Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

ハーフセット万歳|GolfWRX

「本数少ないバッグでまわるのは楽しいよ」って話なんですが,本文中にあるように,14本で回るのはそれそれで楽しいし,ハーフセットっていってもあえて新しいのを作る必要もないし,「やりたいようにできるのがゴルフのいいところだよね」っていうのは強調したいと思います。

僕自身は8本で回るのが普通になってしまって,それ以上増やしたいとはあまり思わなくなりましたが……。

f:id:golf103:20180913111237j:plain

ソース

Long live the half set – GolfWRX by Ryan Barath, 23 December 2019

拙訳

ゴルフ界におけるここ数年の大きな動きとして,クラブの本数を少なくしてゲームを簡略化し,複雑さを少なくしようというものがある。そのうねりは,高まってきた。ゴルフを習う人たちの多くは,ハーフセットで初めてゲームを簡単にし,コース上での意思決定をすっきりさせようとしている。ゴルファーが成長するにつれて,「セットの穴を埋めたい」という気持ちからクラブの本数を増やすことになるが,しかし本当にそれが必要だろうか? 多くの人は,そうは思わない。*1

14本より少ないクラブを使うことは,スキルに応じて違う影響をゴルファーに与える。例えば上記のように,始めたばかりのゴルファーは,その基本的なクラブセッティングのおかげで,クラブ間の飛距離の階段がしっかりとでき,クラブ選択が楽になる。上級者は,8本とかそれ以下のハーフセットを使うことで,ショットにクリエイティビティがより要求されることになる。中途半端な距離を,短いクラブを全力で打つのか,長いクラブを少し距離を落として打つのか,やり方はいろいろあるし,クラブの本数が少なくするほど,そんな機会は増えていく。*2

最近のゴルフといえば,とにかくドライバーで飛ばしてグリーンへのアプローチをできるだけ短いクラブで打つことで,それでパットが決まれば楽しいが,しかしそれはゴルフにおける創造性や想像力というものをたくさん奪ってきた。想像力を使うことというのは,ゴルフコース設計家がゴルファーに試そうとしているものでり,それはゴルフ創世記からそうである。その最高の例は,2019年にロイヤルメルボルン,世界最高のコースのひとつで開催された,プレジデンツカップだろう。その試合のあいだ,私たちはプレーヤーたちが何ともさまざまな方法でホールにアプローチしていった様を目にしたし,それがまた観ていて楽しかった。ロイヤルメルボルンで私たちが目にしたのは,現代のプロゴルフである「ターゲットゴルフ」とは真逆のものだった。「ターゲットゴルフ」というのは,よく考えてみれば奇妙な言葉だ。なぜならプレーしているコースのスタイルに関わらず,とあるターゲットに向かって球を打つのがゴルフなのだから。しかしボールは当初思っていたところには行ってくれず,だからこそ創造性がゴルフを面白くする。*3

セットを作成する

もしフルセットをすでに持っているのなら,覚えてほしい,それはすでにハーフセットを手にしていることになるのだ! それ以上することはない。しかしもし新しいのを探していて,ゼロからハーフセットを組み立てようとしているのなら,いくつか心に留めておくべきことがある。*4

パターはどのみちついてまわるのだから,セットは短いクラブから上を作ることになる。どれほどの本数を持ち運ぼうかと考えているかに関わらず,ショットの大半は依然として100ヤード以内からになる。*5

距離を落として打つ方が,距離を伸ばして打つ方より簡単だ。バッグの中で最も使い勝手のいいクラブを選んで,ほとんどどんな距離でも打てるようにするべきだ。*6

アイアンのロフトにも留意しよう。現代のセットでは4度から5度間隔になっているが,長いクラブほどその間隔は狭まっていく。すべてのアイアンをバッグに入れる必要は,必ずしもないのだ。*7

ドライビングクラブは,依然として非常に重要だ。完全なるミニマリストでない限り,ドライバーをバッグに入れつづけるのは,いいアイデアだ。フェースの大きさが最大だし,ティーショット用としては最も寛容性が高いから。*8

現代的解釈

f:id:golf103:20200307123319p:plain

ハーフセットの流行が広まりつづける中で,メーカーもその流れに乗りはじめた。最近その中で最たるものは,Linksoul が三浦ゴルフとコラボレーションした「Color Theory」アイアンだ。4本のアイアンからなり,ロフトは25度,32度,40度,49度。それぞれが番手ではなく,色で識別できるようになっている。これは限定品で,セットで1300ドル,1本当たり325ドルするが,三浦アイアンの標準的な価格と言えるし,このカテゴリーでクラブ探しをしている人にとっては,驚くには値しないだろう。*9

この分野で他のニッチなプレーヤーとしては,National Custom Works がいる。ファウンダーのパトリック・ボイドと何度か話す機会があったが,最近彼らが受けるリクエストでよくあるのが,完全なカスタムセットを4本から6本で作ってくれというものだ。各セットは100%ビスポークで,ゆえに値段もプロジェクトによって異なる。しかし覚えておいてほしいのは,新しいセットを買うことは必ずしも必要ではなく,選択肢のひとつにすぎないということだ。*10

このトピックについて話し合った人の多くがそうだが,私自身もクラブセッティングゲームの両派に位置する。つまり,14本でセッティングするのも大好きだし,適切にフィッティングされたセットを使えば,最高のパフォーマンスが期待できる。だけどそれが,ゴルフの楽しみを最大化するわけではない。コースやプレーする時間帯によっては,6から8本のセットで十分だ。特に,夏の日が暮れかかった夕方に,9ホールをちゃちゃっと回りたいときは。バッグを担ぐのが楽になるし,速く歩けるし,レンジに行くのが問題外のときはショットメイキングの最高の練習になるから。*11

ゴルフの素晴らしいのは,自分のしたいようにプレーできること。ゴルフな自由なゲームなのだ。コースにいて,クラブがあって,ボールがあったら,クラブの声を聞いてみればいい。14本なんて必要なくなるから。*12

*1:There has been a growing movement in golf over the last few years to simplify and make the game less complicated by using fewer clubs, and the groundswell has been building. Most golfers learning the game start with a half set to make the game easier and help clarify the decision process on the course. As golfers progress, the desire to “fill holes in a set” can lead to purchasing more clubs—but do you really need them? A lot of people don’t think so.

*2:Using fewer than 14 clubs affects golfers differently depending on skill. For example, as mentioned off the top, it gives those starting out the basic amount of clubs to learn on and creates larger distance gaps between each one to help with club selection. For more advanced players, using a half set of 8 clubs or less brings in the opportunity to use more creative measures to hit shots and get the ball close to the intended target. Whether it be going full bore to squeak out a few extra yards or taking a longer club and finessing a shot, there is more than one way to execute and fewer clubs give you those chances more often.

*3:The modern game of hit it far, use the shortest club possible into the approach, and make a putt is fun but has robbed the game of so much creativity and imagination. Using imagination is part of what golf architects have challenged golfers to do since the inception of the game, a perfect example of this took place at the 2019 Presidents Cup at Royal Melbourne—one of the top golf courses in the world. During the matches, we got to see a lot of variance in how players chose to approach holes which made things entertaining to watch. What we saw at Royal Melbourne was the polar opposite of the day-to-day “target golf” we see in the modern professional game. “Target golf” is an odd term when you break it down, because regardless of the style of course you are playing, you will always be trying to hit a target, it just might not be where you initially expect and that’s where creativity makes this game fun.

*4:If you already have a full set, remember, it means you also have a half set too! No need to try and put one together. But if you are in the market, for building a half set from scratch, there are a couple of factors to keep in mind

*5:The putter isn’t going anywhere so build your set from the short clubs up. Regardless of how many clubs you are planning to carry, a majority of your shots are still going to be hit inside 100 yards.

*6:It’s easier to hit shots that go shorter than trying to make a club go further. Pick the most versatile clubs in your bag to make sure you have the chance to hit almost any yardage.

*7:Pay attention to iron lofts. Many modern sets have 4-5 degrees between clubs, but as you get to the longer irons those gaps can get smaller quickly. You don’t necessarily need every other iron in your bag.

*8:A driving club is still very important. Unless you plan to go completely minimalist keeping a driver in the bag is a good idea. It has the largest face and is the most forgiving club off the tee.

*9:As the half set trend continues to grow, manufacturers are getting in on the action. The most recent notable being Linksoul in collaboration with Miura Golf and their Color Theory Irons. Consisting of four clubs with the lofts 25, 32, 40, and 49 degrees, each one is marked by a color instead of a number as a way to differentiate, and in true Linksoul style creates something both understated and unique. As a limited edition they are on the higher end at $1,300 for the set/$325 a club, but that falls directly in line with standard Miura pricing, and should not be a shock to those looking for a club in that category.

*10:Another niche player in this is National Custom Works. Having spoken with founder Patrick Boyd on multiple occasions, one of the biggest requests they get for their entirely custom sets is for short sets between 4-6 clubs. Each set is 100 percent bespoke, and with that, pricing varies per project. Please remember though, purchasing a whole new set is not a necessity and just an option.

*11:Like many that I have spoken with about this topic, I fit into both camps of the club setup game. I love having the option of all 14 clubs, and when it comes to a properly fit set its always going to offer peak performance, but it’s not a requirement to get maximum enjoyment. Depending on the course or even the time of day, 6-8 clubs are really all I need—especially for a quick nine at dusk in the middle of summer. It’s easier to carry, allows me to walk faster, and its a great way to get in some shotmaking practice when a trip to the range is out of the question.

*12:The beautiful thing about golf is you can play it any way you want—it’s a freeform game. If you have a course, some clubs, and a ball you can play—and speaking to clubs, you certainly don’t need all 14.