Linkslover

世界中のどんなコースに行っても恥ずかしくない/戦える/コースと対話できる。そんなゴルフをしたい。

『ゴルフのホント!?』旅行読売出版社

通っているスクールに置いてあって,パラパラめくったら面白そうだったので,自分で買って読んでみました。月刊『旅行読売』という雑誌に連載されている記事をまとめたものなようです。

ゴルフのホント!? 2018年 03 月号 [雑誌]: 旅行読売 増刊

ゴルフのホント!? 2018年 03 月号 [雑誌]: 旅行読売 増刊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 旅行読売出版社
  • 発売日: 2018/03/30
  • メディア: 雑誌

なぜゴルフ場は18ホールなのか,なぜホールの直径は108ミリなのか,なぜ前半がOUTで後半がINなのか,カントリークラブとゴルフクラブとはどう違うのか,なぜカートは左ハンドルなのか。第1章の「知っていた? ゴルフのこと①〈ゴルフ場編〉」は,初心者が必ず疑問に思うであろう,そんなトピックを扱っています。

第2章の「知っていた? ゴルフのこと①〈プレー編〉」は,ゴルフクラブの本数制限が14本になったいきさつ,ヘッドカバーを発明した日本人のこと,スコアカード記入用の簡易鉛筆を発明した日本人のこと,パーとボギーの正体など,聞いたことがあった話・なかった話がいろいろ取り混ぜられています。

第3章は「間違いだらけの和製英語」。パッティングのスライスライン・フックライン,ショートホール・ミドルホール・ロングホール,風のフォロー・アゲインスト,パーオン,なんのためらいもなくこういう用語を使っている方なら,一読の価値ありかも。

最後の第4章は「びっくり! ゴルフのこんな記録,エトセトラ」。なぜここに,ターンベリーが全英のロータから外された話がくるのか分かりませんが,それ以外はプロの18ホール最多スコア,1ホール最多打数,プレーオフの最長ホール数,1ラウンドの最少スコアギネス記録など,数字に関わるトピックが連なります。

値段はゴルフにちなんで562円。ちょっとした暇つぶしにはちょうどいい値段と内容と判型です。