Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

久しぶりの80台|東京ベイサイドゴルフコース(旧:隨縁カントリークラブ竹岡コース)

f:id:golf103:20190611151936j:plain

旧・隨縁カントリークラブ竹岡コースがPGMの手に渡り,東京ベイサイドゴルフコースと名前を変えたのはいつのことでしょう。

ここでやるのは約2年ぶり,イギリスから日本に戻ってすぐの会社コンペで訪れて以来でした。通算では4回目ぐらい。まわっていくうちに「あー,こんなホールあったねぇ」と思い出しながらのラウンドでした。

結果は45(20)-44(16)の89。最後までボギーペースで進んで,18ホール目をパーとしてなんとか久しぶりの80台。最終ホールのパー5,150ydほどの3打目。8番アイアンが狙い通りに打てて,2パットのパーが確実になったときは,本当に嬉しかったです。

前のラウンドで良かったティーショットは良くなく,前のラウンドでミスしたショートアイアンからウェッジのフルショットは前日の練習の成果もあってノーミス。一方,グリーンまわりは精彩を欠き,パッティングも普通。ショット力は向上している実感があるのに,やはりいろいろと噛み合わないとベストスコア(85)更新は容易ではないなと思いました。

IN

f:id:golf103:20190902141633j:plain

  • 10番パー3,打ち下ろし,170ydほど。グリーン右奥のピンを狙って打った7iのショットはフックしてグリーン左に。3パットでボギー。
  • 11番パー5,左ドッグレッグ。ティーショットはつかまらずフェードしたもののフラッグあたりまで。右ラフから2打目は3H,微妙な当たり。3打目9i,ちょっと打ち損じてグリーンに乗ったものの奥のピンに対して乗ったのが手前。打ちきれず3パット,ボギー。
  • 12番パー4,距離の短い打ち下ろし。3Wのティーショットは狙いから左に低く出てから軽いドローで,左フェアウェイバンカー手前のラフ。2打目105ydほど,51度ウェッジショットはショートしてグリーン左手前のラフ。寄らず入らずボギー。
  • 13番パー3,やや打ち下ろし。141yd。9iのドローショットはピン筋に向かったもののショート。寄らず入らずボギー。
  • 14番パー4,短くストレート。ティーショットは3W,しょぼいがフェアウェイセンター。2打目150ydほど8i,グリーンにわずかに届かず。寄らず入らずボギー。
  • 15番パー4。ティーショットは3W,思ったよりドローしたけどフェアウェイ。2打目100ydちょい,51度ウェッジでグリーン。2パットのパー。
  • 16番パー4。右ドッグレッグ。ティーショットは3Wでフェアウェイ(同伴者はドライバーで右の斜面を越えていってた)。2打目170ydほど,見えないグリーンに向かって6i,いいショットだったがグリーン右ラフ。ピンはグリーン左奥。3打目PWでの寄せは強く&右に出てグリーン奥にこぼれる。4打目PW寄せは下り傾斜に乗ってダラダラ。2パット,ダボ。
  • 17番パー4,ストレート。3Wのティーショットしょぼい。6iの2打目,超トップして左バンカーに当たるが駆け上がってラフ。40-50ydのウェッジショット,ショート。寄らず入らず。ダボ。
  • 18番パー5。ドライバーのティーショットは左ラフで止まる。2打目5iでフェアウェイに。3打目51度ウェッジショットでグリーン。2パットのパー。

OUT

f:id:golf103:20190902141655j:plain

  • 1番パー5。右ドッグレッグ。このコースの名物ともいえる,超打ち下ろし。ティーショットは3Wで狙い通り(同伴者はドライバーでグリーン狙い)。2打目40-50ydぐらい,ラフから,56度ウェッジのショットがショート。寄らず入らず,ボギー。
  • 2番パー3。3段グリーンの奥にピン。9iでのショットは芯外して右手前に。PWの寄せがノーカンでグリーン奥まで。寄せて1パット。ボギー。
  • 3番パー4,右ドッグレッグ。3Wのティーショットは左に出てそのまま,左ラフ。2打目6i,グリーン手前30ydほど。PWでランニングアプローチ。パットは短いと思ったけど執念が伝わってカップイン。パー。
  • 4番パー4。左ドッグレッグ。ドライバーのティーショットはひっかけ。フェアウェイに出そうと思った2打目6iを引っ掛け,あわやOBかと思ったが杭か何かに跳ね返ってラフに戻る。3打目5i,今度はグリーン右手前のラフまで。PWでなんとかグリーンに乗せて2パット。ダボ。
  • 5番パー3。実測160ydちょい。7iは芯外しバンカー。寄らず入らずボギー。
  • 6番パー4。やや左ドッグレッグ。ドライバーのティーショットはフェアウェイ左。2打目6i(か5i),ドローでグリーン右から乗せたかったが,左に真っ直ぐでてさらに左でバンカー。60度ウェッジで出したが距離足りず。2パットボギー。
  • 7番パー5。左ドッグレッグのシンプルなホール。ドライバーのティーショットはフェアウェイだったものの2打目が微妙。3打目150yd打ち上げを5iで狙っていったらグリーン右奥のラフまで。寄らず入らずボギー。
  • 8番パー4,右ドッグレッグ。3Wのティーショットはダフってショート。2打目210ydほど打ち下ろし,3Hでのショットは当たりそこねのフックでグリーン左手前ラフ。左足下がり30ydほど,56度ウェッジのショットはピンを超える。下りのパットを強く打ってしまうが,返しをなんとか沈めてボギー。
  • 9番パー5,右はOB,左もOBと,見た目的に逃げ場がない窮屈なホール。ドライバーでのティーショットは引っ掛けたがなんとか左ラフで残る。8iでフェアウェイに戻し,残り150ydほどの3打目,8iでグリーン手前まで。パターで寄せて最後はタップインのパー。

余談その1

紆余曲折あって,今日は急遽「1人予約ランド」で予約してのラウンドでした。

3人でのラウンドでしたが,僕以外のふたりは結局70台(74と79だったか)。いろいろ勉強になった中で特に印象的だったのは,パープレーする人ってホールでも通算スコアでもパーを取るつもりでプレーしているし,70台の人ってやっぱりティーショットの飛距離と安定感が違うな,ということでした。しかし,「74」の人でも道具には特に知識・関心がなかったり,あるいはキャメロンの長さの合ってないマレットのパターをトウを浮かせて構えてそれでもそこそこパット入ってたりと,まーそんなもんなんですね。

余談その2

道具といえば,今日はドライバーのシャフトをいつものALDILA TOUR BLUEにかえて,ALDILA ROGUE MAXにしてみました(カチャカチャだからできる)。

自分でも「「しっかりしていてシャープ」なフィーリング」と書いていましたが,TOUR BLUEと比べるとたしかにそう。で,練習場で振った感じではMAXの方が良かったのですが,いざラウンドが始まって,特に上記のようなプレッシャーの中でやっていると,ぜんぜん振れなくなって,ダメでした。結局途中からTOUR BLUEに戻して,心と弾道の平静を取り戻したのでした…。