Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

パターの重心角とストロークとの関係についての誤解|GOLF.com

f:id:golf103:20210109065916j:plain

これほんとずっと思っていたことで,特にPingのパター(フィッティング)が言ってるような,トウハング(重心角)の大きさとストロークタイプ(ストロークかアークか)との関係,あれってそんな単純なもんじゃないだろうっていう。

結局はフィッティングするしかない,ひとつひとつ試すして自分に合ったのを探すしかないっていう,身も蓋もない結論にしかならないんですが,まぁ先入観で決めつけるのは良くないよねっていうことで……。

ソース

Here's why you probably need less toe hang on your putter by Andrew Tursky, 5 January 2021

拙訳

パターにいろいろなデザインがあるのは,いろいろなパッティングストロークに合わせるためだと,これまで思っていたと思う。パターの長さとか,グリップサイズとか,全体の重量とか,スイングウェイトとか,ライ角とか,ロフトとか,ヘッド形状とか,フェースデザインとか,シャフト素材とか,ホーゼルのかたちとか,そういった要素はすべて,個々のゴルファーのストロークとのマッチングにおいて,重要な役割を果たす。だから,パッティンググリーン上での自信を求めているのであれば,パターフィッティングはとても役に立つのだ。 *1

自身のストロークに合ったパターを探そうとしているとき,とりわけ重要な(しかしよく誤解されている)要素というのが,いわゆる「トウハング」だ。本質的には,トウハングとは,パターのシャフト軸とヘッドの重心との関係性を表わしているものだ。 *2

自分のパターのトウハングを調べるには,シャフトを指の上に乗せてみるといい。上の写真のように。クラブが完璧にバランスが取れていて,地面に対して平行になっているとき,クラブヘッドを見てみる。トウが地面側に落ちていればいるほど,トウハングが大きいと言う。パターフェースが空を向いているとき,それをフェースバランスと言う。 *3

市場全体およびプロの世界において,トウハングの選択肢への需要が高まっているのにしたがって,パターメーカーはホーゼルの選択肢を増やし,それでトウハングの角度のバリエーションを増やしている。普通に考えれば,トウハングがあればあるほど,いわゆる「イン・トゥ・イン」なストロークに合うと思われる。つまり,パッティングストローク中にフェースの開閉が大きなストロークに合うだろうというわけだ。一方でフェースバランスのパターは,普通はフェースローテーションの少ない,ストレートな軌道のストロークに合う。 *4

私たちの最新の「Fully Equipped」ポッドキャストで語られたように,しかしそこにはトウハングに関するよくある誤解,トウハングとフェースの開閉との関係についての誤解があるのだ。長年パターの開発にたずさわってきたグエリン・ライフ(EvnRollのCEO)が,このことを解説してくれた。 *5

トウハングのパターはストローク中にフェースの開閉が大きいので,インパクト時にスクエアにしやすいと思うゴルファーもいる。ということでそういうゴルファーにとっては,インパクト時にフェースがオープンになりやすいと思っているのであれば,トウハングパターがそれを解決するというわけだ。 *6

もちろん,インパクト時にフェースをスクエアにするのは,狙ったライン上にボールを打ち出すためには重要だが,ライフが言うように,そのフェースが開く問題に関してトウハングのパターが必ずしも唯一の回答なわけではない。実際には,トウハングを使うことでその問題が悪化することだってあるのだ! *7

ライフが言うには,トウハングパターはトウ側によりウェイトが寄っている。パッティングストロークの最中,そのトウ寄りのウェイトのせいで,バックストローク中にパターヘッドは開きがちになる。切り返しでフォワードストロークに入るときパターヘッドは慣性で後ろに動きつづけ,パターヘッドは開いたままになる。ゆえに,パターヘッドがインパクトに向かって動くときに,スクエアにするためにフェースを閉じる必要がある。そのスクエアにする動作が入らないと,フェースは開きがちになり,プッシュをしやすくなる。右利きのプレーヤーであれば,ターゲットより右に打ち出すというわけだ。 *8

なので,もし自分がパットでプッシュしやすい傾向にあるなら,トウハングパターはそのミスをさらに助長するかもしれない。ライフによれば,フェースをスクエアにするのに苦しんでいるゴルファーがいれば,実際にはトウハングよりフェースバランスパターの方が合っているかもしれない。 *9

実際には,パターの名手でもさまざまなタイプがいる。トウハングを使う名手もいれば,フェースバランスを使う名手もいる。しかしライフの主張としては,フェースをスクエアにするのに悩んでいるゴルファーは,フェースバランスを検討した方がいいかもしれないということだ。 *10

*1:By now, you’re likely aware that different putter designs are made to match different styles of putting strokes. Factors such as putter length, grip size, grip shape, overall weight, swing weight, lie angle, loft, head shape, face design, shaft material and hosel configuration all play an important role in how a certain putter marries up with your particular stroke. That’s why a putter fitting is so helpful if you’re searching for comfort and confidence on the putting green.

*2:One particularly important (yet often misunderstood) ingredient in finding a putter that fits your stroke is something called “toe hang.” Essentially, toe hang helps describe the relationship between the axis of the putter shaft and the head’s center of gravity (CG).

*3:You can figure out the toe hang of your putter by balancing the shaft on your finger, as illustrated above. When the club is perfectly balanced and sits horizontal relative to the ground, take a look at the club head. The more the toe of your putter head droops toward the ground, the more toe hang it has. If the face of your putter points toward the sky, then it’s face balanced.

*4:Due to increasing demand for toe hang options in both the market as a whole and in the professional game, putter makers have increased the amount of hosel options that lead to differing degrees of toe hang. In the most basic sense, more toe hang will better suit golfers who have arcing strokes; these players tend to rotate the face open and shut more throughout the stroke. Face balanced designs, on the other hand, typically suit golfers who have a more straight-back and straight-through stroke with little or no face rotation.

*5:As discussed on our recent Fully Equipped podcast, however, there’s a common misconception about toe hang and how it relates to face closure. Luckily, Guerin Rife, a longtime putter inventor and CEO of EvnRoll, helped clear things up.

*6:Some golfers think that since toe hang putters open and close more throughout the stroke that it means they are easier to square up at impact. As such, they think that if they’re leaving the face open too often at impact that a toe hang putter will solve their issue.

*7:Of course, having a square face at impact is crucial to hitting putts on line, but, as Rife explains, toe hang putters are not necessarily the answer to the open-faced problem. Toe hang may actually make the issue of leaving the face open worse!

*8:As Rife explains, toe hang putters have more head weight on the toe side. During the putting stroke, that toe-heavy weight distribution causes the putter head to open on the backstroke. As you change direction to make the forward stroke, the putter head continues to lag, causing the putter head to remain open. Therefore, as the putter head moves more toward impact, the golfer must close the face to square it. Without squaring the face up, golfers may have a tendency to leave the face open and push the ball. For righties, that means missing the target to the right (lefties who “push” will miss left).

*9:So, if you’re a golfer who tends to push the ball, using a toe hang putter could exacerbate your miss. According to Rife, golfers who struggle with squaring the face properly may actually be better suited for face balanced putters, rather than ones with toe hang.

*10:Now, there are plenty of great putters on both sides of the spectrum. There are great players who use toe hang putters, and great putters who use face balanced putters. Rife’s point, though, is that those who struggle with squaring the face may want to opt for face balance.