Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

Player Blog: トミー・フリートウッド|European Tour

2019年5月,トミー・フリートウッドがホストした British Masters を目前にしたタイミングでリリースされた Player Blog です。

正直いうと,彼のファンとしては,トミーがそのホスト役で時間も気持ちもつかって,その前後のシーズンを棒に振ったんじゃないかと思ったんですよ。たしか翌週が PGA Championship で,そこでもトミーは振るわなかったし。でもこの記事を読んで,彼がいかに親孝行をしたか,したと思ったか,それをいかに喜ばしく誇らしく思ってるか,そういうのがとてもよく分かって,なんていうか,反省しました。

トミーの故郷,サウスポート(Southport)はイングランドの北西部にあって,近くには Royal Birkdale / Royal Liverpool / Royal Lytham っていう全英開催地が3つもあって,それ以外に素晴らしいリンクスコースがたくさんあって,「イングランドのリンクス銀座」とでも呼ぶべきエリアなんですが,そこの人たちの気質,シャイで気持ちをあまり口にしないで,っていうところが,僕の地元(東北)に通じるものがあって,それもあってますますあの辺が好きになりました。

f:id:golf103:20200226144847j:plain

ソース

Player Blog: Tommy Fleetwood - Articles - European Tour, 8 May 2019

拙訳

サウスポートでの British Masters のホストと務めることは,僕にとってものすごく光栄なことだ。僕の前にその大役を果たした人たちのことを考えてみるとさ,イアン・ポールター,ルーク・ドナルド,リー・ウェストウッド,ジャスティン・ローズ,伝説のライダーカッパーがひとりと,世界ナンバーワン経験者が3人いる。イギリスでは超大物だし,僕より遥かに凄いことを成し遂げている人たちだ。いつかホストをしてみたいねとは話していたけれど,正直言ってこれほど早く自分の番になるとは思わなかった。その名誉を得ることは,ものすごく大きなことだし,ビックリする。いまのところその役目を本当に楽しんでいるし,その素晴らしいことのひとつは,大会に自分が望むようなものを持ち込めることだ。ホストとして,自分自身のメッセージを届けるチャンスが得られる。僕のメッセージは常に(イングランド)北西部にあったし,大きなゴルフコミュニティーが存在する地元でこの大会を開催することだったんだ。この辺の人たちは本当にゴルフに飢えている。全英は8年か9年に1回ぐらい開催されて,それは Birkdale でだけど,でもヨーロピアンツアーの大会をこの地方,素晴らしいクラブである Hillside で開催することは,僕にとってとにかく大きなことなんだ。Hillside にとっても最高だし,みんながものすごい努力をして今週に備えてきた。ヨーロッパ全体がこのクラブに視線を注ぐなんて,彼らにとって喜ばしいことだ。*1

自分がサウスポート出身であることを,ものすごく誇りに思ってる。この地域の人たちは信じられないほどだよ。数年前に Birkdale での全英に出たとき,僕が受けたサポートは本当に圧倒されるものがあった。地元の観衆の前でプレーする機会がある人なんて,ほとんどいないでしょ。素晴らしかったよ。でもその経験から学ぶものもあったんだ。今週それをまた持ち込みたい。僕は一点に意識を集中するのは得意だけど,でも同時に辺りを見渡して,これが特別な時間なんだって認識する機会も作りたいと思ってる。でも,ただのホストとしてこの場にいるつもりはないよ。自分の顔が大会に出てるのは本当に誇らしいし,それがサウスポートでっていうのも誇らしい,でも同時にできるかぎりの準備をして,いいプレーを見せたいんだ。*2

大会を迎えるにあたって,いつも以上に緊張しているのは間違いないね。ここ数日は奇妙なものだった。妻のクレアにそれを言ったんだ。火曜日に初めてヒルサイドにクルマで向かっていたときにね。火曜日に緊張するなんて,普段ではありえない。どうしていつもより緊張してるのか分からないけど,でもそうなんだ。どれだけ気にかけているかってことの表れなんじゃないかな。去年,6ヶ月前かな,僕が次のホストだって発表されてから,すごく時間が早く過ぎていって,大会はもうすぐそこにある。それにどれだけのものが注ぎ込まれているかも知っている。いまこうして姿を現しているものすべてに対して,本当にハッピーに思う。他のプレーヤーたちもコースについて素晴らしいことを言ってくれて,そのホストであることが本当に嬉しい。僕自身がやったことは多くないと感じてて,というのもクレアが尽力してくれたし,ツアーの人たちも素晴らしい仕事をしてくれたからね。舞台裏で起こっていることを知れたのはいい経験だったし,みんながしてくれたすべてのことに対して,本当に感謝してるんだ。*3

サウスポートのバスの横に自分の顔が載ってるのを見るのは,シュールだね。この数ヶ月でホストとして少し落ち着いて考える瞬間があった,そのへんの公営のゴルフコースでゴルフを始めて,そして今じゃ自分の地元でヨーロピアンツアーの大会をホストしようとしてるし,自分の写真が載ったバスがそのへんを走り回っている。本当に本当に奇妙だよね。そのバスを実際に目にしたことはないんだけど,この数ヶ月家に帰ってきていないから,でもその写真とか動画とかは見たよ。でも両親は見て,しかもそれに乗ったんだって! オヤジはそれからはクルマに乗ってるってさ。彼らにとってすごく特別なことだよね。生まれてからずっとサウスポートに住んでいて,今じゃ息子の顔がバスに載ってるなんてさ。*4

両親は信じられないぐらい誇りに思ってるよ。感情的なことは本当に話さないんだけど,このへんの人たちはそういうもんだね。オヤジはたぶん何杯か飲んだあとじゃないと,どれほど誇りに思ってるかって白状しないんじゃないかな。だから今週は一緒にちょっと飲みに行かないとね。でも両親がどれほど誇りに思ってるかは,言いようがない。火曜日の朝にふたりに会ったんだけど,ふたりともテンションあがってて盛り上がってたよ。だから間違いなく,両親は大会を楽しみにしてるのが分かるし,それって最高じゃない? ふたりにとって最高に誇らしい瞬間だろうね,ふたりが生まれ育った町の大会を息子がホストするってさ。そんなこと,めったにないでしょ。ふたりがこの町をどれほど愛してるか知ってるし,この町の出身であることをものすごく誇りに思ってるのも知ってる。自分自身にとっても嬉しいけど,それと同じぐらい,ふたりのことを考えるとすごく嬉しいんだ。*5

ゴルフを始めたのは,オヤジのおかげ。最初のプレーの経験は,Sefton Juniors って呼ばれてたやつでやったときのもの。毎週月曜の夜に,サウスポートの公営コースでやってたんだ。そのとき5歳か6歳で,兄貴もプレーしてた。あるときそこに行って,オヤジがクラブを何本か短くしてくれて,それを打ったんだ。よく覚えてるんだけど,7番ホールで,すごく上手く打てたんだ。それからどんどんゴルフにハマっていったよ。大好きだったパッティンググリーンがあって,オヤジがそこに連れて行ってくれて,そこで成長していった。そうして続けていって,Fromby Hall でメンバーになって,そこで今では自分のアカデミーを開いて,そこでいっぱいプレーした。それが大好きだった。公営コースのパッティンググリーンとか,月曜の夜にプレーした9ホールとか,それが僕の人生だったね。*6

f:id:golf103:20200226145016j:plain

子供のときは,できるかぎり大きな夢を描くでしょ。僕はそれがすべて好きだった。ジュニアのときはすごくいいプレーをしてて,常に上手い方にいたけど,でも現実的に言えば,学校を出るまでは,自分がゴルファーとしてやっていけるとは思わなかった。数年かけていっぱい練習してみて,それでどうなるか試そうと思ったんだ。プロになりたいとずっと思ってたけど,そのとき,子供のときに抱いていた夢を追い求めて続けるかどうか,その決断がちゃんとできる年齢だったんだ。素晴らしい瞬間がいくつかあった。常にキャリアでもっともっとって求めるし,もっと勝ちたいものだけど,でもいまこれまでの自分の道のりを本当にありがたく思ってる。*7

ライダーカップのおかげで,サウスポートに戻ってきたときさらにまた人目につくようになった。地球上でもっとも大きな大会のひとつだよね。やってるとみんな観るし,ある中で最高のスポーツイベントのひとつ。その一部であることは,とても特別なものだった。もちろんすべてはチームで達成したことなんだけど,でもそのあとで起こったことは,もっと知名度が上がって,さらに人目につくようになって,特にゴルフと関係ないところからもね。Lord Street を歩いているときに,そこにいる人がたくさん僕のことを知っているなんて,今でも思わないことだよ。*8

いま望むのは,自分が小さいときにあったようなチャンスを,子供たちに与えること。今週サウスポートに戻ってきて,自分のアカデミー(Tommy Fleetwood Academy)を開くのに完璧なタイミングに思えたんだ。Formby Hall で開くんだけど,そこで僕はゴルフのしかたを学んで,最初のコーチだったノーマン・マーシャルがアカデミーのリーダーになる。キャリアの中のいろんなタイミングで自分が恩返しできることに気づくものだけど,僕の場合はいまちょうどその時が来たって感じ。アカデミーは6歳から14歳までのジュニアのためのもので,自分がこうしたいというかたちでゴルフを広められたらと思う。楽しくて,もっとクールで,もっと子供がとっつきやすいものにしたい。小さいときに素晴らしい経験がいくつかあって,このスポーツが大好きな理由がたくさんある。今はもっとこのゲームが広まってほしいし,特に自分たちがいる街やコミュニティーでね。僕はここの出身だから間違いなくバイアスがかかってるけど,でもこの地域はゴルフを広めるのに間違いなく完璧な場所だと思うよ。*9

*1:It’s a massive honour for me to host the British Masters in Southport. When you consider the guys who have done it before me – Ian Poulter, Luke Donald, Lee Westwood, Justin Rose – you have a Ryder Cup legend and three World Number Ones. They are huge British names who have achieved so much more than I have in their careers. Hosting was something that we had talked about doing one day, but I honestly didn’t think it would be this soon in my career. Just to have that honour is massive and it’s amazing. I’ve really enjoyed it so far and one of the great things is being able to bring what I want to the event. As a host you have the opportunity to get across your own message, and mine has always been focused on the north west and bringing this tournament home to what I believe is a massive golfing community. People are starved of golf in this area. We get the Open every eight or nine years, and that’s at Birkdale, but to bring a European Tour event back to this area, and to Hillside, which is such a brilliant club, was such a big thing for me. It’s amazing for Hillside and everyone has put in so much effort to get it ready for this week. The whole of Europe is going to be looking at this club, so I’m delighted for them.

*2:I’m very proud to come from Southport. The people in this area are incredible. I played in The Open at Birkdale a couple of years ago and the support I received overwhelming really. Not everyone gets that opportunity to play in front of their home crowd, and it was fantastic, but I’ve certainly learned from that experience. I do want to try to take it in again this week. I’m pretty good at zoning out, but I also want to give myself the opportunity to have a look around and realise it is a special time. I'm not here just to be host though. I’m really proud that I've got my face to a tournament, and really proud that it’s in Southport, but still, I want to prepare as well as I can and hopefully put on a good show.

*3:I definitely feel more nervous than I normally do going into a tournament. The last couple of days have been strange. I said that to my wife Clare when we were driving to Hillside for the first time on Tuesday - nervous on a Tuesday isn’t something I’m normally used to. I don’t know why I feel more nervous, but I do. I think it just shows how much you care though. The last year, or six months, since I was announced as host have gone so quickly and the event is now upon us and I know how much has gone into it. I’m really happy with how everything has turned out. The other players have said some great things about the golf course and I’ve loved being the host so far. I don’t feel like I have had too much to do really, because Clare has done a lot and the guys at the Tour have been great. It’s been an amazing insight into what goes on behind the scenes and I’m really grateful to everyone for all they’ve done.

*4:Seeing my face on the side of a Southport bus is surreal. I’ve had little moments during the last few months as host where you just stop and think, I started playing on the municipal over there, and now I’m hosting a European Tour event in my own town and there’s this bus driving round with my picture on it. It’s pretty crazy really. I’ve not actually seen the bus in person yet, as I’ve not really been back home for a few months, but I’ve seen the pictures and the videos. My mum and dad have seen it though and they’ve even been on it! My dad has even been behind the wheel. It is a pretty special thing for them. They’ve lived in Southport their whole lives, and now their son’s face is on the side of the bus.

*5:My parents are incredibly proud. We don’t talk about emotional stuff really – that’s how it is when you’re from round here. My dad would probably have to have a few drinks before he admitted how proud he was, so I might have to get a few down him this week. But I can’t tell how proud they are. When I saw them on Tuesday morning, they were giddy and hyper. So you can definitely tell how much they are looking forward to it, and it is cool, isn’t it? It’s got to be a really proud moment for them, with their son hosting an event in the town they are from. Not many people get that. I know how much they love this town and how massively proud they are to come from here. I’m as pleased for them as much as for me.

*6:My dad got me into golf. My first experience of playing was with what used to be called Sefton Juniors. It took place every Monday night at the Southport municipal. I was about five or six and my brother used to play. I went down there one time and my dad had cut down a couple of clubs and I just hit one. I was pretty sure it was on the seventh hole and I just hit it really well. And then I gradually got into it more and more. There was a putting green which I loved and my dad would take me there and I grew into the game from there. I went on to get a membership at Formby Hall, where I’ve just opened my own academy, and played loads there. And I loved it. The putting green at Municipal or playing nine holes on a Monday night – that was my life.

*7:When you are a kid you dream as big as you possibly can. I loved all that. I was doing pretty well in junior comps and I was always a good golfer, but I would say realistically, it wasn’t until I left school that I really thought I could make it as a golfer. I gave myself a couple of years when I thought I would practise a lot and see how I got on. I had always wanted to turn professional, but I was then at an age when I could make a proper decision to carry on pursuing that dream I had as a kid. I’ve had some great times. You’d always like to be further on in your career, to have won more, but I also really appreciate the journey I am on.

*8:The Ryder Cup made me more recognisable when I came back to Southport. It’s one of the biggest events on the planet. Everyone watches it when it is on and it’s one of the best sporting occasions there is. To be part of it was something so special. Of course it is all about the team, but what follows is that you are known a little more and I was definitely recognised more after it, particularly from a non-golf perspective. I still don’t think that many people would know me if I walked down Lord Street though!

*9:I now want kids to have the opportunities I had growing up. This week, being back in Southport, just seemed like the perfect opportunity to launch the Tommy Fleetwood Academy. We’re opening it at Formby Hall, where I really learned to play the game, and my first coach, Norman Marshall, is going to lead it. People find they are able to give back at different times in their careers, and this has come at exactly the right time for me. I love spending time with kids, I love watching the game grow, and I love to spend my life with people who love the game. The academy is for juniors aged six to 14 and I want to try to grow the game the way I think it should be – making it fun and cooler and more accessible to kids. I had some great times when I was growing up, and I love this sport for so many reasons. Now I would love to see the game expand more, especially in the town we're in and the community we're in. I'm obviously biased because it’s where I'm from, but I think it’s the perfect area for growing the game.