Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

Mitsubishi Diamana D Limited シャフトの紹介|GolfWRX

いちおう訳しましたが,「さらなる情報を入手した」とかいって,白々しさしか感じません。結果,三菱ケミカルのプレスリリースのような記事ができあがりました。

ポイントとしては,「ケプカとかタイガーとかが D+Limited でメジャーを勝っちゃったものだから,これを勝機にしようと思った三菱ケミカルがフレックスとかのバリエーションを増やして,幅広いゴルファーに勝ってもらえるようにした,ついでに名前とコスメを変えた」,ということかと思います。それ以上でも以下でもなかった……。

f:id:golf103:20200213064300p:plain

ソース

GolfWRX Spotted: Mitsubishi Diamana D Limited shafts – GolfWRX by Ryan Barath, 12 February 2020

拙訳

今週のPGAツアーはリビエラでの Genesis Invitational だが,そこでわれわれがドライビングレンジでカッコいいものをいくつか発見した。その中には,三菱ケミカルの Diamana D Limited も含まれる。われわれは三菱ケミカルにコンタクトを取り,この新たに発見されたシャフトについて,さらなる情報を得ることができた。

三菱のコメント:

「史上初めて,世界中のプレーヤーが,アジアと日本も含めて,三菱ケミカルの D Limited “White Board” プロファイルによる低弾道の威力を,自らのゲームに導入できるようになります」

この新しい Diamana D Limited シャフトの技術的な側面をもっと掘り下げるならば,これは D+Plus Limited Edition “Whiteboard” と同じパフォーマンスとテクノロジーとを提供する,三菱なりのやり方であるが,今度は重量とフレックスのバリエーションがより増えた。このラインの拡張は,小売レベルでのフィッティングの観点から,あるいは中くらいのクラブヘッドスピードを持つゴルファーの観点からいえば,ウィンウィンな状況だ。というのも,この拡張によって,多くのプレーヤーが,低弾道・低スピンを目指して設計されたプロファイルの恩恵を被ることができるから。

‘White Board’ のプロファイルは,ドライバーとフェアウェイウッドの分野で,私たちがもっとも成功したもののひとつです。過去3年のメジャーのうち6回は,優勝者が現世代のものを使っていました。プレーヤーたちがその潜在能力を認識すればするほど,私たちはより広いオーディエンスにこのシャフトを提供しなければと思ったのです」。– Mark Gunther, VP of Sales & Marketing for MCA GOLF

D Limited ラインでのもっともドラマチックな変化は,50グラム台と60グラム台でフレックスをふたつ追加したこと。SR(Stiff Regular)とXで,Xは三菱の通常のS(Stiff)とTX(Tour X)との中間に位置する。オプションをこのように増やしたことで,ゴルファーとフィッターは,よりきめ細やかなフィッティングができるようになることだろう。

大事なポイントとしては,TXモデルに慣れているゴルファーにとっては,他のフレックスとオプションはまったく変化していないことだが,50グラム台では,そのカテゴリーの中でプロファイルがもっと多彩になるように,小さな調整が行なわれた。

技術的な特徴

DIALEAD PITCH FIBER: DIALEAD Pitch Fiber が,シャフト全体を通じて戦略的に活用されている。これは,もっともストレスがかかる部分の安定性を高めるためだ。このピッチファイバーは高価な上に,生産するのが難しい。しかし,伝統的なカーボンファイバーに比べて,対重量で極めて高い強度を誇るこの素材は,シャフトの強度とエネルギー伝導能力を最大化するのに有用だ。

TOUGH-QURE RESIN SYSTEM: 三菱ケミカルのプリプレグには,従来のものより強くそして伝統的なものより二倍早く硬化する樹脂が含まれる。これによって,この上ない強さと安定性が得られるのだ。伝統的な Diamana のフィーリングを保つために,三菱が用いたのは Block Copolymer Technology。これによって,Tough-QURE 樹脂が,より軟らかな(より弾性のある)ポリマーと,より硬い(より耐久性がある)ポリマーとを,つなげることができ,極めて強度の高いシャフトを,しかもフィーリングを損なうことなく,生み出すことができる。

複数の業界にわたってより良い素材を創造するテクノロジーを作り開発している企業として知られている三菱としては,これ以上の深い情報を開示することはできない。

最後に,このシャフトは伝統的なイオンプレーティングが施され,独自のルックスをたもっている。プレーティングのプロセスは真空の中で行なわれ,銀合金イオンがシャフトに付着して,目を引くフィニッシュを生み出している。

スペック
  • Diamana D Limited 50 (R, SR, S, X, TX Flex)
  • Diamana D Limited 60 (R, SR, S, X, TX Flex)
  • Diamana D Limited 70 (S, X, TX Flex)
  • Diamana D Limited 80 (S, X, TX Flex)

この新しい D Limited シリーズシャフトは,MCAの認定小売店とディーラーを通じて,3月6日から入手可能。希望小売価格は500ドル。