Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

ブルーだけど行ってみた|Bethpage State Park Golf Course - Blue Course

JFK空港での乗り換えが8時間もあるので,ひょいっと行ってみました。こないだ PGA Championship が開催されたBethpageに。ただし大会が開催されたBlackコースではなく,ビギナーがほのぼの楽しめるBlueコースに。

ちなみに,行きは何を血迷ったかイエローキャブでチップ込みで200ドルほど。帰りはUberで40ドルもしない……。

クラブハウスはなかなか立派で貫禄ありますが,従業員のやる気と愛想のなさに辟易。「ロッカー使いたい」って言ったら「んー,空きあるかなー」とか言って渋々鍵を渡されて,いざ行ってみたら空き全然いっぱいあるじゃんっていう。

Blueコースはミドルティーで全長6426ヤード,パー72。この日は9ホールだけプレーする予定でしたが,初心者混じりの前の組が時間かかるもんで,6ホールしかできませんでした。(しかし空港に来てみたらトラブルで2時間もディレイって,焦って損したわ)

Blueコースはただのパークランドコースです。9ホール,週末のラウンドで31ドル。安いっちゃー安いし,高いっちゃー高いけど,なんせここNYCですからね。東京にもこんなパブリックコースください。

パー5ホールで2打目グリーンオーバーしたとこ。ラフはなかなか粘っこくて,イギリスのパークランドコースを思い出した。チップショットで球の飛び方が全然予測できない。Blackコースはこんなもんじゃないらしい。

1人で訪れて,同じく1人で来てた人と一緒にラウンドしました。コースからクルマで10分ぐらいのとこに住んでるらしく,Bethpageにはしょっちゅう来ているとのことですが,「Blackは難しいから長らくラウンドしてない」とのこと。十分上手かったですけどね。PGAのときも最終日にケプカの組についてまわって観て,雰囲気が凄かったとのこと。「ライダーカップのときはもっとクレイジーになるだろうね」って言ってました。

そのBlackコースはテレビで観ると「チャンピオンシップコース!」って貫禄がありましたが,これと同じ敷地の中にあるってことが不思議な感覚。18番ホールとかチラ見しましたが,知ってる通りのレイアウトで,なんか感動しました。受付のとこの表示見たら,遅めの時間帯なら空きがあったみたいで,週末なのにウォークインでラウンドできるってすごいなー(メジャー開催コースが,ですよ)。

クラブはレンタルでしたが,テーラーメイドの13本セット。ウッドは最新のM6で,さすがって感じですね。パターのスパイダーはグリップふにゃふにゃだしシャフトのささり方が変だし,合わなかったですが。しかーし,こないだまでドライバー絶不調だったのに,ここではうまく打てて,同伴者の指示通りにフェードも打てたりして,なんなのか。M6買えというのか*1

ちなみに,レンタルクラブは60ドル(高い)。借りるときにクレジットカードと免許証を預けなきゃいけなくて,クラブ紛失はもちろんヘッドカバーを紛失しても罰金。ロッカーは利用料5ドルに加えて20ドルのデポジットが必要。クラブハウス内にATMがあるので,現金を忘れても大丈夫です。

ということで,勝手が分かったので,次に機会があればぜひBlackコースまわりたいです。そういやコースの近くに観光客用のホテルもいっぱいあるみたいですよ。

*1:ホールのヤーデージから逆算すると,1番ホールは練習なしに打って低くまっすぐ飛んで240yd。5番パー5では狙い通りにフェードがかかって,下り斜面に乗って280yd。最近の練習で意識している「アドレスでのティルト」と「ダウンスイングで右ケツを残したままその場で回転」ってやつが奏功しているのかも