Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

「ハンドファースト」で打つと何が嬉しいのか

いまさらすぎるんですけど,昨日コーチとそういう話になって,目から鱗が落ちた。

なんでハンドファーストで打たなきゃいけないのか? 答えは,「クラブヘッドのスイートスポットで(地面の上にあるボールを)打ちたいから」。確かにそうだし,そういうのを何度も目にしていたけど,最近すっかり意識から外れてた。

ハンドファーストって言われて,僕は「運動」の方しか頭になかった。要するに,「体を回しつづけて手でクラブヘッドを引っ張りつづければ,グリップがヘッドに先行するから,それがハンドファーストでしょ」っていう。

それはそれで正しいんだろうけど,「ヘッドとボールとのインパクト」っていう観点から考えたときに,それが最適解なんですか,って話ですよね。結果それは最適解だし,なぜならそうすることで,クラブヘッドのスイートスポットでボールを打つことができるから*1,ということで,「運動としての最適解と,インパクトとしての最適解とが,ゴルフクラブという道具を介して繋がった」感覚がして,軽く感動したのでした。

www.youtube.com

そんなこととか,ハンドファーストを身につけるための練習ドリルとかを,田渕さんが語っています。(ちょっと長いけど)

*1:なぜスイートスポットでボールを打たなきゃいけないのか,については,また別の議論・論証・説明が必要になるだろうけど,とりあえずここではおいとく