Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

本條強『マスターズ:ゴルフ「夢の祭典」に人はなぜ感動するのか』ちくま新書

なんとか開幕前に読み終えた.

著者は『書斎のゴルフ』の元編集長.

一人のアマチュアの夢が、なぜ4大メジャー大会の一つとなり、全ゴルファーのあこがれとなっていったのか。ゴルフの夢の祭典・マスターズの成り立ちや、コースの美しさと難しさ、数々の名勝負を解説。ゴルフ上達の名言も掲載。

名勝負の解説はあっても,コースについての解説はそれほどでもないんだよね.ルーティングの妙とか,フロント9で同じパーが連続しないとか*1,そういうのには触れられていない.まぁあくまで「マスターズ」についての本であって「オーガスタナショナル」についてのではないから,しょうがないんだけど.

あといろいろとあら探しをしてしまうんだけど,

非常に戦略的に富んだ世界に誇るチャンピオンコースと(p.009)

それを言うなら「戦略性に富んだ」じゃないの?

今なおパインハーストは全米ナンバーワンの呼び声高いコースであり(p.037)

いやー,全米ナンバーワンは Pine Valley とか Cypress Point とかで,Pinehurst がってことはほぼないと思う.

ケンブリッジ大学で医学を学んだマッケンジーならではの思考があり,それ故に博士と呼ばれる.

マッケンジーが「ドクター」って言われるのは医師だからであって,博士という意味ではない....

ゴルファーとして印象に残った記述はこちら.

マッケンジーは次のような設計思想を持つ.「すべてのホールで4打でもって上がることを念頭におく.パー3は常に4打になる危険性を孕む.パー4は4打で上がれるがなかなか3打にはできない.パー5は良いショットを二つ続ければ4打で上がることができる.」

この本を知ったのはTwitterでやたらと目にしたから(ちくま新書のアカウント)なんだけど,いまだにこれには納得いかない.そんな報道,USのゴルフメディアで目にしなかったんだけど.

783.8