Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

ラウンド終盤に思い出す。いつも。|若洲ゴルフリンクス

もう何年になるんだ。ラウンド終盤に打ち方をつかんで,最後数ホールだけ納得できるプレーをするというのが。*1

アーリーバードで練習なしにのぞむラウンドだったらまだわかる。しかし昨日の若洲は10時台スタート。ラウンド前にはしっかりとドライビングレンジで球を打ったのに。

まぁこの1年,毎週のレッスンでは毎回のように新しいことを言われ,常に「スイング改造」状態なのである。インドアで黙々と球を打ちつづけているときにできたとしても,それがコースに出てすぐにできるようになるとは思えない。ラウンド経験を積んで,その結果を持ち帰って練習し,そしてまたラウンドするという,フィードバックループを続けるしかないんだろう。

……ということを過去半年以上ずっとやってて,ほぼ「お約束」化してきているが,昨日の最終ホールは違った。「これがこうなっていたからこういうミスショットが出てたけど,これをこうしたらこうなるはず」と考えて,実行したら,ちゃんといい球が打てた。ドライバーも腐らず逃げずに14回手にして,14回目でいい球が出た。*2

ラウンド前日にコーチから言われた「ドライバーとアイアンを全部ライン出しのつもりで打て」というのを,最後までやり遂げた。感覚的には小さい振り幅で,十分な飛距離が得られることが分かった。大事なのは動きの「大きさ」ではなく「正しさ」*3だということがよくわかった。それがコースで実感できたのは収穫だ。

70台を目指して4月から取り組み始めた新しい動き。最初に「夏までかかるかなー,いや,ykさんは練習量多いから5月いっぱいかな」とコーチに言われた。その5月ももう終盤。最後の1ラウンドで結果が出せるかな。

Show(パター探し)Must Go On

そういえば,これを買ってラウンドに投入しました。

f:id:golf103:20190521070443p:plain

Odyssey Stroke Lab Double Wide。結果は微妙。ロングパットは右に抜けるし,かといって捕まえにいくとプルしちゃうし。

しばらくこれで場つなぎしようと思ってたけど,そこまででもないかも……。この前のラウンドで使った My Girl 2012 の方が,まだ感触が良かった。もう1ラウンドだけ試してみて,ダメなら次を考えなきゃ。*4

*1:イギリス行って上の子が産まれてラウンド回数が減ってからだから,もう3年近くかな。

*2:僕は「ティーショットでドライバーを握らないやつはズルい」というマッチョな思想の持ち主ではないので,普段は必要に応じて積極的にFWやロングアイアンを手にするのですが,昨日だけは練習のつもりでドライバーにこだわりました。フェアウェイ広かったし。

*3:余計な力は入れないけど力は逃さずに最後までクラブを引っ張りつづけることと,その他もろもろ。

*4:Cameron & CrownのNewport Mallet 2 も結局すぐに手放したし,もしかしたらこの形状があっていないのか? 成長と学習をしない僕ちゃん。