153952j:plain

ゴルフの世界では,2000年はタイガーウッズの最高のゴルフの代名詞である。その年の6月に,タイガーは最も印象的な偉業を達成しました。ペブルビーチでの全米オープンで,15打差の優勝。そしてそのあとのメジャーで3連勝した。 *26

彼のパフォーマンスを後押ししたのは,新しいゴルフボール Tour Accuracy だった。ソリッドゴムのコアボールは,ウッズに飛距離のアドバンテージを提供したと主張されている。そしてまた,Titleist初のソリッドゴムのコアゴルフボール Pro V1 のリリースを促進したとも言われている。 *27

先週Twitterで,タイガー・ウッズは Tour Accuracy は「糸巻きボールに引導を渡した」と述べている。議論の余地はそこにない。 *28

*1:ナイキゴルフの名器10選|Golf Monthly - Linkslover

*2:Nike’s golf equipment never appealed to the masses in the same way as the company’s golf shoes and apparel, leading to the company’s decision to discontinue its production of clubs, balls and bags and focus on soft goods. Its lack of retail success, however, does not mean that Nike didn’t produce excellent golf equipment.

*3:Nike launched its first golf balls, the Precision line, in 1998. Its first line of golf clubs came in 2002. Our staff took a trip down memory lane to remember all the Nike golf equipment produced between then and now. Here’s our list of the best golf equipment Nike ever made.

*4:Nike’s SQ Sumo2 was one of the most polarizing clubs in company history. Released in 2006 — the height of the industry’s obsession with high-MOI drivers — the SQ Sumo2 used a composite crown and a square head shape to push weight to the back corners of the driver head for added forgiveness on off-center hits.

*5:The SQ Sumo2 was best known for its loud, high-pitched sound, which rang like an aluminum baseball bat at impact. A later version, Nike SQ Sumo2 5900, increased MOI to 5900, while improving sound and feel.

*6:All wedges pretty much look the same, right? Not Nike’s Toe Sweep wedge, the brainchild of legendary Nike club maker Mike Taylor that was released in 2014.

*7:The VR X3X attempted to solve the age-old problem of the heel of the wedge getting “stuck” on shots from long grass. Taylor’s solution was to create wedge soles with hardly any mass on the heel side, which also made open-face shots easier. Both Rory McIlroy and Johnny Vegas used the Toe Sweep grind to win on tour.

*8:While these irons were never released, they were played by several of Nike’s tour players, and carry a special significance to us. Our founder easyyy scored a set of Trevor Immelman prototypes back in 2005, the year GolfWRX was founded, and hasn’t stopped talking about the Miura-forged protos since.

*9:At the time, the Split Cavities were the standard to meet for all forged cavity-back irons. They were clean in shape, butter soft at impact and great through the ground. Several notable forged cavity-back irons followed, including our recent Nike favorites, the VR Forged Pro Combos.

*10:For gear heads, the worst part about Nike’s decision to fold its golf equipment division could be the promise it showed with its latest driver, the Vapor Flex 440.

*11:Ever since Nike’s switch to its Covert design platform for metal woods, the company struggled to compete in the realm of low-spin drivers. The Vapor Flex 440 (released in 2016) was different. Sixty percent of the club head was made from Nike’s proprietary, carbon fiber-reinforced RZN material, a weight-saving scheme that boosted performance.

*12:Our sources tell us that Nike’s line of 2017 drivers relied heavily on a RZN construction, and were by far the best-performing drivers in company history. If true, it’s a case of too little, too late.

*13:Nike’s VR_S Forged were released in the U.S. after enjoying incredible success in Japan. While intended for mid-to-high handicappers, the irons caught on with low handicappers, as well as many PGA Tour players (including Tiger Woods), who used them as long-iron replacements.

*14:Key to the success of the VR_S Forged was their two-piece forged construction, which merged a 1025 carbon steel framework with a thin club face that was welded to the body to improve ball speed and forgiveness. Despite their bulk, the irons looked and felt premium, and added value to their $999 sticker price with Nippon’s aftermarket 950GH shaft as the stock option. They were one of the best game-improvement irons released in 2012.

*15:Years before slots became a common sight on clubs, Nike released a line of metal woods with something called a “Compression Channel” behind the club face, which was said to increase the size of the sweet spot by making the club face more flexible — particularly the bottom.

*16:The Compression Channel was used on many models, but Nike’s VR (Victory Red) Tour driver, released in 2010, could have been the best. Proof of that showed up just three weeks ago, when Jhonattan Vegas used the six-year-old driver in his victory at the RBC Canadian Open.

*17:The VR Tour measured 420 cubic centimeters, and had a classy, pear-shaped club head free of alignment aids. It was a thing of beauty.

*18:Remember the #releasetheputter movement that originated in the GolfWRX Forums? Several sources inside Nike Golf have told us that if it weren’t for GolfWRXers, Rory McIlroy’s replica Method putter would have never been released. Pat yourselves on the backs, folks.

*19:It’s true that most better-player clubs sold at retail are inspired by PGA Tour players, but it’s rare to get your hands on a golf club designed to the exact specifications of one of the best golfers on the planet. That was the case with the Method 006, which was the result of Rory McIlroy’s work with David Franklin, Nike’s renowned putter designer and creator of its Method technology.

*20:Owners of the limited-edition putter, released in 2015, have a carbon copy of the flatstick Rory McIlroy used to win his third and fourth majors: the Open and PGA championships in 2014.

*21:In 2003, Nike released its first set of blade irons, and to many they’re still the most beautiful blades ever produced. They were named simply “Forged Blades,” and were unencumbered by the logos and colors that would be used on future Nike iron releases.

*22:The Forged Blades were used by David Duval to win his lone major, the 2001 Open Championship at Royal Lytham & St Annes.

*23:Released in 2003, Nike’s Slingshot irons were not only the company’s most commercially successful iron model, but also possibly one of the coolest game-improvement irons to date.

*24:The irons featured a slingshot-esque “bridge,” which stretched across the cavity of the hollow-bodied irons. It enhanced perimeter weighting, and helped golfers hit towering iron shots by moving weight lower and deeper in the club head. Thin, strong, “cold-rolled” 455 Stainless Steel club faces were also added for more distance.

*25:The design was awesome, the name was perfect and the performance was impressive. This was Nike Chief Club Designer Tom Stites at his best.

*26:In the golf world, the year 2000 is synonymous with Tiger Woods’ best golf. It was in June of that year he accomplished his most impressive feat — winning the U.S. Open at Pebble Beach by 15 shots. He then went on to win the next three major championships.

*27:Fueling his performance was a new golf ball: Nike’s Tour Accuracy. The solid-rubber core ball is argued to have given Woods a distance advantage over his competitors, most of whom were still using wound golf balls at the time. It is also said to have pushed Titleist to release its first solid-rubber core golf ball, the Pro V1.

*28:Just last week on Twitter, Woods credited the Tour Accuracy as helping to “put the wound ball into extinction.” No argument there.