Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

ドライバーが要るとか要らないとか

ドライバーが絶望的に打てない。年に1週間ぐらいの頻度で,2019年ならBethpageでやったとき,2020年なら小淵沢に滞在したときに,突然変異が起きて別人のような球が出るのだが,それ以外の年に50週は,どうしようもない球しか出ない。上がらない,飛ばない,左にも右にも曲がる。

ドライバーに特化して練習を重ねればなんとかなるのかもしれないが,もともと限られた時間の中でゴルフをやっているので,リソース配分を最適化したい。ドライバーを打つためにゴルフをやってるのではなく,いいスコアを出すためにゴルフをやっているのだ。そのための,リソース配分の最適化。

となると自ずから,バッグの中身はこんなふうになる。

f:id:golf103:20201130163944j:plain

ティーショットは5番ウッド。幸いこれで250ydぐらい飛ぶので,まぁそれなりのゴルフにはなる。

でもそうやってラウンドしてると,だいたい言われる。「ドライバー,今日は打たないの?」とか,「それだけ飛んだらドライバー要らないね」とか。

たまに魔が差してバッグにドライバーを入れてるとき,そして5番ウッドでのティーショットがどうにも調子が悪いとき,自分でもだんだん痺れを切らして,ドライバーを打ちたくなってくる。そうしてバッグからドライバーを抜いてティーに立つと,「お,ついにドライバー!」みたいに言われる。

結果は99%の確率でミスショット。うっすら感じる同伴者の落胆。誰よりも凹んでいるのは自分だというのに。

……

なんていうか,フェアウェイの半分の幅の精度でティーショットを打ちたいんですよ。グリーンとピンの位置に応じて,フェアウェイの右に打つ,左に打つ,右半分狙って右には行かない打ち方をして最悪左半分でもOK,左手前のバンカーはキャリーしたいけど右のバンカーには絶対入れたくない,みたいな。そういうことができる(と思えている)のが,いまのところ5番ウッドまで。

もちろん,欲がないわけじゃない。「5番ウッドでこれぐらい飛ぶなら,3番ウッドなら…,ドライバーなら…」とは,自分でも思う。思うし,試すけど,そのたびに失敗して,凹む。実際,ついこないだも Vapor Fly 3+ を入手して,結局望む精度で球が打てないのが分かったから…。

f:id:golf103:20201121060316j:plain

いやあれはロフト13度だから悪いんだ。16.5度ぐらいの3HLだったら?……などと思いついては,eBayを徘徊する今日このごろ。5番より1インチ長くして,ロフトが少しだけ立って,そしたらもう10yd……。

とにかく分かった。いまさら分かった。自分は球が上がらない。とにかくロフトのあるものにしよう。球が上がりやすいモデルにしよう。でもツアー支給品が欲しい(そこがまた闇深い)。

……

ドライバー打てる人,ドライバーで球が上がる人,まじで羨ましい。たとえ自分より飛ばなくても。たとえ他の番手がぜんぜん打てていなくても。