Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア

フリートウッドがボールを変えたのが奏功しているという話

気になっていたけど,やっぱりそうだった。

Tommy Fleetwood’s switch to new ball pays off by GolfWRX, PGATOUR.COM, 28 October 2021

このPGAツアーのサイトの記事によると,トミーはもともと,よくあるようにボールに黒い線を書いてパッティングのアライメントをしていたつもりだったけど,最近コーチとパッティングセッションをしているときに,実はちゃんとアライメントできてなかったことに気づいたと。もともとPixは練習用に使っていたけれど,テストにテストを重ねて――CJ CUPの練習ラウンドで普通のTP5xとこのPixをトラックマン使って比較したりして――最終的に採用するに至ったんですって。

っていう記事を見ると,ファンとしては「じゃあ俺も」ってなるんですが,テーラーメイドのツアーレップ Adrian Rietveld は,そんなアマチュアゴルファーの心を見透かしたように,こんなことを言ってます。

“At this level of the game, particularly with Tommy who is so detailed with his equipment, players are only going to switch if they know it can improve their performance on the course. There’s no change for the sake of change.”

「このレベルの世界だと――特に用具にめっちゃ詳しいトミーだと――コースでのパフォーマンスが改善するってわかってはじめて用具を変える。変えること自体が目的で変えることはない。」

てへぺろ。

面白いのは,ツアーレップは「普通のTP5xとPixは,カバーのマーキングが違うだけでそれ以外はまったく同じなんだから(トラックマンまで持ち出して確認することなんか本当はなかったのに)」と言ってるけど,同時にプロのそういう習性もちゃんと理解してるんですね。「"at that level, they leave no stone unturned"」(「あのレベルだと,全部の石をひっくりかえさないと気が済まない」)という表現が,印象的です。