Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

エースにしないことを前提に気になるパターふたつ

エースにするにはためらってしまう,でもエースがたぶん Bettinardi Studio Stock #8 で決まった今,手にしておきたいパターがふたつあります。いずれも、ツアープレーヤーにちなんだもの。

Odyssey White Hot Pro #3

f:id:golf103:20181209045442j:plain

当然ひとつめは,トミー・フリートウッドの Odyssey White Hot Pro #3。独特のフィーリングをうむインサートが特徴の「White Hot」の中で,「ツアープレーヤーが好むガンメタルPVD仕上げを採用」。

ODYSSEY(オデッセイ) - パター - ホワイト・ホット プロ

なぜか日本のサイトには,このブレードでショートスラントネックの「#3」が載ってないので,日本では発売されなかったんでしょうかね。海外では2013年にこの「White Hot Pro」がリリースされたとき,14タイプのヘッドが用意されていたようです。

f:id:golf103:20181209051303p:plain

Callaway Odyssey White Hot Pro Putter - Golfalot

ショートスラントネックといえば,ANSER 4。ラウンド前の朝練で感触が悪く,ラウンドで使うことなく売り払ってしまった(けど一度はコースで試すべきだった)ので,この Odyssey White Hot Pro #3 も合わない可能性大。

PING ANSER MILLED 4を買って「5」と「2」と「4」が揃った - GOLF103

ですがまぁ,トミーにあやかって,持ってるだけでもご利益あるかな,と。

PING Sigma 2 Tyne

Embed from Getty Images

もうひとつは,PGAツアールーキーにして圧倒的な飛ばし屋,キャメロン・チャンプが使うPINGのTyne。チャンプが使う「PLD Mid Tyne 4」はプロトタイプで同じのは手に入らなそうなので,ここは最新の Sigma 2 シリーズから。

f:id:golf103:20181209054345p:plain

https://ping.com/clubs/putters/sigma-2

ツノ型マレットだし,キャメロン・チャンプ愛もまだ表面的だし,ということでエースにはなりえないんですが,長らく ANSER MILLED とか Ketcsh とかを使ってきて PING には愛着あるし,シャフト長が調整できるこの Sigma 2 にはなんとなく惹かれるし,だからといっていまさら ANSER でも KETCSH でもないので,この Tyne。

ヘッドが重すぎるのも好きじゃないので,4じゃなくてTyneの方かな。

そういえば

オデッセイでツノ型マレットといえば,かつて愛したルーク・ドナルドが長らく使っていた(今でもか)White Hote #7。

f:id:golf103:20181209055417j:plain

ゴルフ始めた最初のころ,これを買おうと思いつつ,なぜか結局手を出さなかった……。

さらに余談

パターの方向性に煮詰まったとき,「MySpiderもいいじゃん,青と黄色で!」と思ったこともあったんですが,

f:id:golf103:20181213102829j:plain

Fairway Golf USA でもそこまで自由にカスタマイズできるものではなかったのと,そもそもSpiderって合わないので,このアイデアはボツになりました。