Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

全米プロ終了後の,ライダーカップUSチームキャプテン トム・ワトソンのインタビュー

全米プロ選手権終了後に,トム・ワトソンのインタビューが行なわれました。ライダーカップUSチームの選考について語っています。もちろんタイガー・ウッズに話題は集中するわけですが,それ以外にも興味深いやりとりがありました。かいつまみます。

ソース

http://www.pga.com/pgachampionship/interviews/2014-us-ryder-cup-team-interview-captain-tom-watson

概要

トム・ワトソン:ここ数年,特に昨年は,何名かのプレーヤーを知り得たこと,特に若いプレーヤーを知り得たことを,喜ばしく思います。実際,彼らはみな若い。彼らの頭の中身を知る機会をえたこと,彼らとともにプレーをし,彼らがどのような人物なのかを理解できたこと,新たな友情や相互理解を気づけたことを,嬉しく思います。(いまなおメジャーで若いプレーヤーと同じ舞台に立つトム・ワトソンらしいコメントですね。)

キャプテンとしての私の役目は,彼らを鼓舞すること。もし私がそれをできれば,モチベーションはすでに彼らの中にある。ひとりひとりのプレーヤーがしっかりとモチベーションを持っているということは,ためらいなく言うことができる。私は彼らと話し,彼らとともにすごし,彼らとともにプレーをしてきた。彼らが私に語ってくれたこと,彼らがどのようにライダーカップについて感じているかということからは,彼らがいかにライダーカップでの勝利に燃えているかということを,非常に明確に物語っていた。それこそが,私が彼らに求めるすべてだ。

とはいえ,ヨーロピアンチームを見るに,数字の上では彼らがUSチームを上回っているように見える。しかしわれわれのチームは,2012年の雪辱に燃えるモチベーションがある。

タイガーに関しては,この先3週間,彼の状況を見守るために,彼と話し続けるつもりだ。明らかに彼の調子はよくないが,それはみなさんご存知の通り,怪我のせいだし,手術からも回復していない。繰り返すけど,私は彼の状況を見守って彼と話し続けるよ。

そう,もっとも重要なのは,タイガーの健康面だ。彼が手術したあと,私はことあるごとに話してきた。もし彼が健康で調子がよければ,私は彼を選ぶ。今現在は,彼の体調はよくない。それがこの先3週間で変わるかどうか,言ったとおり,私は状況を見守るつもりだ。

(というタイガーの話のあとで,記者とのこんなやりとりも。 )

私は9月2日までに最高の状態にあるプレーヤーがほしい。プレーヤーの側もそれを知っている。昨晩,まだチーム入りしていないプレーヤーのひとりから,テキストメッセージをもらった。何が書かれていたかというと,「僕は調子がいいです。新しいドライバーも手にしました。あなたが私を選ぶようにします」。これこそが,私が多くのプレーヤーからずっと受け取ってきたタイプの姿勢だ。私を選んでほしい,そういうのは好きだね。

Q:そのメッセージはタイガーからではなかったですか?(笑)
トム・ワトソン:実際,タイガーは私に「僕を選んでほしい」と言ってきたよ。

Q:タイバーはドライバーについて何か言っていましたか?
トム・ワトソン:ドライバーについては何も言っていなかったね。

(USチームでポイントランキング外でドライバーが新しい……,誰でしょうね。)

タイガーが自分自身をどう思っているか,それはタイガーから直接来るものと思う。なぜならタイガーは自分に関して率直だからね。彼は私みたいだね。私も率直だし,彼も率直だ。私ができないのは,彼のメディカルコンディションを調べることだし,正直に言って,彼のプレーの調子をはかることもできない。そういう情報は,タイガーから直接出てくるべきものだと思う。

(ミケルソンが全米プロで活躍したことに関して)ああ,素晴らしかったね。私はフィルが大好きだ。多くの場合,何が起こるか分からない,古いチョコレートボックスみたいなものだ。フィルからは何が飛び出すのかまったく分からない。

(リッキー・ファウラーの今シーズンのメジャーでの活躍について)いいショットを打ってそれを確認してそしてまたいいショットを打ってというのを繰り返して,ようやく「自信」というのは力になる。そしてリッキーは今まさにその状態にある。そういうタイプのプレーヤーがチームにほしい,自分のしていることに自信をもっているヤツを。悪いショットを打っても,「あーあ,次は何が起こるのやら」というようなのじゃなくてね。リッキーなら,悪いショットもさらっと流して,「オーケー,今のはただ悪いスイングだった,ゴルフをやってたらみんなこんなことがあるさ」と言えるね。

(優勝したマキロイについて訊かれて)言っちゃうけど,私のチームの一員だったらと思ってしまうね。彼のプレーは素晴らしかった。

マキロイは,私は彼のことが好きだ。つまり,彼の立ち居振る舞いが好きだ。彼のゴルフが好きだ。私のプレーを思い起こさせるね。さっとプレーして,どんどん乗っていく。ショットをして,結果を受け止める。そしてまた次のショットをする。今現在,彼のドライバーは他のどのゴルファーよりもいい。マキロイはドライバーに自信を持っている。今の彼のようにドライバーに自信を持っているときは,そして遠くに飛ばせる力があるときは,ゲームは簡単になる。彼はそれを知っているし,他のみんなもそれを知っている。