Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア

ゴルフの練習でやってはいけない10のこと|GOLF.com

f:id:golf103:20201222202151j:plain

芝の上から練習するのを想定している記述がある感じしますが,それはさておき,いわゆる「下手を固める練習」してませんか?ってことで,まぁよくある内容ではありますが,自分を含めた周囲を見渡す限りでは,ちゃんと練習できてる人って少ないよねという……。

The 10 worst habits golfers have when they practice By Kellie Stenzel, Top 100 Teacher, 4 April 2020

拙訳

最近,少し時間をとって,私のメンバーと生徒たちがラウンド前に練習する姿を見た。とても面白かったのだが,それはとても効果的に練習している人もいれば,そうじゃない人,正直言って下手を固めてるだけの人もいたからだ。 *1

良い知らせとして,自分のゲームを改善するために膨大な時間を費やす必要は必ずしもないということだ。少しだけ賢く,そして今までより計算高く練習すればいい。 *2

以下は,私がドライビングレンジでよく目にする,ゴルファーの悪習だ。 *3

1. ウォームアップをしない

みんな違っているし,しっかりとストレッチをしてから練習にのぞむゴルファーもいるだろうが,少なくとも何回かは,クラブや練習器具を使って素振りをして,実際にボールを打つ前に体を緩めた方がいいと思う。本能を刺激することで思った以上にハードにスイングできるし,後悔するより安全な方がいいので。 *4

2. フルスイングから始める

フルスイングから始めるのは,歩く前に走り出すことだという比喩を私はいつもしている。フルスイングよりは抑えたスイングで,しかもバウンスのついたクラブ(ロブウェッジやサンドウェッジやギャップウェッジ)から始めるのがいいと思う。抑えたスイングは体に優しいし,怪我を避けられる。さらには抑えたスイングの方がより再現性が高いので,自信をつけるのにも役立つ。 *5

バウンスの大きなクラブから練習を始めるのを私が勧める理由は,だいたい最初の数スイングというのは普段のスピードでは振れないものだし,クラブが地面を叩いたときには,地面に刺ささるというよりは滑るから。念を押しておきたいが,地面を叩くというのはいいことだ。 *6

3. 素振りで地面を打たない

特に私の生徒の女性たちは,素振りのときに地面を打たない。思うに,ボールが地面にある場所での素振りはすべて,地面を打つべきだと思うのだが。地面を打たなければ,それは実際にはトップや薄い球を打つ練習をしていることになる。素振りを実際のスイングのようにして,そこから再構築するのではなくそれを再生しよう。 *7

素振りというのはまた,そこで調整しようとすることを大袈裟にやる機会だ。プロがよく誇張した動きで自分のスイングに調整を加えようとしているのを見たことがあるでしょう。 *8

4. ターゲットを狙わない

よく見かけるのは,ゴルファーがレンジの中で適当な向きに打って,ターゲットを狙っていないこと。生徒と一緒にいるときは,この点を注視している。よく訊かれるのが,「どうしてあんなにあっちに行っちゃったんですか?」というやつ。私のよくある答えは……ご想像の通り,「そっちを狙っていたからですよ」。狙いを定めるのは非常に有益で,そうすることでセットアップ中にターゲットを適切に狙うことを学べるし,正しくターゲットを向けているときの感覚も身につけることができる。 *9

5. アライメントエイドを使わない

練習しているときに自分のスイングを見てくれる先生がそばにいないならば,ある種のアライメントエイドを使って自分がターゲットを正しく向けているかを確認するのはとても大事だ。間違ったエイミングをしたまま練習をしていると,そのエラーを補うようにスイングのどこかが狂ってしまうから。 *10

これは,フルスイングだけでなくショートゲームの練習にも当てはまる。フルスイングであれば,アライメントスティックなんかを使って,体の向きやボールの位置などをチェックすればいい。パッティングではショートパットのときに特に,フェースをしっかりターゲットに向けることは非常に大切だし,そのための練習器具はいっぱい探せるはずだ。今年の全米オープンでは,多くのPGAのツアープレーヤーたちがパッティングの練習時にアライメント器具を使っていたのが印象深かった。 *11

6. フィードバックがないまま練習する

打たれたゴルフボール自身が伝えるもの以外のフィードバックを受けながら練習すると,効率よく練習ができ,自分が正しく練習できているかどうか知ることができる。例えば,よくクラブフェースの芯を外して打っているとき,パウダースプレーをフェースに吹き付けて,フェースのどこに当たっているかを確認することができる。あるいはゴルフボールの両側にティーをさして,インパクト前後でクラブヘッドの軌道を確認することもできる。先週私は,生徒のひとりと鉛筆を使って練習した。フォーワードスイングで両腕が縮んでいて,ウェッジショットのときにトウでボールを打っていたのだ。そこで私はバッグから鉛筆を取り出して,ボールの手前側にその鉛筆を置き,鉛筆を打たないようにしてスイングするように彼女に言ったのだ。こうすることで即座にフィードバックが得られるし,これは私がいなくても彼女だけでできることだ。 *12

7. 考えなしに練習する

とりあえずクラブを振ってたまーにナイスショットが出るので楽しめるのであれば,ただそれを楽しめばいい。しかし多くの場合,私たち人間のほとんどは,自分のスイングで何か改善したいところを持って練習に取り組んでいる。練習する上での特定の目標を持ち,それにじっくりと取り組むことで,あなたは時間とともに改善していくだろう。例えば,自分のスイングの中で3つのことに取り組んでいるとしよう。練習に行くたびに練習時間を3分の1に分けて,それぞれの時間でひとつずつ課題に取り組めば,上達していくだろう。例えば,スライスしないようにグリップを調整するとか。このように基本的なことに取り組んでいるときは,そのことだけに集中しよう。時間をかけてひとつのタスクに集中しつづけることは改善につながるし,集中しないで散漫に取り組むのは,ただの運動です。 *13

8. 自分自身のスイングの仕組みが分かっていない

偉大なインストラクターたちの真のスキルのひとつは,多くの場合,最も基本的なポイントを修正することで,その結果として他にもスイングを壊す問題となっていた点をも合わせて改善することだ。ゴルファーの多くは自分自身で修正しようとし,基本的にはどうしたらいい球が打てるかをただ推測し,そして大概はうまくいかない。時間が経つにつれて,ゴルファーはそのエラーを抱えながらもそこそこの球が打てるようになるが,それはゴルフスイングにおいては,マイナスとマイナスとを掛けてプラスになることがあるから。しかしこれには欠点があって,それはプレッシャーのかかる場面ではボロが出るということだ。 *14

私は自分の生徒が自身の原因と結果とを理解しているかどうか,少し疑っています。彼らに質問をすることで,彼ら自身がミスの原因と適切な修正方法とを認識できるようにしています。そしてそうすることで,彼ら自身で成長をつづけることがでる。これを読んでいる読者が個人的な指導を受けられるかどうか分からないが,そこそこの値段で受けられるスイング診断はあるし,最も険しくない道を歩んで自身の基礎を固め,自身のスイングをよりよく理解するためのオンラインプラットフォームもある。 *15

9. 同じクラブでばかり練習する

新しい生徒に普段どのクラブを使ってウォーミングアップをしているかを尋ねると,毎回同じクラブを使う傾向があり,コースに出るとその番手を持つと他よりも安心するということになる。私が勧めたいのは,ある日は奇数番手,次の日は偶数番手を使うことだ。例えばある日はサンドウェッジ,9番アイアン,7番アイアン,5番アイアンまたはハイブリッド,5番ウッド,ドライバー。他の日はギャップウェッジ,8番アイアン,6番アイアン,4番ハイブリッド,3番ウッド,ドライバー,となる。そうすることで,どのクラブを使っても違和感なく打てるようになる。 *16

10. 現実的な目標を持っていない

多くの場合,練習はランダムで,スキルアップのフェーズを過ぎたら,コース上で経験するようなプレッシャーを加えることで,練習時間をよりリアルなものにし,プレー中のより良い結果につなげることができる。 *17

例として,パッティングでの距離のコントロールを生徒に教えるために先週使ったのをお教えしたい。それは,パッティンググリーンの周りを動き回り,最初のパットをパターの長さよりもホールに近づけるのを18回連続でやってみる,というものだった。もしそれよりも長い距離が残ったら,最初からやり直し。これは,彼がプレーしているときに出くわすであろう状況を再現するのに役立ち,また,練習が進むほどに,最初からやり直したくないという気持ちが強まって,プレッシャーがどんどんかかっていくだろう。 *18

あなたは練習が好きなゴルファーかもしれませんしそうでないかもしれないが,他の人が犯した失敗からは間違いなく学ぶことができる。あなたが費やす時間は,生産的で集中している必要があるし,また,怪我も避けなくてはいけない。 *19

練習の質を高めることで,プレーの内容もよくなり,スコアも減らせる。そして,良いゴルフをするのは,間違いなくもっと楽しいものだ。 *20

*1:I’ve recently spent some extra time watching my members and students warm up before they play and practice. It is so interesting to see how some are being efficient with their time while others, to be honest, are probably making themselves worse.

*2:The good news is you don’t necessarily have to have huge chunks of time to improve your game, you just have to be a bit smarter and more calculated.

*3:Here are some of the bad habits I often see on the driving range.

*4:While everyone is different and some golfers will go through full stretching routines, I think at a minimum you should take a few swings with your club or chosen warm up aid to loosen the body before adding a golf ball. The hitting instinct can make golfers swing harder than they realize and better safe than sorry.

*5:I often compare starting with a full swing like running before you walk. It can be really helpful to start with a less than full swing with a club with bounce (lob, sand and gap wedges have rounded bottoms that are less likely to dig). Smaller swings are much easier on your body, will help avoid injury and will also help build confidence as smaller swings are typically more consistent.

*6:The reason I suggest most golfers start with a bounce club is because often the first few swings are not to your normal speed and when the club hits the ground, it is more likely to glide than dig and get stuck. I want to reinforce that hitting the ground is a good thing.

*7:Especially with my ladies, often they don’t hit the ground when taking practice swings. I think all practice swings where the ball is on the ground should hit the ground. If you’re not hitting the ground, you are effectively practicing topping or hitting it thin. Make your practice swings real so you can repeat rather than recreate.

*8:A practice swing can also be an opportunity to exaggerate what you are trying to adjust. You will often see professionals making very exaggerated motions in the effort to make adjustments to their own swing.

*9:I often see golfers hitting randomly toward the range and not to a target. If I am with a student I watch this very carefully. It’s common for one to ask, “Why did it go way over there?” My most common answer is… you guessed it, “You aimed there.” It can be extremely helpful to have a target so that you learn to aim properly by looking at your target during your setup to see what it does look like when you do aim properly.

*10:If you are practicing without a teacher who can watch this for you, it is really important to have some type of alignment aid to be sure you are aiming relative to your target. Time practicing, where you might aim improperly, will often result in another compensating error to get the ball to go to the target you “think” you are aiming toward.

*11:You can apply this to both your full swing and all areas of your short game. With a full swing it can be as simple as using an alignment rod to check club face alignment as well as ball position. For putting it is particularly important on short putts to learn to aim the face well, and there are many training aids out there to help you do this. While at the U.S. Open this past year, it was interesting to see how many PGA Tour players were using alignment stations for putting to be sure to aim their putter faces well.

*12:Other than what your golf ball may be telling you, it can be productive to practice with feedback to let you know if you are practicing properly. For example, if you tend not to hit your golf ball in the center of the clubface, you could use powder spray on the face to see where impact occurs, or have two tees on either side of the golf ball to see that your club passes through and centered contact is happening. I practiced this last week with one of my students with a pencil. Her arms were contracting on her forward swing and she was hitting the ball on the toe of her wedge. I took a pencil out of my bag and placed it on the ground on her side of the golf ball and told her to miss the pencil. This was instant feedback and something she could do if I wasn’t there with her.

*13:On the fun but rare occasion that you are hitting the ball perfectly time after time, just enjoy. But more often than not, most of us mortals have something in our swing we are trying to improve. By having particular goals for your practice and sticking to that topic, you will improve over time. For example, let’s say you have three things you are working on in your swing. If each time you went to practice you divided your practice time into thirds and worked on each for a third of your time, you would improve. Things like adjusting your grip to keep from slicing, for example. When you are working on this fundamental it should be the only one you are judging. Staying focused on a singular task over time will lead to improvement versus not focusing and basically just exercising.

*14:One of the true skills of great instructors is the ability to identify the most basic fundamental being violated that will often fix other issues as a result. Many golfers try to fix themselves and basically just guess how to improve their ball flight, often times without the success. Over time, a golfer can make themselves better with a compensating error, as two wrongs can make a right in golf. The downside to this is that it most likely will not hold up under pressure.

*15:I am a bit vigilant with my students understanding their own cause and effect. I will ask them questions to help them identify the miss and the proper correction, and this allows them to improve themselves as they go. While you may or may not have access to private instruction, there are some affordable golf clinics as well as online platforms that will allow you to take the path of least resistance, fix your fundamentals and better understand your own swing.

*16:When I ask a new student what clubs they normally use to warm up, they tend to use the same clubs each time and this often leads to being more comfortable on the course with these clubs. I suggest odd numbers one time and even the next. For example, one day might be sand wedge, 9-iron, 7-iron, 5-iron or hybrid, 5-wood, driver and the next gap wedge, 8-iron, 6-iron, 4-hybrid, 3-wood and driver. This will allow you to be comfortable with all of your clubs.

*17:Often times practice is just random and once you move past skill development, it can be very helpful to add pressure situations like you would experience while on the course to make your practice time more real and help it to transfer to better results while playing.

*18:An example of this that I used with one of my students last week to teach him to better control his distance in putting was to move around the putting green and try to roll his first putt closer to the hole than the length of his putter 18 times in a row. If he was outside of that length, he needed to start over. This helped him to replicate the situations he would have when playing and also apply some pressure later in the exercise, when he probably didn’t want to start all over again.

*19:You may be a golfer who likes to practice, or one who doesn’t, but you certainly can learn from the mistakes made by others. The time that you do spend should be productive and focused and also help to avoid injury.

*20:Better practice leads to better play and lower scores ,and it certainly is a lot more fun to play good golf.