Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

タイガー・ウッズが今まで使ってきたすべてのパター|GOLF.com

f:id:golf103:20200922113122j:plain

タイトルの通りなんですが,この元記事が書かれた2020年2月のあと,正確には8月の PGA Championship で,別の Scotty Cameron Newport 2 が使われました。それも長続きしないで,結局「例の」Newport 2 に戻りましたが。

ソース

Every single putter Tiger Woods has used in his golf career by Andrew Tursky, 19 February 2020

拙訳

タイガー・ウッズが使う道具は,ゴルフ界では最もつぶさに観察され,批評されてきた。ウッズがクラブを替えるたびに,特にパターのときは,大きなニュースになる。 *1

ということで,ゴルフファンの多くは,タイガーが1997年のマスターズで勝ったときに使った Scotty Cameron Newport TeI3 について知っている。そしてまた,タイガーが現在バッグに入れ,そしてメジャー15勝中14勝に貢献した Scotty Cameron Newport 2 GSS prototype についても知っている。 *2

しかし,タイガーがキャリアの中で使ったパターは,そのふたつには限らない。彼は他のスコッティ・キャメロンのモデルも使ったし,PINGもOdysseyもNIKEもTaylorMadeのものも使った。そしてまた,ゴルフファンが見慣れたNewport/Anserタイプのモデルだけでなく,マレットタイプや異なるホーゼルも試してみた。 *3

以下では,ウッズがそのキャリアの中で試合で使たすべてのパターを概観する。 *4

PING Anser 2 Stainless Steel (1994 and 1995 U.S. Amateur)

f:id:golf103:20200922114356j:plain

ウッズはアマチュア時代(ジュニアと学生ゴルファーとして)のほとんどで,PINGのパターを使った。若かりしころ(だいたい1990年と1991年),ウッズはブロンズの PING Anser モデルを使った。それからだいがい1996年まで,シルバーの PING Anser 2 Stainless Steel モデルを使った。フェースのトウにピンマンがあって,フェースのヒールには「PING」の刻印があるものだ。彼はこの PING Anser 2 モデルで,1994年と1995年のUSアマチュア選手権を制した。 *5

ウッズはまた1998年に PING Anser 2 モデルに戻るが,それについてはあとで触れる。 *6

An Odyssey for the 1996 NCAA Championship

f:id:golf103:20200922113242j:plain

優勝した1996年の NCAA Division I Men’s Individual Championships では,ウッズは Odyssey Dual Force 660 パターを使った。Anserスタイルのヘッド形状で,フェースには黒のインサートがあり,そして Golf Pride のコードグリップだった。もちろんそのフェースインサートのおかげで,それまで彼が使っていたパターよりは柔らかな打感が得られた。しかし,同じ年のUSアマチュアでプレーするときまでには,このパターはバッグから抜かれていた。 *7

Scotty Cameron Newport with Pro Platinum finish (1996 U.S. Amateur)

f:id:golf103:20200922113305j:plain

1996年のNCAAで勝利したあとで,ウッズは新しい Scotty Cameron Newport パターを使いはじめた。Pro Platinum 仕上げで,フェースインサートがないものだ。この前に使っていたOdysseyのパターのように,このパターにもコードグリップがつけられていたし,そして同じくこのパターも彼のバッグの中で長続きしなかった。とはいうもののウッズは,プロデビューした1996年の Greater Milwaukee Open ではその Scotty Cameron パターをバッグに入れた。 *8

The controversial Scotty Cameron Scottydale

f:id:golf103:20200922113329j:plain

ツアー最初の2勝のとき,つまり1996年の Las Vegas Invitational と Disney World Oldsmobile Classic とで,ウッズは賛否両論ある Scotty Cameron Scottydale パターを使った。Sun Sentinel のレポートによる。ゴルフ規則によれば,パターのネックの長さは5インチを超えてはならないが,ルールオフィシャルたちはウッズのパターがこの規則に反しているのではないかと疑った。しかしウッズはツアー選手権を前にしてかすかに違うモデルに明らかに替えて,そこでそのパターが計測されて規制に適合している認められた。 *9

しかし,ゴルフ規則によれば,ゴルファーが知らないうちに規制に反した用具を使っていても,遡及的なペナルティの対象にはならない。 *10

1997年までに,ウッズは間違いなくネックが5インチより短いパターに変更し,そしてそのルール適合モデルの Scottydale は,その年の後半ほんのわずかに再登場した。 *11

The famous Scotty Cameron Newport TeI3

f:id:golf103:20200922113356j:plain

1997年のマスターズで勝利したとき,ウッズは Scotty Cameron Newport TeI3 を手にしていた。Teryllium フェースインサートがあり,バックキャビティには消音用の白いドットが5列に並んでいる。このパターはウッズのバッグの中で長続きはしなかったが,多くの人の注目を集め,その中には若きウェブ・シンプソンもいる。 *12

レプリカ,限定版のリリース,そして再生産されたものは,今日非常に人気が高い。実際,ブルックス・ケプカは現在,ウッズのオリジナルをもとにした Scotty Cameron T22 Teryllium パターを使っている。 *13

Going with the flow

f:id:golf103:20200922113419j:plain

ほんのわずかなあいだ,ウッズはフローネックの Scotty Cameron パターを使った。これはTitleistがLaguanaモデルと認めたものだ。ウッズは1997年,ミシガン州の Warwick Hills Country Club で開催された Buick Open でこれを使ったが,以降14本のスタメンにこのパターが入ることはなかった。 *14

フローネックスタイルのパターは2018年にわずかに復活するが,これについては後に触れる。 *15

Back to the Anser

f:id:golf103:20200922113441j:plain

1998年,ウッズは PING Anser 2 パターに戻るが,これは実際には,マーク・オメーラの控えのパターだった。ウッズはこの控えを使って1998年の全英オープンでオメーラに勝ちそうになったが,最終的にはオメーラが優勝している。 *16

大会のあとでのこしたオメーラの言葉が有名だ。「あれは私の控えのパターだった。私が1位で,彼は1打差だった。だからあれは控えなんだよ」。 *17

傑作。 *18

THE Scotty Cameron

f:id:golf103:20200922113510j:plain

1999年,ウッズは Scotty Cameron Newport 2 GSS (German Stainless Steel) プロトタイプパターを使いはじめ,そしてそれは現在でも使っている。ほぼきっと,これがゴルフにおいて最も有名なパターだろうし,仮にオークションに出されたならば,8桁は軽く超えるに違いない。 *19

良く知られているが,そのパターのフェースのヒール部分には「チェリーボム」な赤丸があり,バックバンパーには「Tiger Woods」のスタンプが赤で施され,アライメント用には赤い点がひとつトップラインにあり,もうひとつの「チェリーボム」がバックキャビティに付いていて,そして PING PP58 グリップが付けられている。20年にわたって使われた結果,フェースのスイートスポットには打痕が付いている。 *20

ウッズはこのパターでメジャー全15勝中14勝を手にした。1999年から2010年までウッズのバッグにこのパターは収まり,そして近年また復活している。 *21

The Nike Method era begins

f:id:golf103:20200922113537j:plain

2010年と2011年,ウッズは NIKE Method パターを使いはじめた。この間のタイガーは,クラシックなAnser/Newportスタイルの「001」と,ミッドマレットタイプの「003」とのあいだを行ったり来たりする。後者のオプションはもちろん衝撃的だった。なぜからそれまでのタイガーは,マレットの匂いのするパターですら,それまでは試合で使ったことがなかったから。 *22

ウッズは2010年の全米オープンで001モデルを使ったが,同年後半にはマレットタイプを好んで使うようになる。そして2011年のマスターズでは003マレットを使って4位タイに終わった。 *23

2011年の全米オープンと全英オープンには出場しなかったが,PGA Championship では001を使った。2012年まで,そして2016年にナイキがゴルフ用具の製造から撤退するまで,ウッズは NIKE Methodo 001 パターを使った。この期間中,2013年シーズンの5勝があったが,NIKEパター時代の6年間で,ウッズはメジャーで勝つことはなかった。 *24

TaylorMade Ardmore 3 mallet

f:id:golf103:20200922113606j:plain

ウッズにとって,2018年はパターの実験の1年だった。年初は有名な Scotty Cameron Newport 2 GSS プロトパター を使い,それからシーズン中にいくつか異なるパターを試しはじめた。 *25

2018年の PGA Championship まで,ウッズはマレットパターにコミットしていた。それは TaylorMade TP Ardmore 3 で,ブラックコッパー仕上げでフローネックのモデルだった。その変更は,ほとんど上手くいっていた。ケプカに2打差で破れたものの,日曜日に64というスコアで勝利に近づいたこともあった。 *26

Ardmore 3 は5試合で使われたが,そのあとタイガーはより馴染みのあるヘッド形状に戻った。 *27

The TaylorMade Juno

f:id:golf103:20200922113629j:plain

ほんのわずかな期間,ウッズは TaylorMade TP Black Copper Juno を使った。Newport 2 と同じヘッド形状のものだ。2018年の Dell Technologies Championship でそのパターを使い,24位タイに終わった。 *28

2018年のツアー選手権に出たときまでにはしかし,その Juno はベンチに下がった。 *29

もちろんウッズはそのあとツアー選手権で勝ち,翌年のマスターズで勝ったが,そのときに使っていたのは例の Newport 2 GSS プロトタイプだ。その有名なパターはこんにちでも彼のバッグの中にいつづけているし,何か起こるか(くわばらくわばら),グリーン上で日照りがつづかない限りは,しばらくのあいだは先発メンバーとして試合に出つづけるだろう。 *30

*1:Tiger Woods’ equipment is the most closely observed and critiqued in the game of golf. Any time Woods makes a switch, especially with the putter, it’s major news.

*2:As such, most golf fans know about the Scotty Cameron Newport TeI3 putter he used to win the 1997 Masters. They also know about the Scotty Cameron Newport 2 GSS prototype that Woods currently has in the bag and has used for 14-of-15 majors.

*3:Those aren’t the only two putters Woods has used throughout his career, however. He’s used other Scotty Cameron models, as well as Ping, Odyssey, Nike and TaylorMade putters. He’s also experimented with mallet options and different hosels, not just the Newport/Anser-style models golf fans are used to seeing.

*4:Below, we highlight all of the putters that Woods has used in competition during his career.

*5:Throughout most of Woods’ amateur days as a junior and collegiate golfer, he used a Ping putter. In his younger days — around 1990 and 1991 — Woods used a bronze Ping Anser model. Then until about 1996, he used a silver Ping Anser 2 Stainless Steel model; the one with the Pingman on the toe portion of the face and “Ping” stamped on the heel of the face. He used this Ping Anser 2 model to win the 1994 and 1995 U.S. Amateur championships.

*6:Woods also revisited the Ping Anser 2 model in 1998, but we’ll get to that further down this list.

*7:During his victory at the 1996 NCAA Division I Men’s Individual Championships, Woods used an Odyssey Dual Force 660 putter. It had an Anser-style head shape, a black insert on the face, and a cord-style Golf Pride grip. Certainly, due to the face insert, the putter offered a softer feel off the face than what he was using previously. By the time he played in the U.S. Amateur later that year, though, the putter was out of his bag.

*8:Sometime after his 1996 NCAA victory, Woods started using a new Scotty Cameron Newport putter with a Pro Platinum finish and no face insert. Like the Odyssey putter he used prior, the putter had a cord grip on it, and it also didn’t last too long in his bag. Woods did, however, have that Scotty Cameron putter in play during his professional debut at the 1996 Greater Milwaukee Open.

*9:During his first two wins on Tour — the 1996 Las Vegas Invitational and the 1996 Disney World Oldsmobile Classic — Woods used a controversial Scotty Cameron Scottydale putter, as reported by the Sun Sentinel. According to the rules of golf, the neck of the putter cannot exceed 5 inches, and officials were skeptical that Woods’ putter broke this rule. Woods, however, apparently switched into a slightly different model before the Tour Championship, where the putter was measured and deemed conforming.

*10:Regardless, the rules of golf say that if the golfer unknowingly used nonconforming equipment, he/she is not subject to retroactive penalty.

*11:By 1997, Woods switched into a putter where there was no question the neck measured less than five inches, and the conforming Scottydale popped up again only briefly later that year.

*12:During his 1997 Masters victory, Woods used a Scotty Cameron Newport TeI3 putter that had a Teryllium face insert, and five rows of sound-dampening white dots in the back cavity. The putter didn’t stay in his bag for very long, but it caught the attention of the masses, including a young Webb Simpson.

*13:Replicas, limited-edition releases and remakes of the putter remain extremely popular today. In fact, Brooks Koepka is currently using a Scotty Cameron T22 Teryllium putter, which is based on Woods’ original.

*14:For a very brief moment in time, Woods used a Scotty Cameron putter with a flow neck, which Titleist confirmed was a Laguna model. Woods had the Laguna in his bag for the 1997 Buick Open at Warwick Hills Country Club in Michigan, but it looks as though it never made it back into the starting 14-club roster after that.

*15:A flow-neck-style putter returned briefly in 2018, but we’ll get to that later.

*16:In 1998, Woods switched back into a Ping Anser 2 putter, which was actually one of Mark O’Meara’s backup putters. Woods nearly beat out O’Meara using the backup to win the 1998 Open Championship, where O’Meara emerged victorious.

*17:After the event, O’Meara famously quipped: “That’s my backup putter. I finished first, he finished one shot off. That’s why it’s the backup.”

*18:Classic.

*19:In 1999, Woods started using the Scotty Cameron Newport 2 GSS (German Stainless Steel) prototype putter that he currently uses today. It’s quite possibly the most famous putter in golf, and it would surely go for at least 8 figures if it were to have ever hit an auction table.

*20:It famously has a “cherry bomb” red dot on the heel portion of the face, “Tiger Woods” stamped in red on the back bumpers, a single red dot on the topline for alignment, another “cherry bomb” in the back cavity, and it’s equipped with a Ping PP58 grip. After two decades using the putter, he’s worn a spot on the face directly in the sweet spot.

*21:Woods has used the putter in 14-of-his-15 major championship victories, and it consistently stayed in the bag from 1999 until 2010, before reemerging in recent years.

*22:In 2010 and 2011, Woods began using Nike Method putters. He bounced back-and-forth during this time between a 001, which was a classic Anser/Newport-style putter, and a 003, which was a mid-mallet. The latter option, of course, was shocking because Woods never used anything before in competition that even resembled a mallet putter.

*23:Woods used the 001 style putter in the 2010 U.S. Open, but he opted for the mallet in late 2010, and then he finished T4 in the 2011 Masters using the 003 mallet.

*24:He didn’t play in the 2011 U.S. Open or Open Championship, but he used the 001 putter in the 2011 PGA Championship. By 2012, and until Nike exited the hard goods industry in 2016, Woods used the Nike Method 001 putter. This time period includes his five-win 2013 season, but Woods never won a major in the six-year stretch that he used Nike putters.

*25:For Woods, 2018 was a year of putter experimentation. While he started the year using his famous Scotty Cameron Newport 2 GSS proto putter, he began trying different putters during the season.

*26:By the 2018 PGA Championship, Woods had committed to a mallet putter, which was a TaylorMade TP Ardmore 3 with a black copper finish and a flow neck. The switch nearly worked out, too. He almost won the event with a Sunday 64, finishing runner-up to Brooks Koepka by two shots.

*27:The Ardmore 3 lasted a total of five events in 2018 before he went back to a more familiar style head.

*28:For a brief period, Woods opted for a TaylorMade TP Black Copper Juno putter, which was the same style head as his Newport 2. He used the flat stick during the 2018 Dell Technologies Championship, where he finished T24.

*29:By the time he teed it up at the 2018 Tour Championship, though, the Juno was benched.

*30:Of course, Woods went onto to win the Tour Championship, and then the 2019 Masters, using his famous Newport 2 GSS prototype. The popular putter remains in the bag today, and unless something happens to it (knock on wood) or he hits a nasty dry spell on the greens, it’s likely the putter has the starting job for the foreseeable future.