Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

イギリスゴルフ #99|The Addington Golf Club|ファンキーでユニークなアディントン

年に1回ぐらいはロンドン南にあるThe Addington Golf Clubでラウンドしたくなります。この前はちょうど1年前,2015年の1月でした。

The Addington Golf Club - A world class golf course located just outside of London

f:id:golf103:20171229141336j:plain

天気がいい日のゴルフ場ってほんとうにいいですよね。

せっかくなので,18ホールを振り返ってみます。

f:id:golf103:20171229141348j:plain

1番,けっこうな打ち上げのパー3です。朝イチでこれはきついですね。

f:id:golf103:20171229141410j:plain

2番は軽い右ドッグレッグのパー4。

f:id:golf103:20171229141421j:plain

3番,再び打ち上げのパー3。早い段階でパー3がふたつ,そのいずれも打ち上げというのは,このコースのウィークポイントかも。

f:id:golf103:20171229141433j:plain

4番,ストレートなパー4。

f:id:golf103:20171229141457j:plain

5番,左ドッグレッグの長いパー4。左手が4番ホールなので,行って来いのかたちになります。

f:id:golf103:20171229141508j:plain

6番,左ドッグレッグのパー4。このグリーンから次の7番ホールに向けて,こんな橋がかかっています。

f:id:golf103:20171229141520j:plain

7番パー3。このホールはとてもメモラブル。ティーから左手を見下ろすと町並みが見え,グリーンに向かっては軽い打ち下ろし,その手前に一面のヒース。

この辺から,だんだん面白くて特徴的なホールが出てきます。

f:id:golf103:20171229141531j:plain

8番,左ドッグレッグのパー4。ティーショットはブラインド。これは2打目地点。

f:id:golf103:20171229141543j:plain

9番,左ドッグレッグのパー4。ティからフェアウェイも,フェアウェイからグリーンも,こんな橋を歩いていかねばなりません。

f:id:golf103:20171229141558j:plain

その9番ホールを右手に見ながら,10番パー4。10番のグリーンの後ろに小さな売店があって,一休みできます。

f:id:golf103:20171229141608j:plain

11番パー3。距離は短いながらも,グリーン脇がしっかりガードされている。これは右手奥からティー方向を撮った写真。

f:id:golf103:20171229141619j:plain

12番,左ドッグレッグのパー5。2打目地点からはこんな光景。フェアウェイの途中に散財するヒースが,難しさと面白さと美しさを与えます。

f:id:golf103:20171229141631j:plain

このコースを代表するホールのひとつ。13番,長いパー3。自分の飛距離だと,5番ウッドが必要。

f:id:golf103:20171229141644j:plain

14番,ストレートなパー4。ハザードはグリーン右手前にバンカーがひとつだけ。ロンドンの街が見下ろせます。

f:id:golf103:20171229141659j:plain

15番,長いパー4。

f:id:golf103:20171229141709j:plain

16番,左ドッグレッグのパー5。

f:id:golf103:20171229141719j:plain

17番,パー3。16番のグリーンを越えて打っていきます。

f:id:golf103:20171229141729j:plain

最後18番,ストレートなパー4。あまり印象に残らない。

ということで,7番から13番にかけてのストレッチが,このコースの最大の魅力です。古いコースならではファンキーな要素があって,それがこのコースのユニークさにつながっています。上の写真に2回ほど写っていますが,同僚のリチャードは,ここがロンドンのなかでいちばん好きなコースなんだそう。いまどきなマニキュアなコースとは対極な自然美があるのが好きなんだそうです。

冬なせいもあって一部テンポラリーグリーンだったりしましたが,まぁ気持ちよくラウンドできたので何よりです。

17 Jan 2016