Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

WITB|フィル・ミケルソン|ユニークなクラブセッティングの歴史|Golf Week

f:id:golf103:20210525052848j:plain

ソース

Phil Mickelson’s golf equipment through the years by David Dusek, 23 May 2021

拙訳

PGAツアーの殿堂入りした人の中でゴルフクラブの特許を持っている人がどれぐらいいるのか正確には知らないが,少なくともひとりは知っている.フィル・ミケルソンだ.彼はゴルフ史の中で最高のショートゲームをするひとりなだけでなく,常にその道具をいじりつづけている. *1

PGAツアープロの多くは,基本の14本のクラブの他に,何かあったときのための控えの何本かを持ち歩いているものだ.たとえば,プレーヤーはだいたいみんな,控えのドライバーと控えのパターを持っている.コースコンディションに応じて2番アイアンと5番ウッドとを入れ替えるという人もいる.しかしミケルソンは,異次元にいる.彼は23本から25本のクラブとともに移動することがしばしばあり,その中には複数本のウッド,アイアン,ウェッジ,そしてパターがある. *2

ミケルソンはまた,コースを研究して自身の戦略を生み出したあとに,これまでにはなかったクラブの組み合わせを試すことも積極的に行なう.ということで以下では,ミケルソンのキャリアの中で印象的だったクラブセッティングを見てみる. *3

2006 Masters|2本のドライバー

f:id:golf103:20210525052941j:plain

2006年マスターズの前週,BellsSouth Classic に現れたミケルソンは,Callawayの2本のドライバーを使ってフィールドを引き離し,13打差で優勝した.そおドライバーはいずれも Callaway Big Bertha Fusion FT-3 でロフトが9.5度のものだったが,ひとつは45インチ,もうひとつは46インチだった.46インチの方はヘッドのヒール側に重さをまして,ドロー(フィルにとっては左から右へのショット)を打ちやすくし,同じスイングで45インチの方ではフェードを打つ.その翌週,ミケルソンは同じ2本のドライバーのセッティングで,マスターズ二度目の優勝を果たした. *4

2006 U.S. Open|64度ウェッジ

f:id:golf103:20210525053013j:plain

2020年USオープンで目にしたように,Winged Foot Golf Club の West Course にはものすごく深いバンカーが,超高速グリーンをガードしている.その組み合わせを克服するためにミケルソンは,2006年のUSオープンに64度ウェッジを手に乗り込んだ.こんにち60度より大きなロフトのウェッジを使うプロは何人かいるが,メジャー大会でこのようにロフトが極端に寝たクラブを使うスタープレーヤーは,ミケルソンが初めてだった. *5

2008 Colonial|ウェッジ5本体制

f:id:golf103:20210525053051j:plain

2008年の Colonial Country Club でミケルソンが5本のウェッジを使ったことについて,ベン・ホーガンならどう思っただろうか? 52度のギャップウェッジを追加でバッグに入れるために,ミケルソンはある日は3番ウッドを抜き,そしてまたある日は6番アイアンを抜いた.コースを見てティーショットでドライバーを何回打てるかを調べたあとで,彼はその戦略がうまくいくと感じ,そして実行した.フィルはその大会で優勝した. *6

2008 U.S. Open|ドライバーを抜く

f:id:golf103:20210525053119j:plain

2008年の Torrey Pines はラフが格別に深かったために,ミケルソンはドライバーなしでUSオープンを戦うことを決意.フェアウェイを捉えるために,ティーショットではストロングロフトの3番ウッドとハイブリッドを使うことにした.しかしその戦略は失敗,ミケルソンはフェアウェイを外すとともに,飛距離も稼げなかった.2ラウンドを終えたあと,ドライバーをバッグに戻した. *7

2009 U.S. Open|ハイブリッド

f:id:golf103:20210525053150j:plain

2009年の Bethpage Black でミケルソンが手にしていたプロトタイプハイブリッドクラブは,Callawayのロジャー・クリーブランドがデザインしたものだった.そのクラブには大きなバウンスがついており,同コースを形作る深いラフに対応するためのものだった. *8

2012 PGA Championship|日本製プロトタイプパター

f:id:golf103:20210525053212j:plain

Kiawahで開催される2012年の PGA Championship が始まる数週間前,CallawayのPGAツアーバンの中にいたミケルソンは,見たことがないパターを目にした.それは日本市場向けに設計されたプロトタイプパターで,USではリリースされていないものだった.ミケルソンはそのパターを試し,気に入り,そしてKiawahに持ち込んでプレーした. *9

2013: The Phrankenwood

f:id:golf103:20210525053236j:plain

2013年マスターズの数日前,ミケルソンはオーガスタナショナルに臨むにあたって謎のクラブを持ち込むと吹聴していた.果たしてそのクラブとは,パワーアップされたフェアウェイウッド,彼はそれを「フランケンウッド」と名付けた. *10

正式名称は「X Hot Phrankenwood」でロフトは12度,Callawayの X Hot 3Deep 3番ウッド(13度)と似た構造を持っている.長さは44.5インチだった. *11

2017 Northern Trust|2種類のパターで練習

f:id:golf103:20210525053303j:plain

2017年の Northern Trust,PGAツアープレーオフシーズンの最初の大会の最終ラウンド前の練習で,ミケルソンは2本の異なるパターでもって練習していた.そしてその日はブレードパターを使うことにした. *12

2019 Arnold Palmer Invitational|3種類のアイアン

f:id:golf103:20210525053328j:plain

他の多くのプロと同様,ミケルソンもそのキャリアの中で何回か,異なるアイアンを組み合わせてバッグに入れている.しかしフィルはフィルであり,2019年の Arnold Palmer Invitational のときのように,ときには3種類の異なるアイアンを組み合わせてセットを作っている.その週バッグに入れたのは,CallawayのX Forged UT,Epic Pro,そして Apex MB だった. *13

2021 PGA Championship|ロフト6度のドライバー

f:id:golf103:20210525053353j:plain

50歳のフィルがティーショットをぶっ放すというのを冗談だと思ったら,それは大違いだ.ミケルソンとCallawayは2021年の PGA Championship を前に,ロフト6度の Epic Speed を開発した.ホーゼルを調整して,実際にはロフト5.5度の状態で大会に臨んだ. *14

*1:We don’t know the exact number of PGA Tour Hall of Famers who have patents on golf clubs, but we know at least one does, Phil Mickelson. The left-hander is famous for not only having one of the greatest short games in the history of golf, he is constantly tinkering with his gear.

*2:Most PGA Tour pros travel with their standard 14 clubs and bring a few backups in case something happens. For instance, nearly everyone brings a backup driver and a backup putter. Some players swap out 2-irons and 5-woods based on the course conditions too, but Mickelson takes things to another level. He often travels with between 23 and 25 clubs, including multiple woods, irons, wedges and putters.

*3:Mickelson is also open to trying unconventional combinations of clubs after studying courses and developing his strategy. So take a look back at some of the more memorable gear highlights in Phil Mickelson’s career.

*4:The week before the 2006 Masters, Mickelson showed up the BellsSouth Classic and used two Callaway drivers to lap the field and win by 13 shots. Both drivers were Callaway Big Bertha Fusion FT-3s with 9.5-degrees of loft, but one was 45″ and the other was 46″. Internal weighting. Extra weight in the heel and a 1-inch longer shaft left Mickelson hit a draw (a left to right shot) with the same swing that produced a fade in his 45-inch driver. The following week, he used the two-driver system to win his second Masters.

*5:As we saw during the 2020 U.S. Open, Winged Foot Golf Club’s West Course has some extremely deep bunkers that defend supremely-fast greens. To handle that combination, Mickelson arrived at the 2006 U.S. Open with a 64-degree wedge. Nowadays, we see some pros use wedges with more than 60 degrees of loft, but Mickelson was the first star to play a super high-lofted wedge in a major event.

*6:What would Ben Hogan have thought about Mickelson taking on Colonial Country Club in 2008 using five wedges? To make room for the extra wedge, a 52-degree gap wedge, Mickelson played without a 3-wood one day and without a 6-iron on another. After seeing the course and realizing how many drivers he could hit off the tee, he felt the strategy could work and it did. Phil won the tournament.

*7:The rough at Torrey Pines was especially thick and lush in 2008, so Mickelson decided to play the U.S. Open without a driver, opting to use a strong-lofted 3-wood and a hybrid off the tee in an effort to hit more fairways. The strategy backfired and Mickelson wound up missing fairways while also sacrificing distance. After two rounds, he put a driver into his bag.

*8:At Bethpage Black in 2009, Mickelson arrived with a prototype hybrid club that he designed with Callaway’s Roger Cleveland. The club was designed with extra bounce, to enable it to work through the thick rough that lined the course.

*9:A few weeks before the start of the 2012 PGA Championship at Kiawah, Mickelson was in Callaway’s PGA Tour van and saw a putter he did not recognize. It was a prototype designed for the Japanese market and never meant to be released in the United States. Mickelson tried it, liked it and put it into play at Kiawah.

*10:In the days leading up to the 2013 Masters, Mickelson hinted that he had a mystery club ready to help him take on Augusta National. The club turned out to be a supercharged fairway wood that he dubbed the Phrankenwood.

*11:The official name was the X Hot Phrankenwood and it had 12 degrees of loft with similar construction to Callaway’s 13-degree X Hot 3Deep 3-wood. It was also 44.5″ long.

*12:During his warm-up before the final round of the 2017 Northern Trust, the first event in the PGA Tour’s FedEx Cup playoffs, Mickelson used two different putters on the practice green. He decided to use the blade putter that day.

*13:Like many pros, at several points during Mickelson’s career, he has blended different irons instead of playing a set of the same clubs. However, Phil being Phil, he often blends up to three different irons to create his set, as he did at the 2019 Arnold Palmer Invitational at Bay Hill. That week he had a Callaway X Forged UT, Callaway Epic Pro and Callaway Apex MB irons in the bag.

*14:If you think that 50-year-old Phil is kidding when he says that he wants to hit bombs and “hellacious seeds” off the tee, think again. Mickelson had Callaway design a 6-degree Epic Speed driver for him before the start of the 2021 PGA Championship. After adjusting the hosel, it has a playing loft of 5.5 degrees.