GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア。とうそぶいていたものの,レッスンうけてスイングが良くなったらスコアへの欲が復活しました。

ラウンドの記録 // 川奈ホテルゴルフコース - 富士コース // 世界TOP100コースはやはり相応の魅力がある

世界のゴルフコースランキングはいろんなメディアが発表していますが,日本から必ずランクインするのは,廣野と川奈・富士でしょうか。

ランクインするコースにはから必ずその理由と魅力がある,というのは,経験則としてわかっているので,この川奈(富士)は日本に戻ったら近いうちにプレーしたい,と思っていました。(当然廣野もまわりたいですが,どうやって糸口をつかんでいいものやら)

http://www.princehotels.co.jp/golf/kawana/

で,ラウンドしてみて,やっぱりランクインするだけのことはあった。シーサイドだという光景上のアドバンテージはもちろんありますが,リンクスコースにはないダイナミックな地形,そこからうまれる「絶景」とショットに与える影響,モダンなコースにはないファンキーな特徴,そのユニークさからくるメモラビリティ,あとは当然,戦略上のスケールの大きさ,ですかね,こういったものが相まって,川奈(富士)の独特さを形成しているように思いました。

当日は10番ホールからのスタートでしたが,以下は1番ホールから振り返ります。

f:id:golf103:20171228062329j:plain

クラブハウスにコースマップがありました。これを見ると明らかに10番ホールはクラブハウスから遠くて(実際,バスでの送迎があるのですが),10番からのスタートなんてもともとは意図されていなかったわけですよね。

f:id:golf103:20171228062345j:plain

1番パー4。これが想像以上の打ち下ろし。ドライバーを振り回して,フェアウェイ左に打てました。

f:id:golf103:20171228062407j:plain

2番ホールパー4は,1番ホールから見て左90度に,海岸線を進みます。ティーからフェアウェイまでが谷になっていて,なおかつ(写真では見えづらいですが)右手にバンカー,左手に小さい木が。普通の飛距離なら問題なくバンカーをキャリーするんでしょうが,僕のティーショットは見事にこのバンカーにハマりました。

f:id:golf103:20171228062418j:plain

3番,450ヤードほどのパー5。「シミュレーションだと2オンするらしいですね」とキャディさんが言ってましたが,実際にはけっこうな打ち上げで,体感では+40ヤードぐらいあります。

f:id:golf103:20171228062428j:plain

4番パー5,今度は向きが逆で,打ち下ろし。左ドッグレッグ。ツリーラインに挟まれて狭く感じますが,それをはねのけるメンタルが必要でした。ティーショットは右へ。

f:id:golf103:20171228062438j:plain

グリーンへのアプローチもこんな感じです。

f:id:golf103:20171228062448j:plain

5番パー3,ここもけっこうな打ち下ろし。ハイブリッドでパンチショットしたボールは距離感がぴったりでしたが,グリーン右のスロープを転がり落ちました。寄らず入らずのボギー。

f:id:golf103:20171228062458j:plain

打ち下ろしのあとは打ち上げ。6番パー4,右ドッグレッグ。バンカーレスですが,距離がたっぷりあって,大変でした。ボギーで御の字。

f:id:golf103:20171228062507j:plain

7番パー4は,とても面白い。短くて打ち下ろしなんですが,フェアウェイが馬の背というか,右のルートじゃないとアプローチでバンカーが絡んできます。ティーショットから3打目までしょぼいしょっとが続いたんですが,得意の転がしの寄せでカップインのパー。

f:id:golf103:20171228062518j:plain

8番パー3。グリーン手前に逃げ場なしなので,距離の判断が難しいですね(特に風のある日は)。

f:id:golf103:20171228062528j:plain

9番パー4もユニークですね。谷底のようなフェアウェイを進んでいきます。

f:id:golf103:20171228062538j:plain

グリーンコンは高いところにあって,アプローチの距離感が難しい。

f:id:golf103:20171228062548j:plain

10番パー3。実際はこのホールからスタートしたわけですが,最初のホールとしては嬉しくない,砲台+深いバンカーのパー3ホール。

f:id:golf103:20171228062600j:plain

同伴者はしっかりとこの深いバンカーを体験していました。僕は寄せでピン横30cmにつけたものの,それを外して,このホール引き分け。

f:id:golf103:20171228062611j:plain

11番パー5は「WOW」な体験ができる,といいましょうか。打ち下ろしの左ドッグレッグで,海が目に飛び込み,その手前にはうねる広大なフェアウェイ。

f:id:golf103:20171228062622j:plain

灯台に向かって打つという,なんだか懐かしい感覚。しっかしこのグリーンも2段だし,難しいですよ。

f:id:golf103:20171228062633j:plain

12番,左ドッグレッグのパー4。南国風です。ティーショットは軽い打ち上げ,グリーンへのアプローチはさらに打ち上げです。ティーショットは引っ掛けて左のOBゾーンに消えていきました。

f:id:golf103:20171228062645j:plain

13番,パー4。ストレート。フェアウェイは広々しているので,ラクにティーショットが打てます。結果,左のバンカーをキャリーして成功。ゴルフはほんとメンタルに影響されるな,と思います。

f:id:golf103:20171228062655j:plain

14番パー4,右ドッグレッグ。2打目は打ち下ろし。海に溶け込むグリーンはなんともきれいですね。

f:id:golf103:20171228062706j:plain

しかし手前は溝だし三方は急傾斜だし,どこに外しても大変です。

f:id:golf103:20171228062720j:plain

で,世界のゴルファーが憧れる(であろう),15番パー5。ティーショットがすごい打ち下ろし,そのあとはグリーンまで上り。ティーショットもうまく打て,2打目もまずまず,3打目のショートアイアンも(グリーン面が見えない中)グリーンをとらえ,パットも5メートル以上はあったのに決めてバーディー! ゴルフやっててよかった。

f:id:golf103:20171228062731j:plain

16番パー3。リンクスコースではよく見かけた,マウンド(ティー)からマウンド(グリーン)へのショット。

f:id:golf103:20171228062745j:plain

17番,ストレートなパー4です。

f:id:golf103:20171228062757j:plain

18番,ストレートなパー4。最後の最後でまたグリーンがえらいことになっています。