Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

キャビティーバックマレットパターが生まれた意外な背景|GOLF.com

f:id:golf103:20201220090007j:plain

ソース

The real reason why cavity-back mallet putters were originally invented by Andrew Tursky, 18 December 2020

概要

現在パターの形状には何千といったスタイルがあるが,今の基本的な形状といえるのは,キャビティーバック(CB)マレットだ。CBマレットが嬉しいのは,そのサイズが寛容性を高めていると同時に,その低い重心のおかげでボールの打ち出し条件が良くなるから。でも面白いことに,CBマレットはもともとそういうパフォーマンスのことを念頭に置いて開発されたものでは,まったくなかった。 *1

CBマレットパターの生みの親,グエリン・ライフは,これまで多くの作品を生んでいるパターデザイナーだ。彼は2000年代にものすごく人気のあった Rife 2-bar パターを生み出したし,現在ではEvnRollで革新的なパターを設計している。彼がこれまでに創造したのは,パターの溝だったり,グラビティーグリップだったり,そして前述のCBマレットだったり。現在彼が作りだしているパターは,ゴルファーたちのパッティングを助けるものではあるが,彼の最初の創造物,つまりCBマレットは,まったく別の,しかしよくある問題から生まれたのだ。 *2

ライフは最近,私たちの「Fully Equipped」ポッドキャストに登場してくれて,その経緯や,彼の30年以上にも及ぶ業界での経験について語ってくれた。インタビューの第一部で,ライフはCBマレット登場のきっかけについて語ったのだ。 *3

70年代中盤,ライフはシカゴのレオ・バーネットでアートディレクターとして働いていた。彼は広告屋でありライターだった。ゴルフクラブの設計とは,程遠い場所にいたのだ。 *4

当時の広告会社を離れてフロリダに引っ越してきた80年代半ば,ライフは人気インストラクターのデイビッド・レッドベターを組んで,パッティングのトレーニングエイドの作成に携わった。その中でライフは,当時に分厚いマレットパターがあるひとつのことを欠いているのに気づいたのだ。それはつまり,パターのバックサイドでボールを拾い上げることができないということ。PINのアンサータイプのヘッドだったらできるのだが。 *5

「どのマレットも全部……それでボールを拾い上げることができなかったんだ」と,ライフはポッドキャストで語る。「それで言ったんだ。『ほら,このマレットにキャビティをつけたらさ,ボール拾えるじゃん』って」。 *6]

そのアイデアを胸に抱き,それまでパターの設計なんてしたことのなかったライフは,手作りでプロトタイプの設計に取り掛かった。ボールを拾うという課題を解決すると同時に,そうすることでパターのパフォーマンスも向上することに,ライフは気づいた。クラブヘッドの上部からウェイトを取り除くことで,全体の重量が低くなり,パターの周辺部にウェイトが配置される。そうなると寛容性が上がって,高い打ち出しが得られるということだ。 *7

f:id:golf103:20201220100417j:plain
1993-94年にライフが開発した「True Blue」マレットパター。ライフが最初にCBマレットを作ったのは1991年だという。

この革新的なデザインを偶然見出したライフは,このアイデアで特許をとることに決めた。 *8

当初はこのCBマレットデザインの特許をとったとライフは言うものの,その後は特許のガイドラインに従ってそれを手放した。ライフによれば,フロントからバックにかけてのヘッドの長さは,少なくともヒールからトウにかけての長さの少なくと3分の2はなければいけないという。彼はすでにその特許に望まぬフィーを払っていたので,そのガイドラインはもうライフの我慢の限界だった。 *9

「そういうことで,誰もそんなディープなパターヘッドを作らないだろうと思ったんだよね」とライフは語った。「今じゃそれよりもずっとディープになってるけど」。 *10

ライフにとって不幸なことに,しかし彼の創造性の正しさを示すことだが,CBマレットはいまやゴルフ業界に大きく広まっている。それはしかし,ライフのパター設計に端を発したものだ。そこから始まり,遥か遠くまできた。 *11

ライフが我々のポッドキャストで語ったように,そのCBマレットを作ったおかげで,彼はパター設計の穴の奥深くまで入り込み,革新的な設計を生み出しつづけている。最近はEvnRollパターの設計で忙しく,それは彼の放物線上のグルーブテクノロジーを追求したものだ。それによって,フェースのどの部分に当たっても同様のボールスピードが得られる。これについては,次回のポッドキャストで詳しく語られる。 *12

*1:There are thousands of putter styles these days, some more outlandish than others, but one of the modern basics is the cavity-back (CB) mallet style. CB mallet putters work for golfers because they provide forgiveness due to their sizes, and better launch conditions due to their low centers of gravity. Interestingly, however, CB mallets weren’t originally designed with those performance benefits in mind at all.

*2:Guerin Rife, father of the CB mallet putter design, is a prolific putter designer and inventor. He designed the Rife 2-bar putters that were hugely popular in the 2000’s, and he currently designs EvnRoll’s innovative putters. He’s the inventor of putter grooves, gravity grips, and the aforementioned CB mallets, too. While his designs today are carefully crafted to help golfers putt better, his first ever putter invention – the CB mallet – came about because of a different, and very relatable concern.

*3:Rife recently came on our Fully Equipped podcast to tell the story, and talk about all things equipment from his 30+ years in the industry. During Part 1 of our interview, Rife described how CB mallets came to exist.

*4:In the mid-70’s, Rife was working as an art director at Leo Burnett in Chicago. He was an ad man, and a writer. Designing golf clubs was no where on his radar.

*5:After leaving the ad company and moving to Florida in the mid-80’s, Rife got linked up with popular teaching instructor David Leadbetter to help out with a putting training aid. While out on the PGA Tour helping pitch the product, Rife noticed that the thick mallet putters of the day were lacking in one aspect; they weren’t capable of scooping up a golf ball with the backside of the putter, as you could with a Ping Anser-style head.

*6:“None of these mallets… you can’t pick the ball up with them,” Rife said on Fully Equipped. “That’s as deep as I was at the time. I said, ‘You know, I’m going to come up with this mallet idea where they put a cavity in it so you can scoop up the ball.’ That was as deep as it was.”

*7:With that idea in mind, Rife, who was not a putter designer previously, started working on a prototype putter by hand. In addition to solving the scooping problem, Rife realized that the putter had real performance benefits. By removing weight from the top part of the club head, overall mass was lowered and pushed more toward the perimeter of the putter. That created forgiveness and higher launch for golfers.

*8:After stumbling upon this game-changing design, Rife decided to patent the idea.

*9:While Rife said he did initially patent the CB mallet design, he let it expire due to the guidelines of the patent. According to Rife, the measurement from front-to-back of the head had to be at least two-thirds of the distance from heel-to-toe of the putter. He was already paying unwanted fees on the patent, so the guidelines were the last straw for him.

*10:“Because of that I was like nobody is going to make a putter head that deep,” Rife said. “They go way beyond that now.”

*11:Unfortunately for Rife, but proving his innovation, CB mallets are now widespread throughout the industry. That was far from the end of the road in putter design for Rife, though. It was just the beginning.

*12:As Rife explains in our Fully Equipped podcast, his CB mallet invention led him further down the rabbit hole of designing putters and creating game-changing designs. These days, Rife is busy designing EvnRoll putters that have his elongated parabolic groove technology, which works to achieve consistent speeds across the face. He explains in much more detail in part 1 of the podcast below, and in part 2 (that’s coming next week).