Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア

Titleist Vokey SM5 ウエッジの評価

こないだ Vokey SM4 の58度ブラックニッケルを買ってワクワクしてた直後にSM5リリースのニュースを知ってガックリ!という個人的な恨みおいといて,そのSM5のレビュー記事です。

GolfWRX: Review: Titleist Vokey SM5 Wedges
http://www.golfwrx.com/194559/review-titleist-vokey-sm5-wedges/

f:id:golf103:20180109004901j:plain

長所:21種類のロフト×バウンス×グラインドの組み合わせ,3つの異なる仕上げ,そしてパーソナライゼーション・プログラムが用意されていて,ゴルファーは自分のプレースタイルや好みにマッチしたクラブを選択できる。最新の技術が投入された溝 TX3 により,グリーン回りではよりスピンがかかり,悪いライからの距離のコントロールが容易になっている。

短所:バラエティがありすぎて,その中から選択をするのは大変かもしれない。よって,プロのフィッティングを受けるに越したことはない。SM5は8620カーボンスチールから鋳造されているが,鍛造ウェッジマニアでもない限り,これは問題にはならない。

結論:新しいウェッジに何を求めていようとも,SM5は大多数のゴルファーに魅力的に映るのは間違いない。上級者はスピンコントロールとグリーン回りの使い勝手がいいと思うだろうし,クラブジャンキーはカスタマイズのオプションやグラインドの選択に惹かれるだろう。アベレージゴルファーや初心者は,自分のスイングに合ったロフト×バウンス×グラインドを適切に選ぶことで,大いに恩恵を受けるだろう。このVokeyの新しいウェッジのターゲットにならない者はいない。

f:id:golf103:20180109004845p:plain
21種類のロフト×バウンス×グラインドの組み合わせ

という感じでWRXはSM5を絶賛してますが,その他,記事の中で気になった点などを箇条書き:

  • ソールのグラインドは6種類(L,T,S,M,F,K)
  • ロフトは46度から62度まで2度刻み
  • フィニッシュは3種類(ゴールドニッケル,ローブラック,ツアークローム)
  • 新しい溝である TX3 は,SM4の溝より7%拡大
    • 48度から54度までは溝は狭く深く
    • 56度から62度までは溝の幅は変わらずしかし7%深く
  • フェースに対する熱加工により,溝の摩耗を減らして耐久性を向上させた
  • デフォルトのシャフトはダイナミックゴールドS200(ウェッジフレックス)