Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

飛距離を伸ばすための3つの動き|Golf Digest

f:id:golf103:20180115070311j:plain

ソース

3 Moves To Smash It - Golf Digest by Matthew Rudy and Brian Manzella, 25 February 2015

拙訳

リッキー・ファウラーは,ベンチプレスで400ポンドを持ち上げ40ヤードを4.4秒で走るようなフィジカルフリークではない。身長は5フィート9インチ,体重は150ポンド。だが彼のドライバーのクラブヘッドスピードは117mphあり,キャリーで300ヤード飛ばす。そしてあなたはできない。なぜか? これは,偉大なアスリートだけが持って生まれた「天賦の才」のようなものではない。非常にアタマの切れる奴らの最新モーションキャプチャーテクノロジーとバイオメカニクスの研究のおかげで,エリートプレーヤーがいかにしてパワーを生み出しているかの全体像が見渡せるようになり,そこからわれわれが何を得られるかが分かってきた。*1

40年前,私は父とともに New Orleans の PGAツアー・イベントに行ったことを,今でも鮮明に覚えている。そこで私たちは,ジャック・ニクラウスとトム・ワトソンがレンジでボールを打つのを見た。私の父は大きな男で立派なアスリートだったが,彼らと同じようなクラブヘッドスピードは到底生み出せなかった。「奴らは別のことをやってるね」と,父はいった。 *2

彼らはいまだにそうだ。*3

苦労なく生み出されているように見えるパワーを得るために,ツアープレーヤーは単に遠心力に頼ってシングルプレーン上でインパクトのときにクラブを振っているだけではない。彼らはそのハイスピードを生み出すために,ダウンスイング時に積極的にクラブをトルクしている,あるいはねじっているのだ。*4

このコンセプトは Dr. Steven Nesbit の研究による。彼は Lafayette College の mechanical engineering の教授であり,メカニズム分析とデザインの専門家である。彼はプロのスイングを分析し,作用しているトルクを特定した。*5

体とクラブの動きをトラックするための Gears Golf システムを用いることで(この技術でもってこの記事の中でスイングのイメージも作ったのだが),それらのトルクを生み出している動きを特定し,それをプレーヤー間で比較できる。*6

再現性が高く素早いスイングを生み出すために,プレーヤーは3つのトルク(ねじる動き)を正しい順番と度合いで行なわなければならない。スイングマニアの簡素表現として,これらトルクを「アルファ」「ベータ」「ガンマ」と呼ぶが,これを「Out」「Over」「Around」と思ってもいい。なぜなら,それぞれのトルクはダウンスイング時にそのようにクラブを動かすからだ。*7

これらのねじる動きは,素晴らしいスイングにその見た目の特徴を与えるものだ。アルファ・トルクは,クラブと腕との関係を,トップでのL字型からインパクト付近でのI字型に変える。ベータ・トルクはダウンスイング時に体に対してクラブを正しいポジションに置く。ガンマ・トルクはクラブフェースをスクエアにするのを助ける。つまり,トップからインパクトまでをパワフルにすべく,クラブは外に(Out)かぶさって(Over)回転して(Around)動かなければならない。そして,これら3つのトルクがそれを実現する。*8

大丈夫。これは見た目ほど難しくはない。スイングの問題を見れば,改善すべきトルクが分かる。問題に合った適切なトルクに対応するシンプルなドリルを始めれば,スイングスピードが上がり,安定してボールを叩けるようになる。*9

レバレッジを維持する|MAINTAIN YOUR LEVERAGE

f:id:golf103:20180115070258j:plain

最初のトルク(アルファ)は,トップから切り返して左腕が地面と垂直になるときに起こる。これはクラブヘッドが動いている方向に沿った手首のアンヒンジであり,右腕の伸長を伴う。もしあなたが飛距離が出ずに悩むショートヒッターであれば,このトルクがまず最初に取り組むところ。多くのプレーヤーは,クラブヘッドを体から遠くに投げ出してアルファ・トルクを起こすのが早すぎるか,あるいはパワーを貯めようと(間違った認識のもとに)タメを作りすぎてトルクの発生を遅らせすぎているかの,いずれかである。*10

ドリル:このトルクを感じ取るために,右足を壁から6インチぐらい離してスタンスをとってみよう。トップからの切りかえしから,クラブヘッドが壁につくまでゆっくりとダウンスイングをする(上図)。 これを正しく行なう鍵は,重心を左足に移しながら,背中をターゲットに向けたままにして,クラブが壁に着いたときでもレバレッジをきかせて壁を押せるようにすることだ。もし右サイドに重心が残っていたり,上体の開きが早すぎたりすると(これらふたつはハイ・ハンディキャッパーによくあるミスだが),壁はしっかりと押せない。*11

クラブをフラットに投げる|PITCH THE CLUB FLATTER

f:id:golf103:20180115070252j:plain

ふたつめのトルク(ベータ)は,ダウンスイングのハーフウェイにかけてクラブをフラットに動かすものだ。もしスティープすぎたりした場合には,ここに注意すべき。いいダウンスイングでは,下半身は左にシフトし,そしてそのあと上半身が回転して左腕を押し込み,その左腕はクラブを少しフラットにする。そこから素早く回転して,体の右側を使ってさらにスピードを生みだす。インパクト付近で両手が体近くを動くにつれて,クラブは左腕に沿って鞭のように激しく動く。ツアープレーヤーがさらなる飛距離を得るために使う,スイングのボトムでのターボチャージャーだ。*12

ドリル:後ろに鏡を置いて,胸の高さまでバックスイングする。右肘は左より高くあるべきで,クラブのバットはボールのほんの内側を指しているべきで,そして重心は右にシフトしているべき(上図,上)。そこから,右足を押し込んでダウンスイングに流れ込む。胸の回転によって右腕が左腕の下で動き,シャフトが少しフラットになってクラブのバットがボールの外側を指しているのを感じること(上図,下)。*13

フェースをスクエアに戻す|TWIST THE FACE SQUARE

f:id:golf103:20180115070220j:plain

最後のトルク(ガンマ)は,もっともシンプルだ。これは,クラブフェースを開いて閉じるもの。スライスで悩んでいるなら,ダウンスイングでもっとフェースを閉じなければいけない。多くのプレーヤーは,そうすべきであることを知らないか,知っていたとしても,バックスイングでフェースを開きすぎていて,インパクトまでにスクエアに戻せていない。*14

ドリル:このトルクがどう働くかを絵的に理解するために,ミドルアイアンのクラブフェースの一番下の溝に沿ってストローを,トゥからストローの先が出るように貼り付けてみよう。鏡を後ろにおいて,右の前腕をシャフトがカバーするまでダウンスイングをする。その時点で,ストローは真上を向いているべき(右図,上)。ここからインパクトに向かってクラブを動かし,手が腿の高さに来たときにストローが45度斜めを向くようにフェースを閉じていく。クラブのロフトがあるのでフェースはこれより開いているように見えるが,ストローがフェースの本当の開閉を教えてくれる。*15

*1:Rickie Fowler isn't some physical freak who can bench press 400 pounds and run a 4.4 40. He's 5-foot-9, 150 pounds. But he produces 117 miles per hour of clubhead speed with his driver and can carry the ball 300 yards—and you don't. Why is that? It isn't some magic "it factor" that only great athletes are born with. Thanks to some advanced motion-capture technology and biomechanical research from a few very smart guys, we're starting to get a much clearer picture of how elite players produce power, and what you can do to get some more of it.

*2:I vividly remember going to the New Orleans PGA Tour event with my dad 40 years ago, and we'd watch Jack Nicklaus and Tom Watson hit balls on the range. My dad was a big guy and a great athlete, but he couldn't produce anywhere near the same clubhead speed. "Those guys are doing something different," he'd say.

*3:They still are.

*4:To get that seemingly effortless power, tour players aren't just relying on centrifugal force to sling the club through impact on a single plane. They're actively torquing—or twisting—the club in three specific ways during the downswing to help produce those high speeds.

*5:The concept comes from research by Dr. Steven Nesbit, a professor of mechanical engineering at Lafayette College and an expert in mechanism analysis and design. He decoded the pro swing and identified the torques at work.

*6:Using the Gears Golf system for tracking body and club movement—the same technology that produced the 3-D swing images in this story—we're able to pinpoint the moves that create those torques and compare them from player to player.

*7:To produce peak repeatable speed in a swing, the player needs to use the three torques (or twisting motions) in the correct order and degree. In swing-geek shorthand, we call the torques Alpha, Beta and Gamma, but it might help you to think of them as "Out," "Over" and "Around," because that's how each torque moves the club on the downswing.

*8:These twisting movements are what make a great swing take on its characteristic look. Alpha torque changes the relationship between the club and arms from an L shape at the top of the backswing to more of an I shape near impact. Beta torque sets the club in the right position in relation to the body during the downswing. Gamma torque helps square the clubface. In short, to get from the top to impact powerfully, the club has to move out, over and around—and the three torques make that happen.

*9:Relax—it isn't as complicated as it might sound. The swing issues you have will dictate the torque (or torques) you need to improve. Start with the simple drill that corresponds to the appropriate torque for your issue, and you'll be able to add speed to your swing and start consistently smashing the ball.

*10:The first torque (Alpha) happens after you move the club down from the top of the backswing to where your left arm is parallel to the ground. It's the unhinging of your wrists in line with the direction the clubhead is moving, in combination with the extending of your right arm. If you're a short hitter who struggles to produce good clubhead speed, this torque is where you want to start. Most players either add Alpha torque too early, throwing the clubhead away from the body, or delay the torque too long in a misguided effort to lag the clubhead behind the hands to store more power for the hit.

*11:DRILL: To feel this torque, get in your stance with your right foot about six inches from a wall. From a top-of-the-backswing position, make a slow downswing until the clubhead gets to the wall (right). The key to doing it correctly is shifting your lower body to the left while keeping your back turned toward the target enough so you still have leverage to push hard against the wall when the club reaches it. If you hang back on your right side or turn your upper body forward too soon—two common high-handicapper mistakes—you won't have the leverage to push very hard.

*12:The second torque (Beta) is the movement of the club into a flatter position as you get halfway through the downswing. If you tend to get too steep or over the top, here's where you want to focus. In a good downswing, the lower body shifts left and then the upper body turns and pushes into the left arm, which pitches the club into a slightly flatter, more horizontal position. From there, you can turn hard and use the right side of your body to produce extra speed. As your hands move closer to your body near impact, the club whips in line with your left arm—the bit of turbocharging at the bottom that tour players use to get extra distance.

*13:DRILL: Set up with a mirror behind you, on the target line, and make a chest-high backswing. Your right elbow should be higher than your left, the butt of the club pointing just inside the ball, and your weight shifted to the right (right, top). From there, flow into the beginning of a downswing by pushing off your right foot, hovering your hands in place. Feel the turning of your chest causing your right arm to work under your left arm, the shaft laying down and the butt of the club pointing outside the ball (right, bottom).

*14:Of the three torques, the third (Gamma) is the simplest. It's the twisting of the grip to open and close the clubface. If you hit a slice, you need to twist the club more coming down. Most players don't know they're supposed to do this—or, if they do, they've turned the club so far open on the backswing that they can't get it back to square at impact.

*15:DRILL: To get a visual cue that shows how this torque works, tape a drinking straw along the bottom groove on the clubface of a middle iron so half the straw sticks out past the toe. With a mirror behind you, on the target line, swing down until you see the shaft covering your right forearm. At that point, the straw should be pointing straight up (right, top). Move back and forth from this position down to where impact would be, twisting the shaft so the straw points at 45 degrees when your hands get to thigh high (right, bottom) and straight away from you at impact. A club's loft can make the face look more open than it is, but the straw shows whether you've squared it.