Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

シャローイング矯正ベルト|ジョージ・ガンカスの「GBox」を試してみた

「シャローイング矯正ベルト」とは僕が勝手に名付けだたけで,ガンカス様はこの練習器具の一義的な目的は「ターン,そしてターン」とおっしゃってます。*1

f:id:golf103:20200622152217p:plain
いいお値段しますな

左腰側の箱には白線がついていて,たぶんバックスイングでこれが目に入るっていうかなんならボールを指すぐらいにターンしろってことなんでしょうね。「バックスイングでもっとターンしろ」っていうのは,ガンカスがブッチ・ハーモンに教えたときも強調していたことでした。*2

で,右腰の箱。普通に打つとダウンスイングで右肘がこの右の箱に当たっちゃうので,「だからターンが必要なんだよ」とガンカスは言ってます。

しかしまぁターンしたからといってこの右の箱に当たらないかというときっとそういうこともなくて,たぶん,切り返しから右肘を前に出す動き(通称「五木ひろし」「いつきる」)が必要だと思うんですよね。じゃないと当たる。

f:id:golf103:20200622153506p:plain
五木が思ったほどいつきってない件

で,右肘を前に出すとどうなるか。シャフトが寝る。

ということで僕は,この「GBox」で自分史上最高のシャローイングが体験できました。「こんなに右肘出すんだ〜」って感じ。

あと余談ですが,五木ひろし(というか清水アキラ)といえば「ヨコハメ,タテハメ」ですが,ゴルフスイングでもヨコ回転とタテ回転の意識というかシークエンスって大事だなーというのを,最近痛感しています。