Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

追悼ミッキー・ライト|15th Club

つい先日85歳の誕生日を迎えたばかりでしたが……。

15th Club らしく,彼女の偉大な記録(の一部)を列挙することで,追悼をしています。

ソース

Saluting the legendary Mickey Wright - 15th Club by Justin Ray, 19 February 2020

拙訳

ミッキー・ライト,ゴルフ史の中でもっとも偉大なチャンピオンのひとりが,今週亡くなった。85歳だった。

ベン・ホーガンはライトのスイングを,これまで見た中でもっとも素敵だと形容した。ケイシー・ウィットワースはライトのことを,「これまで会った中で最高のプレーヤー,男女を問わず」と語った。偉大な仲間たちからの証言は,どのような記録よりも彼女をより多く物語るが,数字をいくつか眺めれば,彼女がかつて存在した中でもっとも偉大なプレーヤーのひとりだったという,その動かしがたい地位が明らかになるだろう。いくつかの例を以下に挙げる。*1

  • ゴルフ界は,いわゆる「タイガースラム」には精通している。つまり,2000年から2001年にかけての,タイガーの歴史的なメジャー4連勝。そして,ボビー・ジョーンズが1930年に成し遂げたグランドスラムも,信じられない偉業として記憶されている。しかしミッキー・ライトもまた,メジャー4連勝を達成している。1961年の全米女子オープンに始まり,1962年のウェスタンオープンにかけてのことだった。LPGAの歴史の中で,ライトだけがメジャー4連勝を成し遂げている。*2

  • ライトのメジャー通算13勝は,LPGAの歴史で2番目に多い数字だが,その勝率がものすごい。この13勝はすべて,1958年から1966年のあいだに成されたのだ。その間に開催されたメジャー大会は33。つまりライトは,39%の勝率でメジャータイトルを手にしたことになる。*3

  • ライトは,単一のLPGAシーズンにおける最多勝利数の記録を持っている。1963年の13勝だ。1年のあいだにひとりのプレーヤーが11勝以上したのは,LPGAで過去に3回。彼女がそのうちの2回を達成している。また,1961年から64年にかけて,4年連続で二桁勝利を記録している。*4

  • LPGA史上,スケジュール上で連続する4大会をすべて勝ったのは,過去に5回。そのうちの2回はライトによるものだ。*5

  • ライトはキャリア通算30勝,40勝,50勝をすべて,史上最少年齢で達成している。通算82勝は史上2番目に多い記録だ。34歳でフルタイムの競技生活から離れたにも関わらず。*6

  • ライトはLPGAで14シーズン連続で勝利をあげた。1956年から1969年にかけて。これは3番目に長い記録。記録が1969年で途切れたのは,その年に引退したからだ。*7

*1:Ben Hogan described the golf swing of Wright as the finest he had ever seen. Kathy Whitworth called her “the greatest player I have ever seen, man or woman.” Testimonials from fellow icons speak louder than any record could, but the numbers support Wright’s immovable status as one of the greatest players to ever live. A few examples:

*2:The golf world is well-versed in the ‘Tiger Slam,’ Woods’ historic run of four consecutive major wins from 2000 to 2001, and Bobby Jones’ incredible grand slam season of 1930. But Mickey Wright had a four-straight-major win streak of her own. Wright won four consecutive major championships from the 1961 U.S Women’s Open through the 1962 Western Open. She is the only player in LPGA history to win four consecutive major championships.

*3:Wright’s 13 majors won is second-most in LPGA history, but the rate at which she did it is what is most impressive. All 13 of her wins came in a stretch from 1958 to 1966, a span in which 33 major championships were held. That means Wright had a stretch where she won 39% of the majors contested.

*4:Wright holds the record for most wins in a single LPGA season, with 13 in 1963. There are three instances in LPGA history of a player winning 11 or more times in a single year: Mickey holds two of them. Wright had a ridiculous four straight LPGA seasons with double-digit victories (1961-64).

*5:There are only five instances in LPGA history where a player won four consecutive events on the schedule. Wright holds two of those.

*6:Wright is the youngest player in LPGA history to reach 30, 40 and 50 career wins. Her total of 82 in is second-most all-time, despite retiring from full-time competition at age 34.

*7:Wright won LPGA events in 14 consecutive seasons, from 1956 through 1969. That is tied for the third-longest such streak in LPGA history. Her streak ended because 1969 was the year she retired.