Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

箱根カントリー倶楽部は日本のSeminoleか?

箱根カントリー倶楽部でラウンドしましたよって話なんですが,

箱根カントリー倶楽部 OFFICIALSITE|箱根仙石原にある会員制ゴルフクラブ|

人生の先輩たちとのラウンドで,若者(比較的)らしいゴルフを見せつけました。ドライバーを振り回して,飛ぶには飛ぶけど,どこにボールが行くか分かんないってやつ。

技術的には,タメと左手首の掌屈を忘れたスイングで,グダグダでした。

んで,日本のSeminoleの件

なんとなくそういうことを言ってみたかっただけなんですが,こないだマキロイとかDJとかがチャリティーマッチをやったフロリダの Seminole Golf Club と,我らが箱根カントリークラブ。

もちろん丘陵コースとシーサイドコースって大きな違いはありますが,どちらもフェアウェイが広くて基本的にセカンドショットコースで,しかしグリーンが難しいので落とし所の精度が求められて,適度な高低差があって,リゾートな雰囲気があって,そして伝説の設計家やプレーヤーに縁がある(箱根は赤星四郎,セミノールはボビー・ジョーンズとドナルド・ロス)っていうところとか,共通点あるなぁと。

f:id:golf103:20200704052516j:plain
箱根

f:id:golf103:20200704052353j:plain
Seminole空撮

まぁでも,セミノールとの比較なんぞ持ち出さなくても,箱根が気持ちいいのは間違いない。久しぶりに「名コースでプレーした」って感覚が味わえました。

ギャラリー

f:id:golf103:20200703101501j:plain

チッピンググリーン。Royal Belfast を思い出した。このコースでこれがいちばんリッチな光景かもしれない。

f:id:golf103:20200703101533j:plain

1番パー4。フェアウェイは広く見えるけどラフはけっこう長いので,入ると手こずる。地味ですが,グリーンキーパーがいい仕事してるって感じですね。

f:id:golf103:20200703101601j:plain

4番パー4の途中を流れるクリーク。前日の大雨で水嵩が増している。

f:id:golf103:20200703175013j:plain

13番パー4。2本の木のあいだを狙ったらスライスして右OB。打ち直しは左から大きく回してフェアウェイ。これからはババゴルフだ!

たまにはこういうところでプレーしたいものです……。