Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

2020 The Honda Classic プレビュー|フリートウッドは安定の王|15th Club

f:id:golf103:20200227063728j:plain
髪を刈っても神がかった安定感のトミフリ

ソース

Fleetwood the current king of consistency - 15th Club by Justin Ray, 26 February 2020

拙訳

今のゴルフで最も長く続く連続記録のひとつが,今週試される。今週の会場におけるスコアリングの変動の大きさ(昨年 PGA National では233のダブルボギー以上のスコアが出た,これはシーズンで2番めに多い)を考えれば,これは困難な仕事に思える。*1

f:id:golf103:20200227062533p:plain

トミー・フリートウッドはPGAツアーの大会で,32試合連続予選通過している。これは現在も継続中の記録としては最長で,2位に12もの差がある。これに次ぐのはコリン・モリカワの20試合連続だ。*2

しかし,フリートウッドのようなグローバルプレイヤーにとって,この安定性の継続は実はそれ以上だったりする。彼はもう600日以上,世界中の至るところで予選落ちを経験していない。週末の決勝ラウンドに彼が勧めなかったのは,2018年のフレンチオープンが最後なのだ。現在の世界ランキング50位以内のプレイヤーの中で,フリートウッドだけが,2019年から2020年の公式大会で予選落ちをしていない。モリカワもそうなのだが,彼のランキングは今週51位だ。*3

しかしながら,フリートウッドがPGAツアーの史上最長記録に追いつくまでには,まだまだ時間がかかる。実際,あと110試合連続して予選通過しないと,タイガー・ウッズの142試合連続という記録には追いつけない。つまり,2025年夏まで,フリートウッドはこの記録を継続する必要があるのだ。*4

コースの特徴

フロリダから聞こえてくる安堵の溜息は,今週 PGA National でポアナグリーンでのパットをする必要がなくなったプレーヤーたち一同の反応だ。通常,このコース上での1ラウンドあたり平均パット数は,PGAツアーのスケジュール上でこれに先行するカリフォルニアの会場よりも,1.5打少ない。2019年,この The Honda Classic における4-8フィートからのパッティングの成功確率は,Torrey Pines South Course にう比べて10%高く,Pebble Beach より12%も高い。*5

f:id:golf103:20200227062606p:plain

しかしながら,今週が易しい週になるというわけではない。昨シーズンのメジャー以外のPGAツアーの試合で,PGA National は2番めにタフなコースだった。パー3ホールでの平均スコアは3.15で,ツアー全体で3番目にタフであることが示されている。毎年このコースは,GIR,ラフからのショット,フェアウェイからのショットという点で,最も難しい部類に入る。*6

昨年,PGA National において150-200ヤードからのアプローチショットは3000以上を数えた。今シーズン,このレンジからのショットの正確性が最も高いのは,ビクトル・ホブラン。1ショットあたり2フィートの差をつけている。ホブランはPGAツアーでの初勝利を,先週プエルトリコで飾ったばかりだ。*7

注目のプレーヤー
  • ブルックス・ケプカは,1年前この大会で2位タイ。キース・ミッチェルにわずか1打差だった。しばらく膝の手術で戦列を離れていたが,今週の会場は難しいコースを得意とするケプカにお似合いのように見える。ケプカがPGAツアーの大会で優勝した7回のうち4回は,そのシーズンで難易度が6位に入るコース上で起こっている(3つのメジャー勝利と2018年の CJ Cup)。7つのコースで,フィールド全体の平均スコアが1オーバーパー以上だったが,昨年 PGA National はまさにそうだった(+1.02)。*8

  • リッキー・ファウラーは,2017年に今大会で優勝しているだけでなく,2012年以降 The Honda Classic で5回のトップ5入りを記録している。PGA National での生涯通算平均スコアは69.71で,これは20ラウンド以上しているプレーヤーの中では史上最高。世界ランキング25位となったファウラー,今月初めにディフェンディングチャンピオンとして出た Phoenix 以来の試合となる。*9

f:id:golf103:20200227062635p:plain

  • メキシコシティで3位タイだったエリック・ヴァン・ローエンは,今週フロリダのフィールドの中にいる。南アフリカ出身のこの30歳は,グリーン上のパフォーマンスを上げて世界ランキングも駆け上っている。2018年はヨーロピアンツアーの strokes gained putting で105位だったのが,昨シーズンは10位に。アフリカ出身としては現在ルイ・ウーストヘイゼンに次ぐ2番めの位置にいる。*10

  • チャールズ・ハウエル3世は,その息の長さに敬礼を。先週のメキシコシティでとあるマイルストーンに到達した。それは,2019-20シーズンのPGAツアーで獲得賞金が100万ドルを越え,これは20シーズン連続のこと。彼とフィル・ミケルソンだけが,20シーズン以上連続で100万ドル以上の賞金を獲得している(フィルは24回連続であり,今シーズン25回連続を目指している)*11

  • ビジェイ・シンは昨年の今大会で台風の目となった。56歳の誕生日を迎えて数日後に,単独6位の成績をあげたのだ。今週もまた出場するが,これが彼の殿堂入りしたキャリアにおいて,PGAツアーでは625試合目となる。シンは1999年に今大会で優勝しており,それは今週同じ場にいるマシュー・ウルフが生まれたちょうど1ヶ月後のことだった。*12

タイガー・ウッズ,今週のスタッツ

これまでにPGAツアーで82勝しているタイガー・ウッズ。それらの大会で準優勝に終わったプレーヤーたちの勝利数を合計すると,539になる。それらのプレーヤーのうち20人は,通算10勝以上をあげている。*13

*1:One of the longest-running current streaks in golf will be tested again this week. Given the scoring volatility present at this week’s venue (233 double bogeys or worse were made last year at PGA National, second-most of any course all season), that could be a difficult task.

*2:Tommy Fleetwood has played 32 straight PGA Tour events without missing a cut, the longest active run on Tour by a dozen tournaments. Collin Morikawa has the second-longest streak currently, at 20.

*3:But for a global player like Fleetwood, this run of consistency goes even further than that. It’s been more than 600 days since his last missed cut anywhere – the 2018 French Open is the last time he failed to play the weekend in any event. Tommy is the only player currently in the top-50 to not have a missed cut in an official event in 2019 or 2020. The next name on that blemish-free list – Morikawa – is 51st in the Ranking this week.

*4:Fleetwood has a long way to go to catch the recognized all-time PGA Tour mark, however. Tommy’s current streak is a mere 110 more tournaments away from tying Tiger Woods’ record of 142 in a row – meaning he could catch him if he keeps this up through the summer of 2025.

*5:That sigh of relief you hear coming from Florida is the collective response of players not having to putt on poa greens this week at PGA National. Typically, this course yields 1.5 fewer putts per round than the California venues that precede it on the PGA Tour schedule. In 2019, players made 10% more putts between four and eight feet at The Honda Classic than they did at Torrey Pines South, and 12% more than they did at Pebble Beach.

*6:It’s not like it will be easy this week, though. Last season, PGA National played as the second-toughest course on the PGA Tour among non-majors. It’s par threes played to an average of 3.15, ranked third-toughest on Tour overall. The course is annually among the leaders in difficulty in greens in regulation, rough proximity and fairway proximity.

*7:Last year, the field at PGA National had more than 3,000 approach shots between 150 and 200 yards, the most of any course on the PGA Tour. The Tour leader this season in average proximity from 150 to 200 yards happens to be Viktor Hovland – by more than two full feet per shot. Hovland picked up his first PGA Tour victory last week in Puerto Rico.

*8:– Brooks Koepka finished tied for second in this tournament a year ago, just one shot behind Keith Mitchell. Brooks has not contended since his return from knee surgery, but the venue this week seems to fit his preference for more difficult golf courses. Four of Koepka’s seven PGA Tour titles came on courses that ranked in the top-six that season in average difficulty (three of his major wins and the 2018 CJ Cup). The seven courses played to a field average of more than a full stroke over par. Last year, PGA National played right at that number (+1.02).

*9:Rickie Fowler not only won this tournament in 2017, he’s amassed five top-15 finishes at The Honda Classic since 2012. His career scoring average of 69.71 at PGA National is the best of any player all-time with at least twenty rounds played. Now 25th in the World Ranking, Fowler will be playing for the first time since defending his title in Phoenix earlier this month.

*10:Coming off a tie for third in Mexico City, Erik Van Rooyen is in the field this week in Florida. The 30-year-old South African’s ascent in the World Ranking has been tied to improvement on the greens: he went from 105th on the European Tour in strokes gained putting in 2018 to 10th last season. He is currently the second-highest ranked player from Africa, trailing only Louis Oosthuizen.

*11:A salute is due to the longevity of Charles Howell III, who hit a milestone last week in Mexico City. Howell surpassed $1 million in official PGA Tour earnings in 2019-2020, his 20th consecutive season pulling off that feat. In the history of the PGA Tour, only he and Phil Mickelson have amassed streaks of 20+ years making $1M or more (Lefty has done it 24 straight times, with a chance to make it 25 this season).

*12:Vijay Singh was a surprise contender at this event last year, finishing solo sixth just days after turning 56 years old. He’s in the field again this week, making the 625th official PGA Tour start of his Hall of Fame career. Singh won this tournament in 1999, exactly one month after fellow competitor this week Matthew Wolff was born.)

*13:Tiger Woods has won 82 PGA Tour events. The players to finish runner-up in those tournaments have combined to win 539 PGA Tour titles. Twenty of those players have won ten or more times.