Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

PING ANSER MILLED 4を買って「5」と「2」と「4」が揃った

日本だと(ゴルフパートナー・オンラインとかGDOゴルフショップとか)「ANSER (2011)」と称されることが多いようですが,USだと(eBayとか)「ANSER MILLED」と称されているようです。PINGが2011にリリースしたANSERパターシリーズ。303ステンレスの削りだしで,「ANSER」「ANSER 1」「ANSER 2」「ANSER 3」「ANSER 4」「ANSER 5」「ANSER 6」という全7種類があります。

「これぞ本命!怒濤のラインナップ」PING ANSER パター シリーズ|新製品レポート|GDO ゴルフギア情報

f:id:golf103:20180520043458j:plain

この写真が,各モデルの違いを明確に表わしているでしょう。「ANSER」はソールにスリット入り。「1」から「3」まではシャフトのオフセットが違う。「4」で重心角が大きくなり,「6」はいちばんL字に近いフィーリング。「5」はフェースが天を向いているので,いわゆるフェースバランス。

僕はもともとはフェースバランスな「5」を使っていたんですが,いつしか打ったボールの左右のブレが気になりだして,スタンダードな「2」(クランクネックでフルオフセット)を購入。しかしべノックでのフィッティングを受けたあとに,もう少し重心角があるものを試したいと思い,「4」(ショートスラントネック)も買ってみました。

f:id:golf103:20180520033611j:plain

f:id:golf103:20180520033605j:plain

上から見ると違いがよくわかりますね。ヘッド形状はどれも同じかと思っていましたが。ちなみに右から「5」「2」「4」です。

「2」は過去数回のラウンドでかなりフィーリングが良かった。「5」はもうコースでは使わないので,あとは次回「4」をコースで試してみて,結果がどうなるかでエースパターを決めます。

f:id:golf103:20180520043350j:plain

ちなみに,PINGの分類によれば,「5」はStraight,「2」はSlight Arc,「4」はStrong Arcというそれぞれのストロークタイプにマッチするらしいんですが,当然ながら,パターによってストローク(の軌道)を変えるようなことはしません。それよりはむしろフェースの開閉,あるいはそれに抵抗しようとする力の感じ方が変わってきます。僕の場合は,重心角が浅いとロングパットで右に抜けることが多い,つまりバックスイングで開いたフェースがインパクトで戻ってこないので,それに抵抗するために重心角が深い方がいい,というのが,べノックフィッティングでの判断でした。