Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

イノベーションから生まれた新しい RZN Tour ボール|Nike News

f:id:golf103:20201230210829j:plain

2016年1月の記事。

あいかわらずビジュアルとか言ってることとかはカッコいいんだけど……ナイキのボールって打ったことないなぁ……。

なんかね,ナイキのボールっていうと,これを思い出すんだけど,

タイガー・ウッズと(世界を支配しそこねた)ナイキのボール - Linkslover

このときのロック・イシイこと石井秀幸が,この RZN Tour の開発者でもあるんですよね。ほんとナイキゴルフって,マイク・テイラーとかもそうだけど,いい人集めて,それで最終的に撤退するという……難しいですね。

ソース

Nike Tech Pack Fall 2018 - Nike News, 5 January 2016

ナイキゴルフのゴルフボール部門シニアディレクター・オブ・イノベーションであるロック・イシイと彼のエンジニアチームは,常に将来を見据え,ボールに修正を加えてパフォーマンスを向上させる方法を探っている。 *1

youtu.be

1999年に最初のボールを発売して以来,ナイキゴルフは常に従来の型を壊して,新しい製造方法と素材を発見し,そのアスリートが最高のレベルで成功するための最高のツールを提供してきた。これには,物理学と空力学における科学的調査と,ボールの各層の素材の探求が含まれている。その結果は,飛距離とフィーリングとスピンの向上に対する,揺るぎない追求だ。 *2

  • 2000 — Tour Accuracy:ナイキは最初のソリッドコアゴルフボールのひとつを開発し,タイガー・ウッズの4年間で20勝以上に貢献,その中にはメジャー4連覇を含む。 *3
  • 2003 — Nike One:業界初の4ピース構造ゴルフボールのひとつ。 *4
  • 2011— Nike 20XI:初めてRZNコアを導入,従来の方法を覆し,軽量化と高速化を実現した新しいコアを使用することで,重量をボール周辺に移動させて安定性を向上させた。 *5
  • 2014 — Nike RZN:このボールは,RZN素材をスピードロック技術で新たなレベルに引き上げた。 *6

ナイキゴルフの最新の進歩は,RZN Tour ボール。飛距離を犠牲にすることなく,ソフトな打感を実現するべく設計された。 *7

youtu.be

「ゴルフボールにイノベーションを起こすチャンスは,まだまだたくさんある」と,イシイは語る。「これがイノベーション。これが,今私たちがいる場所。そして私たちは,未来に向かっている」。 *8

RZN Tour

4ピースのウレタンカバーデザインが特徴の RZN Tour ボールは,4つの主要コンポーネントを用いている。それは,RZN 4.0,Speedlock X Core,Speedlock Mantle,そして Filght Suit Cover。これらのテクノロジーを組み合わせることで,RZN Tour/Black と RZN Tour/Platinum ボールは,従来の RZN Black と RZN Platinum に比べ,飛距離が伸びているとともに,よりソフトな打感を実現している。 *9

f:id:golf103:20201230211049p:plain

「ボールはずっと柔らかく感じるけど,ボールスピードは変わらないというか,全体的に数ヤードアップした」と,ナイキゴルフのアスリートであるローリー・マキロイは語っている。「いままで使ったことのある中では,最高の飛距離と最高の打感との組み合わせだね」。 *10

RZN素材の最新版,RZN 4.0 で作られたブルーのセンターコアは,柔らかいだけでなく,前世代よりも10パーセント大きくなっている。これにより,ボールに大きなエンジンを与え,より速いボールスピードを実現している。 *11

f:id:golf103:20201230211123j:plain

コアには,Speedlock X テクノロジーが採用されている。より深い溝とX字型の表面パターンが特徴で,前世代と比べて26%の表面積を生み出し,ボール全体でエネルギー伝達率を高め,結果として飛距離とボール初速とを向上させている。コアを取り囲むのは,Speedlock Mantle とSpeedlock溝。短い番手でのショットでのスピン量を増やしている。 *12

Flight Suit カバーには,目に見えるテクノロジーが搭載されている。それは,344個のディンプルと,13558個のマイクロディンプル。ボールの飛行時間を延ばすために,エンジニアは高度な空力学を利用してマイクロディンプルを追加,特に着弾直前での飛距離を伸ばすのに役立っている。 *13

f:id:golf103:20201230211146j:plain

RZN Tour ボールは,ふたつのバージョンで登場する。低スピンで飛距離重視のBlackと,中スピンでコントロール重視のPlatinum。 *14

f:id:golf103:20201230211223j:plainf:id:golf103:20201230211228j:plain
RZN Speed

RZN Tour に加えて,ナイキゴルフのエンジニア陣は RZN Speed ゴルフボールも開発した。新たな3ピース構造のボールで,究極の寛容性とより柔らかいフィーリングを実現している。 *15

RZN Tour ボールと同じ Speedlock X Core テクノロジーを採用し,エネルギー伝達率を最大化することでボール初速を上げるとともに,究極の寛容性を実現。一方で,よりソフトなRZN製法により,飛距離を犠牲にすることなく,よりソフトなフィーリングが得られる。 *16

RZN Speed ボールは,ふたつのバージョンで登場。キャリーが稼げるRedと,よりソフトな打感のWhite。 *17

f:id:golf103:20201230211325j:plainf:id:golf103:20201230211329j:plain

*1:Rock Ishii, Nike Golf’s Senior Director of Innovation for Golf Balls, and his team of engineers are constantly looking into the future to find ways to modify the ball so that it performs better.

*2:Since launching its first ball in 1999, Nike Golf has continuously found ways to break traditional molds and discover new construction methods and materials that give the athlete the best possible tool to succeed at the highest level. These include scientific investigations — in physics and aerodynamics — and material explorations for each layer in the ball. The result is an unwavering pursuit of improvement in distance, feel and spin.

*3:: Nike created one of the first solid-core golf balls, a technology that helped Tiger Woods win more than 20 tournaments, including four consecutive major championships in a four-year span.

*4:: One of the industry’s first four-piece construction golf balls.

*5:: The first RZN core was introduced, bucking conventional methods by using a new lighter and faster core that allowed weight to move to the perimeter for better stability.

*6:: This ball took RZN material to a new level with Speedlock technology.

*7:Nike Golf’s latest advancement is the RZN Tour ball, engineered to feel soft without sacrificing distance.

*8:“We still have so many opportunities to innovate the golf ball,” says Ishii. “This is innovation. This is where we are now. And we are heading toward our future.”

*9:Featuring a four-piece urethane cover design, the RZN Tour ball utilizes four key components: RZN 4.0, Speedlock X Core, Speedlock Mantle and Flight Suit Cover. These combined technologies help propel the RZN Tour/Black and RZN Tour/Platinum balls to added yardage and a softer feel, versus the previous RZN Black and RZN Platinum.

*10:“The ball feels much softer, yet I’ve maintained my ball speed and even picked up a few yards overall,” declares Nike Golf athlete Rory McIlroy. “It’s easily the best combination of distance and feel I’ve ever played.”

*11:Made with the newest iteration of RZN material, RZN 4.0, the blue center core is not only softer but also 10 percent bigger than the previous generation. This gives the ball what amounts to a bigger engine, thus unlocking faster ball speeds.

*12:The core utilizes Speedlock X technology. It features deeper grooves and a X-shaped surface pattern, which creates 26-percent more surface area than the former generation to allow better energy transfer through the ball and ultimately provide more distance and faster ball speeds. Surrounding the core, the Speedlock Mantle and its Speedlock grooves help engage the cover of the golf ball for greater spin on shorter shots with high-lofted clubs.

*13:The ball’s Flight Suit cover features visible technology: 344 dimples and 13,558 micro dimples. To achieve longer ball flight, engineers utilized advanced aerodynamics by adding the micro dimples, strategically spread across the cover of the ball, which help facilitate improved lift and drag properties, especially at the end of the ball flight.

*14:The RZN Tour ball will be available in two versions: Black for lower-spin distance and Platinum for mid-spin control.

*15:In addition to the RZN Tour, Nike Golf engineers also created the RZN Speed golf balls, two new three-piece constructed balls designed for ultimate forgiveness and softer feel.

*16:The same Speedlock X Core technology from the RZN Tour ball helps maximize energy transfer for faster ball speed and ultimate forgiveness, while a softer RZN formulation provides a softer feel without sacrificing distance.

*17:The RZN Speed ball will be available in two versions: Red for longer carry and White for softer feel.