Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

最も平均的(アベレージプレーヤー)なプロは誰か?|GOLF.com

身も蓋もないといえばそうなんですが,面白いっちゃあ面白い,こういうやつ。

f:id:golf103:20200312044641j:plain
だーれだ

ソース

Who was the most average player on the PGA Tour in 2019? by Sean Zak & Mark Broadie, 10 March 2020

拙訳

ゴルフファンとしては,平均以上のパフォーマンスをするプレーヤーたちを見るのに多くの時間を費やしている。ロリー・マキロイとかタイガー・ウッズとか。そういう人たちは決して平均的ではないし,だから私たちは彼らが大好きだ。しかし,それ以外の多くのツアープレーヤーは,平均的だ。そういうプレーヤーたちも,少しだけ平均を上回って,上位に顔を出してくることもある。それはFedExカップと呼ばれ,ポイント上位125のプレーヤーが出場できるプレーオフ大会だ。しかしFedExカップポイント以外に,PGAツアーで平均的なのはいったいどんなプレーヤーだろうか。もちろんこのレベルでは,平均的といっても,とてもとてもとても上手い。*1

どのプレーヤーがもっとも平均的かを見るために,その平均的さがゴルフのあらゆる側面にいかに広まっているかを検証した。つまり,平均的なドライバーショットを打つだけでなく,平均的なボールストライカーであってほしいし,平均的なショートゲームと平均的なパッティングもしてほしい。これを定量化するために,それぞれのカテゴリーで strokes gained が0に近いプレーヤーを探した(strokes gained: off the tee は飛ぶけど曲がるドライバーか飛ばないけど真っ直ぐなドライバーの区別がつかないので,さらに平均飛距離の指標も加えた)。最終的に,平均的なプレーヤーは平均的な賞金を獲得しているはずだが,PGAツアーの賞金額は上位にいくほど指数関数的に増えるので,ここでは出場1大会あたりの獲得賞金額の中央値でもって「平均的」を定義した。その結果,2019年のPGAツアーでもっとも平均的なプレーヤーは,マッケンジー・ヒューズと判明した。*2

f:id:golf103:20200312044717p:plain
*印は中央値

ヒューズは15大会で予選通過(ツアー平均:14.9)し,1大会あたり$40,883を獲得(中央値:$42,974)。strokes gained の全4カテゴリーですべて平均から「0.1」以内の差にあって,approaching the green と putting ではまさに平均値ドンピシャ。飛距離はツアー平均より3ヤードほど長い297ヤードで,トップ10フィニッシュは2回だった(平均:2.6)。*3

この件をヒューズのコーチ,デレク・イングラムに話したが,デレクは質問を終える途中で質問の意図を理解し,こう言った。「マックはこれといった弱みがないと,ずっと思っていたよ。彼がとっても平均的だっていう事実は,逆に向上の機会がいっぱいあるってことだよね。特に彼が昔良かったエリアでは。そうしたら2020年は素晴らしいの年になるんじゃないかな」。*4

ヒューズが2019年の最も平均的なプレーヤーだという事実は,彼が平均的どころではないことを意味するのだ!*5

*1:As golf fans, we spend much of our time focusing on players who perform far above average. Rory McIlroy and Tiger Woods—those guys will never be average, and we love ’em for it. Many of their Tour peers, however, are average. We see these players take part in a race to beat average, if only by the thinnest margin. It’s called the FedEx Cup, where the top 125 players in FedEx Cup points advance to the playoffs. But beyond FedEx Cup points, what does average look like on the PGA Tour? At this level, it’s still very, very good.

*2:In order to figure out which players were most average, we wanted their averageness to be spread out among all aspects of the game. They would not only be an average driver; they would also be an average ball-striker, average short-game player and an average putter. We quantified this by searching for Strokes Gained close to zero in each of these categories. (Since average Strokes Gained: Off the Tee can be tricked by a long, errant driver or a short and straight driver, we added an average driving distance criterion to the mix.) Finally, an average player should earn an average amount of money, and because the PGA Tour pays out money to finishers on an exponential scale, we searched for players who earned close to the median money per event. In the end, our averageness searching system identified Mackenzie Hughes as the most average player on Tour in 2019.

*3:特にHughes finished with 15 cuts made (Tour average: 14.9) and earned $40,883 per event (median: $42,974). He performed within 0.1 strokes of the average in all the major categories and was dead-on average approaching the green and putting. He drove the ball three yards farther (297) than the Tour average, an insignificant difference, and finished in the top 10 twice (average: 2.6).

*4:We spoke to Hughes’s coach Derek Ingram, who realized we were asking about Mac before we even finished the question. “I’ve always felt that Mac had no glaring weaknesses,” Ingram said. “The fact that he’s so average gives us a lot of opportunity to improve, especially in areas where he’s been better in the past, and that could make 2020 a great year.”

*5:Since Hughes is 2019’s Most Outstanding in Averageness, it undoubtedly means he’s anything but average!